S(スベる)-1バトル | つれづれ橋

つれづれ橋

スローライフイズマイン

お久しぶりです。

ゴタゴタしてたので更新がすっかり停滞しています。

とりあえず実家の方に戻ってきました。



今回は、ソフトバンクモバイル主催のお笑い映像コンテスト『S-1バトル』の年間チャンピオンを決める『S-1グランドチャンピオン2010』について。

漫才でもコントでも映像ネタでも何でもありの「笑いの総合格闘技」だそうです。

出場芸人は、結構有名どころが多かったので、期待はありました。

しかし見事に裏切ってくれましたねー。

彼らがいつもの実力を出し切れていないような。


それは仕方ないとして、観客のウザさ。

何も始まってないのにキャーキャー騒ぐ。

笑い声だけならいいんだが、「笑わされている」気がしてなんとも不快。

(同じ日テレ系で数日前だかやってた「爆笑王」?でもコントの最中に観客やタレントの笑う顔を移しまくって集中できずにイライラしました)


さらに投票しようにも、サイトに繋がらない。

これ、公平な審判っていえますかね。

「投票開始」って言い出す前にリロードしてようやく投票できました。

実際の投票開始はもっと早かったようです(テレビで本当のことをいってないことになるね)

そして謎の賞金の高さ。

優勝賞金1億と投票者プレゼント数千万円以上。

ソフトバンクの見栄張りと話題作りにしか思えない。

こういうのって「名誉」があれば、出場芸人も賞金が1000万円程度でも納得するんじゃないでしょうか。

むしろユーザーに疑問や不満を抱かれてはダメでしょ…。


で、最終決戦に残った三組の中で優勝したのはNON STYLE。

M-1と2冠になりますね。おめでとうございます。

思ったことですが、私は陣内智則が面白いと思ったんですが(家族で見てても陣内の方が笑いが大きかった)、なぜかノンスタが優勝。

まあどっちが面白いと思ったのかは、人によると思います。

でもこれって、視聴者がそのネタを見て「面白いと思った芸人」のみならず、内容に関わらず「単に好きな芸人」に投票するという「組織票」みたいなものが生まれてしまう可能性もなくはないのでは。

安易に視聴者投票にしては、ネタを披露して、それに対する評価で決めるという意味がなくなりやしませんか。

回を重ねた場合、今以上に出来レースや、芸人の人気で評価が決まってしまう可能性も出てきてしまうのでは。

ノンスタのネタはしっかりしていてよかったんすが、「今回の最終決戦で誰が面白かったか」という結果ではちょっと疑問の残る結果だったと私は思います。


お笑いをそんなに知らない私がえらそうに語ってすいませんでした。

しかし、この「S-1」の企画は、考え直す必要があると思います。