内視鏡検査......。2 | グリベックで戦う慢性骨髄性白血病

グリベックで戦う慢性骨髄性白血病

慢性骨髄性白血病ですがグリベックで元気に生活している男の日々を綴ってます。


テーマ:
内視鏡検査の後、主治医の先生の診察。

「昔、胃潰瘍(かいよう)しましたか?」

病院には行っていなかったんですが、
20代後半からストレスによる胃痛持ちでした。
いつも市販の胃薬を持ち歩く程....。

「胃潰瘍が治った箇所が2箇所あるね。」
「STM(胃粘膜下腫瘍)は無いですね。」
「もしかしてピロリ菌いるかもしれないね。」
「血液検査で分かるから、この後採血しましょ。」
「いたら洗浄しますから。」
結果は直ぐには出ないようで次回のCMLの健診の時(10月22日)に
教えてくれるそうです。

「食道にカンジタ(カビみたいなの)があるみたいですね。」
「グリベックを服用してるからでしょう。」
そんな副作用もあるんですね。
「これも薬で治るから大丈夫ですよ。」

「それより、喉が酷く荒れてますね。」
「痛くないですか?」
全然自覚症状は無いです。

ついでに耳鼻咽喉科で看てもらいましょう。
って事で予約してもらいました。

待ってる間に耳鼻咽喉科の問診表を記入。
一日の飲酒量を記入。ビール1.5リットル。
主治医の先生がそれを見て、
「1.5リットルは飲み過ぎですよ!!!!!」
「今は肝臓も大丈夫ですが、少し減らして下さい!!!!!」
とかなり怒られました.....。
唯一の楽しみが......。って事は無いですが。
ちょっと減らします.....。

耳鼻咽喉科の順番が回ってきました。
口を開けて喉を看てもらって、「ハイおしまい。」
だと思ってたら。
「内視鏡で看てみますね。」
「じぇじぇじぇじぇ!!!マジですか。」
「またですか!!!!!!今終わったとこですけど......。」

有無を言わさずまた右の鼻から挿入......。

またもやじっくり、写真も撮影しながら。
まさか一日で二回も内視鏡検査を受けるとは。
結果、自覚症状の無い急性咽頭炎。
「一週間分の薬を出しておきますので、来週また来て下さい。」

まさか来週も内視鏡入れられるのか?

あー。
グリベックと、カンジタの薬と、喉の薬などで夕食後は7錠の薬を服用する事に.......。

グリベックで戦う慢性骨髄性白血病

そんな9月10日でした。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス