見えてないけど見られてる! のハナシ。 | ルアマガムービースタッフブログ
2012-12-03 18:42:43

見えてないけど見られてる! のハナシ。

テーマ:ブログ
マシモです。

昨日はD-GUIDE SERVICE &湖波カップにお邪魔してきました。
タイフーンを投げ倒してきたのですが、僕的には河口湖異常ナシでした!

でもプロ、アマ、レディースで分けて集計されるのですが、
全体のトップはアマ部門の3キロ強!
すごいですねー。なんでもサイトだったとか…。

で思い出した水の透明度のオハナシ。
前回のエントリーで書いた水深を測る際、興味が有ってオモリを
白に塗ってみました。正確では無いのですが、各場所の透明度は
どれくらいあるんだろうなー? という興味が有ったんですねー。

合川ダムのバックウォーターは素晴らしい透明度。
もう清流と言っても良いくらいです。


ルアマガムービースタッフブログ-g

(写真は合川ダムに流れ込む筋のひとつ、前の川のバックウォーター)

写真以上に透明度が良いのが、日置川という筋なのですが、この上流から
水深を測り始めました。先ずは最上流で水深は2メートル。
余裕で見えるので、粛々と水温を計測します。

バックウォーターから降りて上流域。次は魚探で水深4メートルくらい。
まだ目視でボトムが見えます。

水温は各筋で四カ所測ってますが、最初の計測時は個人的な興味から、
特徴的な場所で水深を記録していたので、次はボトムが目視できなくなって
しばらくした場所で船を止めました。水深は6メートルくらいですね。

水色はすっかりグリーンで、サイトマスターを持ってしても何も見えません。w
これくらいのエリアで、果たしてどれくらいの透明度が有るんだろう?
スルスルとオモリを落として行きます。1メートル、2メートル、3メートル、4メートル…
あれ、まだ見える。スルスルスル…コト。

???あれれボトム着いちゃった!?
なんとオモリは完全に底についているのに、ぼーっとはしているものの、
未だしっかり白く見えているのです。

そう、見えないと思っていたのは思い込みで、実はしっかりとボトムは見えていたのです。
ただ滞積したウィードやコケなど、水色と同じ色のモノで底質が覆われていた為、
こちらから識別が付いてないだけだったのですね…。

つまりこちらからステインウォーターで何も見えて無くとも、バスからは丸見え! という
状況は少なからず有るのだろうな…と想像が出来るのです。
どうです? こんな事にも気を配っていれば、余分に一匹くらいバスが釣れるようになると
思いませんか?w

水中撮影をすると、実に色々な事が分かります。
次回はやはりアルティメットシリーズから。
カバーに付くバス。春と夏では全てが違う! をお届けします。(予定)笑










ルアマガムービースタッフさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス