目指せHQS超えの完封

テーマ:

店の飲み放題用メニュー表を(勢いで)作ってみた。

実は絵より文字を描くほうが好きさ。

{6848C6D9-B99C-4A78-B4D0-DA4E9FC803BB}




この一枚の使い所が頻繁にあるかどうかは知らない。

でもねもしそーゆーのを望む団体さんが来た時に、何かしらちゃんと対応出来たらいいなと思って。


(フリードリンクは基本1時間¥1500、受付人数はその時の状況により変動有り)



先日、

「17人なんですけど入れますか?」

ってゆーお客さんがいきなり来て。


早い時間で誰もいなかったので実際ははいれたんだけど。


新規さんだったのでどーゆー客層なのかもわからないし、

いきなりその人数はもう貸切になっちゃうし、

急なその人数は私一人じゃQS(クオリティスタート)出来ないし、

その人数で何故予約も何も無いのかと思うし、

団体故にある意味理不尽に時間と席だけを埋められてしまう可能性もあるし、


お断りしてしまいました。


その日その時に、本当にうちに来たい人を帰してしまう可能性を作るのが嫌だったとゆー、ただの私のワガママもあるけど…


ただ単に、自分が80%以上の力を出せない状況が嫌なんですよ。

無理なことはやらない。

クオリティを落としてまで、やりたくない。

"ココでいいや"とゆー100人より"ココがいい"とゆー10人を大事にしたいとゆー、究極の頑固。



売上考えたらね、アホなのかと。


でも、"楽しい第一主義かつ皆笑えばいいよ酒法"でここまで来たから、もうこれは譲れないんです。


失点とは、誰か一人でも楽しくなかった時。 

完封とは、その日来たお客さん全員と素直に笑い合えた時。




自分の理想の雰囲気とか、お客さんの笑顔とか、店の在り方が、

やっぱり一番大事です。


自分自身が楽しいことに貪欲じゃないと、誰もついてこない。


目指せSHQS(スペシャルハイクオリティスタート)