北海道ロケ地めぐりのススメ【後編】 | ロケーションジャパン公式ブログ

北海道ロケ地めぐりのススメ【後編】

昨日に引き続き、

今日も涼しく楽しい話題をお届けします音譜


9月9日~10日の北海道取材では、

ロケ地ストにとっては聖地ともいうべき、

富良野市にも行ってきました。



富良野といえば、なんといってもドラマ『北の国から』雪の結晶

脚本家の倉本總さんは移住してしまうほど、富良野に魅せられ、

その後も『優しい時間』『風のガーデン』を製作しました。


これらが世に言う「富良野三部作」!!

つまり富良野には、これらの作品のロケ地が保存され、

富良野の観光資源として大きな役割を果たしているのです旗


三部作すべてのロケ地をまとめてみられる、うれしいスポットが、

新富良野プリンスホテルホテル

『優しい時間』の舞台となる喫茶店「森の時計」コーヒー

『風のガーデン』のイングリッシュガーデンコスモス

『北の国から』に登場する丸太づくりのショッピングエリア・クローバーニングルテラス

をホテル敷地内にいながらにして楽しむことができるのです。


森の時計で、ドラマ同様に自らミルでゆっくりコーヒー豆を挽き、

丁寧に淹れられたコーヒーを一口味わった瞬間が、

まさに、ほっこりキラキラ『優しい時間』キラキラ



ロケーションジャパン公式ブログ

ログハウス様の内装、こだわりのカップ、

さらにさらに、ドラマで主人公のマスター役を演じた寺尾聡さん

どことなく雰囲気の似たマスターの谷倉さんの、なんとも穏やかな語り口あじさい

そのすべてが、ドラマの世界観そのままに

訪れた人を優しく包んでくれるのです霧



『風のガーデン』の舞台となったイングリッシュガーデンブーケ1は、

6年ほど前までゴルフ場ゴルフとして営業していた場所。

どうりでその敷地はなんと2000㎡。

そこで、1年分の花言葉が詰まった365種類の花々が出迎えてくれましたあじさい黄色い花チューリップオレンジブーケ2ヒマワリ



ロケーションジャパン公式ブログ
花の手入れは、ガーデニングの研修を受けたベルホテルの女性従業員ベルたちが

交代で担当しているのだそう。

ガーデンの奥にはドラマの家族が暮らした家がそのまま残されています。

4月から10月の半年間限定の癒しスポット虹で、

今年訪れるなら、今がまさに最後のチャンス。しかも花々も見ごろを迎えています黄色い花

ぜひドラマを見て、足を運んでみてはいかがでしょうか?


そして『北の国から』・・・


富良野市の中心部にある「北の国から資料館」

そして、車で片道30分ほどのところにある麓郷地区にある

石の家、丸太小屋をはじめとする、主人公の黒板五郎一家が住んだ歴代の家のセットを

めぐってきました走る人走る人走る人走る人走る人

この家々、じっくり見ると、

それぞれに、あの自転車ジブリの世界自転車を彷彿とさせる

かわいらしいデザインなんです



ロケーションジャパン公式ブログ
率直な感想から言わせていただくと、

これらは日本のあらゆるロケ地の中でも、もう別格ですっ!!

富良野で生まれ、富良野で育った30歳になるドラマテレビなんだなあって、

回る先々で実感しました。


富良野に居を構えた倉本總さんと交友関係のある地元の個人や企業が、

地域のために個人的に版権を買い取ったりして

いわば私財を投じて大切に大切に保存しているんです。


だからこそ、

行く先々の施設には、純くん男の子、蛍ちゃん女の子はじめ、

名作ドラマを彩った豪華キャストの

名場面写真が写真立てやパネルとして、所狭しと飾られているんです。

白黒写真がカラーになりカメラ、少年だった純くんが、青年になり砂時計・・・


家のロケセットの台所には鍋、本棚にはたくさんの本本

ハンガーには五郎さんのスーツがかけられていたりして、

こうしている間に、ひょっこり3人が帰ってきてもおかしくないドア



黒板家って、富良野の温かい仲間たちに見守られ、

今もどこかでみんな元気に暮らしているんじゃないか…

本気でそう思ってしまう、むしろそう思いたくなる

カバンステキなステキなロケ地トリップカバンでした。


これぞロケ地 これぞロケ観光なんですねー目



本日発売のロケーションジャパン10月号では、

ロケ地ストが行ってみたい名ロケ地を集めて

ロケ地で選ぶ観たい!行きたい!映画&ドラマ102選

を大特集!

もちろん富良野三部作も取り上げていますので、

ぜひぜひ誌面でチェックしてみてくださいね。


このエリアは来年6月号でも特集予定!

ちょっと先の話ですが、こちらも期待していてくださいね合格


ではでは、お付き合いいただき、ありがとうございましたニコニコ

こかゆーまヒヨコでした