児童買春・児童ポルノ禁止法の改正をめぐり、日弁連は児童ポルノ画像を個人で見るためだけに所有する「単純所持」を禁止すべきだとの意見書をまとめた。捜査機関の権力乱用を防ぐ観点から規制強化に慎重な立場だったが、インターネット上などで児童の性的虐待画像がはんらんしている現状を憂慮し、姿勢を転換した。意見書は23日、関係省庁や各政党などに提出する。

 日弁連は、前回の法改正時にまとめた03年の意見書で「(画像の)流通抑制は製造、販売の厳格な摘発などによるべき」だとし、単純所持の規制に反対した。現在でも内部には「取り調べ可視化さえ実現していない段階で、捜査権力を拡大するのは危険」との意見がある。このため新たな意見書では処罰規定までは求めず、禁止明確化を求める。【丹野恒一】

【関連ニュース】
児童買春禁止法違反:元教諭実刑確定へ わいせつ写真撮影
児童買春禁止法違反:教え子のわいせつ写真撮影、元教諭の実刑確定へ
都青少年健全育成条例:改正案 漫画、ゲームなど性描写の規制強化
児童ポルノ:男児の裸を撮影 容疑で男性保育士逮捕
児童買春:罰金の隊員を停職処分--空自新潟救難隊 /新潟

岡田外相がゲーツ米国防長官と会談へ(産経新聞)
<郵政改革>消費税減免「聞いてない」…菅財務相(毎日新聞)
経産省に「韓国室」=EPA交渉、企業リサーチも(時事通信)
「5年以内にiPSバンクを」=山中教授、再生医療学会で-広島(時事通信)
仙谷氏、公務員の幹部人事を当面凍結(産経新聞)
AD