6回目の我が事

テーマ:


こちらラブレイブアポロン!
今日もヒーロー魂をキミたちに届けよう!

あれは月曜の朝6時を回った時間。
やっちまいました。

ママが理音のために作ってた離乳食。
できたてホヤホヤの熱々のやつ。
ちょっと目を離した隙にひっくり返してしまい、それを理音は頭からかぶってしまった。

アポロンは前日もゼウスたちと夜中までミーティングしてたから、その時間はまだ夢の中。
けれどリビングから聞こえてきた悲鳴と泣き声で瞬間に飛び起きた!
熱々の離乳食を頭、顔、背中に浴びた理音。
アポロンが急いで冷水で冷ますんだけど、みるみる赤くなってゆく。

こんな時にゼウスが泊まりに来てくれてたわけで、
パニックになってる俺たちに気付いて起きてきてくれた。
そして医学的に、超常的に診る。
火傷の具合の診断とか、氷での上手な冷やし方とか、
よく分からん不思議な手当てもして、キッチリ診てくれたんだ。

とは言うものの、理音にとっては初めての大きなケガ。
もちろんどんな人だって小さいころ大なり小なりのケガはするもんだし、
無傷で大人になった人はいないわけだけれど、
それでも親としてはメチャクチャ心配なわけで、、、

でもゼウスからの『絶対に大丈夫!』のお墨付きをもらえたので、家族がこれ以上パニックにならずに済んだ。
んっとに、絶妙なタイミングで泊まってくれてマジ感謝!

アポロンはこんな時でも毎日のアレだけは欠かせない。
そう、水行だ。
こんな時でも、いや違うな。
こんな時だからこそ必要なんだと思う。
そして今回ばかりは『世界のため』じゃなく『理音のため』の祈りだ。
いや、祈りでもない。
渾身のお願いだ。

「どうか、理音の火傷が何もなかったかのように治りますように」
「じいちゃん、ばあちゃん、全力で全部全部お願いします!!!」

これね。
3367日も毎日毎日世界のために祈ってきたやん?
ご先祖さまに感謝を伝えてきたやん?
だからね、こんな時くらい我が事をお願いしても良いと思うんだよね。
アポロンはその資格が十分にあると思うんだ。

今まで、
陽色の出産の時と、
陽色の足に水晶の破片が刺さった時と、
理音の出産の時と、
おとうやんの生死の境の時と、
ゼウスの心臓手術の時。
今回で6回目の我が事なんだけどさ、究極の究極の時にだけ、ご先祖様オールスターズにお願いするんだ。
だから、もう、大丈夫。
絶対にオールスターズが何とかしてくれる。

実際に整形外科にも行って診てもらって薬ももらった。
やっぱり「大丈夫」との診断だったので、一家で胸をなでおろしたよ。

ふぅ~


PS
『みんながんばってるから、この程度の小事で済んだんだよ』
『良かった良かった』
『大丈夫、大丈夫』
ってかなちゃんに言ってくれたゼウス。
どの言葉でどれだけ救われたか。
ドラッグストアで理音に氷嚢も買ってくれたな。

みんな知ってるか?
一応、知らない人のために言っとく。
ゼウスは意外と良いヤツなんだぞ!(笑)


今日もどこかで
ラブレイブ!
明日もどこかで
ラブレイブ!
ゼウスは意外と
良いヤツだ!(笑)


あっはっは

みんなー
愛してるよ~~~


インスタフォローしてね♪