経営とは何か<基本原則>【竹田ランチェスター経営学講座】1 | 小嶋隆史の「小さな会社の経営法則」ブログ

小嶋隆史の「小さな会社の経営法則」ブログ

競争は常に、有利な条件の者と不利な条件に置かれる者に分かれる。両者同じように戦ったら、最初から有利な条件のものが勝に決まっている。
救いは、ランチェスター法則によって明示された「弱者の戦略」だ。

新年あけましておめでとうございます。

令和2年もよろしくお願いします。

 

 

 

「空の心で経営の実態をみる」

 

■竹田陽一先生は言われます。

 

「経営改善を図ろうとするとき、

経営はどういうものか、あるいは経営の本質は何であるかについて、

ジックリ考え直す必要がある。」

 

そして、「こだわらない、とらわれない、かたよらない

空の心になって、経営の実態をみることが大切だ。」と。

 

□われわれのモノの見方、視線の置き方は、

無意識のうちにバイアスがかかった状態になっています。

 

それが原因で、一例ですが次のようなことはよくあることです。

・本来カットするべきものを、目先の利益に拘るあまり、カットできない。

・過去うまくいったことに囚われ過ぎ、変化させていくことができない。

・いやな事実を見たくなく、都合の良い偏った情報だけを取り入れる。

 

要は、正しい見方、考え方ができない状態で、

経営を根本的に良くしたり、グンと成長させたりすることはできません。

 

とはいえ、一点の曇りなく空の心になるには、相当な修行が必要でしょう、

実業をしている身で、禅寺にこもるわけにもいきません。

 

定期的に空になった気持ちで点検していく、という発想が必要でしょう。

それとともに、経営の本質を正しく理解しておくことも大切です。

 

本質とは、その物事の最も中核をなすもので、

そこを間違えれば、それこそ元も子もなくなってしまします。

 

経営の本質とは、何でしょか?

 

この問いを考える際、その目的を問うことが、本質を導く手助けになります。

 

「経営の目的とは何か」

 

■竹田陽一先生は言われます。

 

「すべての産業はお客から始まり、

すべての会社は、お客のお金をエネルギー源にしている。

 

経営の目的は、お客をつくり、その数を多くすることにある。

 

経営の目的を利益に置いてもお客に置いても、大差はないと思う人もいるが、

この2つの違いは、経営期間が長くなるにしたがって大きくなり、

利益を目的と考えた会社は必ず行き詰ることになる。」と。

 

□利益は経営の手段であり、目的ではないと断じたのは、

マネジメントの父P.F.ドラッカーでした。

彼は、利益の機能として以下のことをあげています。

 

①          未来に対する費用

将来の不確実性すなわちリスクと事業拡大およびイノベーションに対する備え

②          社会の一員としての費用

税金の支払いなど

③          仕事ぶりの尺度

経営システムの良し悪しを図る基準

 

また、経営の目的を「顧客の創造」という言葉で表現し、

顧客あるいは市場起点での発想を提起したことは有名です。

 

経営にとってお客の存在を切り離すことができないのは明白で、

結論は、経営の本質は「お客づくり」ということになります。

 

というと、当たり前すぎて、軽く考えてしまうのですが、

次の展開を考えると、そう易々といかないことが分かります。

 

自社のお客はだれで、どのようにつくっているのか?

そして、それが効果的なのか?

 

 

◆◇北陸実践交流会のご案内◇◆-----------------

実践!弱者の戦略 「ハガキ講座」

講師:有限会社 都屋呉服店 代表取締役 長澤 直彦氏

 

● ハガキとは?ハガキは思っている以上に効果がある。

● ハガキ1枚に心をこめて。長澤流ハガキ道。

● ハガキの書き方、出し方、そして継続の仕方。

----------------------------------------------------------------------

日時:1月30日(木)18時30分~20時50分

開場18時   講演18時35分~20時45分

場所:石川県地場産業振興センター本館3階 第4研修室

石川県金沢市鞍月2-1

費用:6,000円(税込)    一般参加大歓迎です!一生一回一ブランド

詳細は、http://www.lanchester-kanazawa.com/modules/strategy/index.php?content_id=9

 

◆◇戦略教材のご案内◇◆---------------

竹田先生が、戦略のDVD改訂版を出されました。最後の集大成!

竹田ランチェスターでは、何度も学習できる教材学習(量稽古)を推奨しています。

 

★市場が縮小する中、新商品開発や業種転換は必須、しかし成功率は3%以下。

この解決に役立つのが新商品開発の成功戦略。

「1位づくりの商品戦略」

http://www.lanchest.com/tirasi/mysite2/kaiteitirashids303.pdf

★1回当たりの取引が小口になる業種は地域戦略が不可欠!

「1位づくりの地域戦略」

http://www.lanchest.com/tirasi/mysite2/new2dvd304.pdf

★社長の営業術(営業戦略):従業員の仕事術(販売戦術)は、2:1!

「1位づくりの営業戦略」

http://www.lanchest.com/tirasi/mysite2/305dvdnewfax.pdf

★重要な仕事への人の配分を10%間違うと利益は出なくなる!

「1位づくりの組織戦略」

http://www.lanchest.com/tirasi/mysite2/newdvd304.pdf

★リーダーシップ力が高まると、従業員は仕事にヤル気、自発性が高まる!

「社長のリーダーシップ」

http://www.lanchest.com/tirasi/mysite2/dvds315.pdf

 

※ご注文、ご相談はこのメールに返信でOK。info@lanchester-kanazawa.com

ご注文の場合は、商品名、会社名、お名前だけ書いてください。

基本2日で届きます。(土日、祝を挟まない限り)

 

◆◇寺子屋式<ランチェスター勉強会>のご案内◇◆---------------

・戦略社長塾

・ランチェスター経営研究会

http://www.lanchester-kanazawa.com/

 

お申込は、このメールに返信か、

こちらのフェースブックページから➤➤http://ur0.xyz/srFC

 

※ご意見、ご感想、ご指摘お待ちしています。

※その他、お問い合わせ、実践交流会申し込み、配信停止依頼は、用件をお書き頂き、このメールに返信してください。

 

-----------------------------------------------No.1

北陸No.1実践交流会

ランチェスターマネジメント金沢

小嶋 隆史(こじま たかふみ)

Tel:076-255-1153 Fax:076-255-1154

〒920-0345 金沢市藤江北4-395 108