最近話題のリサイクルショップ、セカンドストリート。


お買い物大好きで物が多いため、少しだけでも不要品を処分したいなと

はじめて「セカンドストリート」に行ってきました。

(テレビで見て、私も売ってみたい!となりまして)


期間限定で買い取り20%UPブランドというものがあるらしく

それに該当する2つのブランドのものだけ持っていくことに。


我が家に眠っていた"スナイデル"と"マイケル・コース"の服を持っていきました。


スナイデルのコート、セーター、カーディガン。

マイケル・コースのカットソーとスカート。

以上の5点。

(大人の事情で、写真は控えます)


スナイデルは季節外なので、少し安くなるかなとは思いましたが

せめてマイケル・コースはベストシーズンモノなので少しだけ期待。


番号札を渡されて、査定が出ると番号を呼ばれます。

20分程かかります、と言われましたが

すいていたこともあり5分ぐらいで呼ばれました。

早い!このスピード感は良いですね。

見積を提示されました。


・・・・・・。

あまりにも安すぎて絶句。声が出ない。


5点で23円とのこと。

うーそーでーしょ~(´д`|||)


予想以上の安さに愕然としていたら、査定してくれたお兄さんらしき人が

説明してくれました。

「服は3年たつと古いんですよ、とても綺麗で状態も良いですが

古くて今回のものはちょっと値段つかなかったです」

とのこと。


3年ですか・・・持っていったのは10年近くはたっているかも。

愛着あるし大事にしていたので悔しくて持ち帰ることにしました。

断捨離、今回は失敗でございます。


売るのって、なんだかムズカシイ。

メルカリとかが人気なのもちょっとワカル気がしました。

しかし、個人vs個人のやりとりは苦手意識がありメルカリの類いは未経験。


セカンドストリートの店内では、古着が無造作に置かれていて

丸めて大量にビニールに入っている服をちょっと乱暴に扱っている様子を見てしまい

大事にしてきた洋服を売るのが寂しくなりました。

どうせなら喜んで使ってもらいたい。


こう値段もつかないのであれば、いっそのこと

どこかに寄付するというのも考えたい。

ちょっといろいろ探してみよう。

古着としてゴミの日に回収してもらうにはもったいなく感じていたので

喜んで使ってもらえる場所をみつけられるとイイナ。