1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2006-11-29 20:36:40

燃えよカネ!

テーマ:Everyday's EVENT

ここにきて、
急激に出費が嵩んでる様な気が…。


ノープラン旅、飲み会、ガソリン代、パーティー関連、卒業旅行費、パスポート代……。。


いやぁ~、
いままで貯めといた我が手持ちの備蓄&奨学金等の通帳に入ってるお金が一気に飛立つ勢いだ。


ま、でも今はおもいきり遊ぶ時期だ!
どうせ、4月になったら、
カネ稼ぐ身になるんだから。

足りなくなったら、
派遣のバイトでもやりゃあいいし。

思い出はカネに絶対勝るもんだし、そんな小さいことにグダグダ拘ってる暇はもはやねぇ!



ただ、先日渋谷でもらったビラに書いてあったエキストラがノーギャラなのには、
ちょっとヘコみ気味だわ…w



ところで、
ようやく「燃えよ剣」読み終わりました!

「鬼の副長」の誰よりも繊細な姿を含めて、
土方歳三はまさに日本の武士の鑑だということを、
まざまざと実感したね!


継之介、龍馬に歳三…、
彼らの生き様はホント参考になるぜ!!



俺も彼らのような人物になれるよう、

自分を磨いて行きたい。




★今日の話題

「沖縄は独立すべきだ」依然高率=「自立できず反対」も増-県民調査・琉球大

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061127-00000104-jij-soci



・・・政府が認めるなら「沖縄は独立すべきだ」と考える沖縄県民は依然、4人に1人の
 高率を保っていることが27日、林泉忠琉球大助教授(国際政治学)らの意識調査で
 分かった。一方で「独立すべきでない」も増加。その理由として「自立能力がない」
 ことを挙げた人は、昨年の同様調査に比べ4.8ポイント増えた。
 調査は3、4日、電話で18歳以上の県民を対象に実施。1200人から有効回答を得た。

 林教授は、結果について「昨年に比べ大きな変化はない」とするが、「基地と経済」
 「政府との対決、協調」が争点となった19日の知事選が微妙な影響を与えた可能性も
 ある。 




あいかわらず、今尚

「ヤマトンチュー」に反感を抱いている人がいるわけだ。

まぁ、地理的・地政学的環境からいって、

本土と同じようなことを沖縄にすることには、

少し無理があると俺は思う。


しかし、悲観的になっちゃあいかんな。

沖縄は確かに雇用もNIも厳しい。

だけれども、

ウチナーチュンソフトパワーを全力を出して、

発揮すればきっと良いことは起きるはずだと思う。


本土の人は、

沖縄に対して大方良いイメージを持ってるんだから。



★今日の画像



→某温泉で撮った写め。すっかり意味不明な宣伝ですw

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-11-27 23:59:58

赤プリでのベンチャー内定式。

テーマ:Everyday's EVENT

内定先の内定式が行われた。

設立6年目のベンチャーのくせして、
えっちょーまえに、
赤坂プリンスで盛大に催された。


でも、
そこは大企業とは違うところ。
サプライズありのなかなか楽しい内定式だったなぁ。


自己紹介などは、
もちろんあったけど、
驚いたのは、
バースデー祝いとか営業成績についての抱負のコメントが、
一人一人あったことだね。
(契約できなかった反省の弁+ワイン一気もw)

その上、
なんと1週間前に入社してきた社員まで
参加していたというこの柔軟さもビックリ!


ガチガチで面白みも半減してしまうような、
大企業とは一味も二味も違うパーティーは、
ホントこの企業に決めてよかったと正直思うね。
ここに入ったら、
よりいっそう人間関係の大切さに気づきそうだ。


来年の内定式は、
東京ドームでやろうって言ってたけど、
ホントに実現できるよう頑張らねぇとな!



でも、
最も驚いたのは、 )俺より年下の社員(弱冠)が普通に「主任」として、
3つも4つも年上の社員にコキつかってたことだった……!



