2012-12-14 22:19:43

DVDをキレイに観る方法

テーマ:ブログ
せっかくHDで撮影して原版もHDなのに、DVDにすると容量の問題で
画質が落ちてしまってガックリマシモです。

もっとBlu-rayのエンコード代が安くなれば、全部Blu-rayで出したいんですけどねー。
普及させる気は無いんでしょうか?とか愚痴っぽくなるワケですが、
そこは置いといて、本題の『DVDをキレイに観る方法』です。

皆さんのご家庭も政府による半強制的地デジシフトによって、おっきな液晶テレビが鎮座ましましていると
思います。これに前からお持ちのDVDプレイヤーをつないで鑑賞されている方も多いでしょう。

弊社のプレビュー環境も40インチの液晶TVにDVDプレイヤーをつないでいるのですが、
編集して原版を作成している時の画質と、製品DVDの画質差にガックリしていた事も多いんですね。
しかし、どうも家の環境で観ると会社より数段キレイなんです。

んー、なんでだろう?と思っていたのですが、ハタと気づきました。家のプレイヤーはBlu-rayで
DVDを再生しているため、テレビとの接続がHDMIコードなんですね。つまりデジタル。
一方、会社の環境は古いDVDプレイヤーの為、アナログのコードだったのです…。
な、なるほど…。そりゃそうなのですが油断していました。

もしお持ちのDVDプレイヤーにHDMI出力端子がついていたら、ぜひHDMIでつないで見て下さい。
きっとかなりの画質アップが体感できると思います。
もしHDMI端子が無い場合、実はソニーの再生専用Blu-rayプレイヤー なら一万円程度で購入出来ます。
TSUTAYAさんなんかでレンタルされる場合、最新作でもBlu-rayは余ってる事が多いですし、画質は
格段にキレイですから、この値段ならかなり検討する意味が有ると思うんですよねー。
コレならDVDも更なる画質アップが期待出来ます。
皆さんお持ちのライブラリーも美しく見れますから、どうでしょうかボーナスでご検討をされては。笑

また豆知識ですが、実は東芝のレグザシリーズは、アナログからデジタルへの変換ロジックが他社と
違います。難しい事は置いといて、昔のDVDやビデオを一番キレイに観れるのはレグザシリーズとなります。(非ステマ)

僕もかなりの数のDVDを持っているので(非エロ)、この環境って実は大事なんですね。
さぁ、皆さんも大掃除ついでにレッツチェックをお願いします!
特にディーズスキャンダル2・シックスティスキャンダルは画質にも拘ってますから、なるべく良い環境で
見ていただければ感動も数倍ですよおおおおおおおおっ!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-12-03 18:42:43

見えてないけど見られてる! のハナシ。

テーマ:ブログ
マシモです。

昨日はD-GUIDE SERVICE &湖波カップにお邪魔してきました。
タイフーンを投げ倒してきたのですが、僕的には河口湖異常ナシでした!

でもプロ、アマ、レディースで分けて集計されるのですが、
全体のトップはアマ部門の3キロ強!
すごいですねー。なんでもサイトだったとか…。

で思い出した水の透明度のオハナシ。
前回のエントリーで書いた水深を測る際、興味が有ってオモリを
白に塗ってみました。正確では無いのですが、各場所の透明度は
どれくらいあるんだろうなー? という興味が有ったんですねー。

合川ダムのバックウォーターは素晴らしい透明度。
もう清流と言っても良いくらいです。


ルアマガムービースタッフブログ-g

(写真は合川ダムに流れ込む筋のひとつ、前の川のバックウォーター)

写真以上に透明度が良いのが、日置川という筋なのですが、この上流から
水深を測り始めました。先ずは最上流で水深は2メートル。
余裕で見えるので、粛々と水温を計測します。

バックウォーターから降りて上流域。次は魚探で水深4メートルくらい。
まだ目視でボトムが見えます。

水温は各筋で四カ所測ってますが、最初の計測時は個人的な興味から、
特徴的な場所で水深を記録していたので、次はボトムが目視できなくなって
しばらくした場所で船を止めました。水深は6メートルくらいですね。

水色はすっかりグリーンで、サイトマスターを持ってしても何も見えません。w
これくらいのエリアで、果たしてどれくらいの透明度が有るんだろう?
スルスルとオモリを落として行きます。1メートル、2メートル、3メートル、4メートル…
あれ、まだ見える。スルスルスル…コト。

???あれれボトム着いちゃった!?
なんとオモリは完全に底についているのに、ぼーっとはしているものの、
未だしっかり白く見えているのです。

そう、見えないと思っていたのは思い込みで、実はしっかりとボトムは見えていたのです。
ただ滞積したウィードやコケなど、水色と同じ色のモノで底質が覆われていた為、
こちらから識別が付いてないだけだったのですね…。

つまりこちらからステインウォーターで何も見えて無くとも、バスからは丸見え! という
状況は少なからず有るのだろうな…と想像が出来るのです。
どうです? こんな事にも気を配っていれば、余分に一匹くらいバスが釣れるようになると
思いませんか?w

水中撮影をすると、実に色々な事が分かります。
次回はやはりアルティメットシリーズから。
カバーに付くバス。春と夏では全てが違う! をお届けします。(予定)笑










AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。