★今日の記事

「離於島を中国領に」中国で民間団体結成へ

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/11/27/20061127000009.html


韓国と中国の間で領土紛争の兆しを見せている離於島について、
離於島を中国領土にしようとする民間団体が発足する見通しだ。

香港の『亜洲週刊』最新号は26日、中国社会科学院の研究生・王建興氏が主導し、
離於島に設置された韓国の海洋基地の撤去と、離於島の中国領としての確保を
目的とする「蘇岩礁(離於島の中国名)保衛協会」の結成が進められていると報じた。

この協会はインターネットサイトを開設し、離於島問題に対する中国人の関心を促し、
韓国大使館に抗議の手紙を送る一方、船で離於島に行き、岩礁に「中国領」と刻んだ
銅牌(どうはい)と石碑を建てる計画だ。

離於島は韓半島(朝鮮半島)最南端の島である馬羅島から西南に
149キロ離れた場所にある暗礁で、中国の童島からは247キロ離れている。




・・・前置きしておくと、

この「離於島」というのは、人工島である。

それが、領土問題というこっけいな話題。


同じような例が、南沙諸島でも行われている。


日本のマスコミは報道しないけど、

世界各地で領土問題というのは、

もはや日常茶飯事となっているということで、

それを近隣でもあるという例を見事に示したもんだと思う。


で、古今なおEEZや領土問題が噴出しとるのに、

国際海洋条約って見直したほうがいいんじゃねぇ?

っちゅーのが正直な感想です。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-11-26 23:22:04

THE NO-PLAN JOURNEY ~3~

テーマ:旅行記

今日は、

ノープランの旅で撮った写メを公開します!


<1日目>


                                 

上の写真は全て長野県松代にて。

左・中は文武学校。

右は、象山大本営跡です。


→以外にでかい?金沢駅。


→富山県魚津市の金太郎温泉。硫黄泉でとてもよかったです!


→川中島古戦場。武田信玄と上杉謙信。



<2日目>



→金沢市武家屋敷長町。早朝でしたので、誰もおらず、小川のせせらぎが良かった!


→日本三大庭園兼六園の唐崎松。


→兼六園。紅葉の庭園は最高だね!


→同じく兼六園。滝と紅葉と池と石燈篭。日本庭園の原風景だね。


→岐阜県世界遺産・白川郷。世界に認められた日本の村。



→同じく白川郷の合掌造の和田邸宅。重文です。

→白川郷から直行で学園祭へ。約5時間30分でした。


→銀座@車。ちゃんと停車中ですw






AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-11-25 22:29:18

THE NO-PLAN JOURNEY ~2~

テーマ:旅行記

ノープランの旅の2日目について、

記します!



金沢駅近くのホテルで、
いつもより早い5時30分の起床で、
ノープランの旅2日目が始まりました。


この日のルートは、

(金沢市)長町・兼六園・近江町市場~白川郷~(東海北陸道・中央道経由)東京~学園祭~我が家。

という感じです。


上のルートに、
突然、旅とは似つかわしくない(?)「学園祭」って入っているのが、ノープランジャーニーの真骨頂かもwww
まぁ、学園祭については、
後々に記します。


まずは、朝7時にチェックアウトをして、
チェックアウト時に宿泊先のおばさんから教えてもらった、
武家屋敷の「長町」を散策。

昨日の、松代も城下町だったけど、
松代とは違って、
どこか京都チックな武家屋敷という印象でした。


そして、日本三大庭園の兼六園。
よくTVでも出る唐崎松に瓢池、日本武尊像など、
まさにこれぞ日本の庭園らしい、
気品ある姿に癒されました♪

ここも、
どこか京都の雰囲気が漂っていて、
加賀百万石の前田氏は、
江戸時代、金沢を風流ある城下町にしようとしていたことが、
よく伝わってきたね!


その後、
お土産を買おうと、
近江町へ行ったけど、
時間が早すぎてどこも開いていなかった…。

しかし、別の場所で、
しっかりと買えたので満足です!



ガソリンを満タンにした後、
金沢を出発して、
砺波平野の特徴的な散村に景色を奪われつつも、
一路、世界遺産の白川郷へ!


トンネルを幾度となく越えねばならないくらいの、
えらい山奥にありながら、
白川郷は、多くの観光客が賑わっていました。
さすがに、世界遺産のブランドはでかいですw


厳しい自然に揉まれながらも、
200年の時を越えていまなお、
現役バリバリの屋敷には、
日本人の先哲の技術のすばらしさに感銘するとともに、
耐久年数の短い、
現在のコンクリートの建物のスケールの小ささを痛感した訪問でもありました。


さて、ここまでは大方の想定どおりの旅でしたが、
この先は、ノープラ紀行の本領発揮!

白川郷を出発の後、
予定に入れといた高山に行くべきか、東京へ向かうべきか迷ってました。
そして、双方の分岐点である荘川。

もはや、直感でした。

東京方面へ向かってました。

東海北陸道に乗り、
郡上八幡・美濃を通過し、
中央道で、
恵那・飯田・伊那・諏訪・甲府・八王子を、
ただひたすら東進して、
夕方には東京に到着。


ところが、
我ながら何を思ったのか、
我が家へ向かうはずが、
高井戸付近で考えを変えて、
学園祭会場へ向かうことにしました。


かれこれあって17時20分に、現地に到着。
友人の揚げバナナに舌鼓を打ち、
K-フリを訪問したりして、
ノープランジャーニーでは珍しく、
いろんな会話を楽しんでから、
家路に着いて、
無事に事故もなく、
旅の幕は下りたのでした。


今日も、
想定外の駐車料金の出費に、
車庫出しで人の車をかすめるなど、
少々の「予想外」は、
ありましたが、
無事に完結し、かつ充実した旅となったので、
よかったっす!


結果的には、
中部地方をぐるっと1周した感じになるけど、
いろんな出会い・風土を体感できて、
ふと前日に決断した割には、
大きな財産になったTHE NO-PLAN JOURNEY
でした!

(完)。



なお、

次回の記事には、

旅で撮った写メを中心にアップするので、

どうぞお見逃し無く!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-11-24 23:29:02

THE NO-PLAN JOURNEY ~1~

テーマ:旅行記

1泊2日の日程で、

中部地方周遊の一人車の旅をしていました!


しかも、行きたい場所をいくつかピックアップしただけで、

宿の予約も具体的なスポットへ行く予定も全く立てない、

いわば、ノープランで旅をしてまいりました。



本日は、

1日目の様子を記そうと思います。


家~関越道・上信越道~長野松代~川中島~信州中野~新潟・北陸道で富山へ。

~富山県魚津市金太郎温泉~国道8号で金沢へ。夕食&宿泊。




まずは、長野県松代。

真田氏の拠点で俺は真田宝物館・文武学校・象山神社に第二次大戦大本営の噂ありの洞窟を訪問。
古く風格ある街並みに城下町ならではのくねくね道路の雰囲気に癒されて、思った以上の長い時間の滞在になったけど、真田氏の領地に対する想いが伝わってきて行って良かったね!

ちなみに、今の真田氏の当主は、ウチの大学の理工で教鞭をとっています。



次は、川中島古戦場。例の銅像の写真きっちり撮りました!



無計画旅行には想定外はつきもの。
早速発生ですw

信州中野にてのこと。
昼食をとろうとした食堂が、ジモティに聞いて苦労して探し、やっとの思いで発見したと思ったら、
「臨時休業。」の看板が……。
さすがにヘコみましたw



仕方なく、上信越道で新潟方面へ。

どしゃぶりの雨に&硬そうなボルトが落下してて、

脂汗が流れるようなシーンがありつつも、

富山の金太郎温泉に到着。


魚津市の金太郎温泉なるところは、平地では珍しく硫黄の温泉!やっぱ硫黄泉はサイコーっすね!

長時間運転のためか、ものすごく癒されました!


温泉で鋭気を養った後は、節約の為、下道で倶利伽羅峠を越えて、金沢到着。

駅ビルで牡蠣と味噌風味のうどんを堪能し、駐車場でちょいトラブルを経由して、

いつもより早い時間に眠りについたのでした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。