--------------------------------------------------------------------------

★アメーバブログ美005

biglobe掲載日:2009/01/15

URL:http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/792323548653261.html

★タイトル
ほくろの炭酸ガスレーザーによる除去後の傷痕

テーマ:ほくろのCO2(炭酸ガス)レーザーの傷跡
    QスイッチNd・YAGレーザー
    laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション

--------------------------------------------------------------------------





お名前:匿名希望

一年前、顔にある色の薄い6ミリほどのホクロを炭酸ガスレーザーで治療したのですが、

今では火傷痕のようにかたくなって膨らんでしましました。

色がなくなったとはいえ、かなり目立つので気になっています。

治療をした形成外科に傷を小さくするには切って縫うしかないといわれたのですが他にいい方法はありますか?

お忙しいところ大変申し訳ありませんが、真剣に悩んでおりますのでどうぞよろしくお願い致します。

[2009年1月14日 22時18分1秒]



------------------------------



これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。

御相談者の御相談内容要旨御記載からは
顔の「ほくろ」の「部位と範囲」の御記載がありません。
1・年齢 2・性別の御記載が無く御回答限界でもあるのです。
けれども「可能な範囲内で」御回答を試みます。

++++++++++++++++++++++

御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読させて頂きました。

御相談者の「ほくろ」は「CO2(炭酸ガス)レーザー」で「熱エネルギー」処理をされただけです。

「「熱エネルギー」処理」というと聞こえがよいですが「ほくろ」を焼いただけです。

だから当然の事ながら
「やけど」は「熱傷」=「burn:バーン」が発生し
「ほくろ」という「病態」は
「やけど」は「熱傷」=「burn:バーン」の後遺症という
「病態」に名前がかわるだけです。

御相談者の御相談内容要旨御記載のように
「色の薄い6ミリほどのホクロを炭酸ガスレーザーで治療したのですが、

今では火傷痕のようにかたくなって膨らんでしましました」に至るに「きまっています」。

この傷痕に絶対「メス」を加えてはいけません。

「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」により。

「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」=
「レーザー・リサーフエシング」を行い綺麗にする
「治療戦略」があります。

綺麗に治したいですね。

下記に順を追って御回答致します。

++++++++++++++++++++++


#1
##1
「一年前、顔にある色の薄い6ミリほどのホクロを炭酸ガスレーザーで治療したのですが、

今では火傷痕のようにかたくなって膨らんでしましました。

色がなくなったとはいえ、かなり目立つので気になっています。

治療をした形成外科に、傷を小さくするには切って縫うしかないといわれたのですが、他にいい方法はありますか?

お忙しいところ大変申し訳ありませんが、真剣に悩んでおりますのでどうぞよろしくお願い致します」との事です。


#2
##1
まずとても重要なことは。
「CO2(炭酸ガス)レーザー」は「熱レーザー「レーザー光照射装置」」であり。
=>##2

##2
純粋に「レーザー・メス」「メス・レーザー」であるということです。

##3
「熱レーザー「レーザー光照射装置」」の「熱エネルギー」で
「焼ききること」で通常の外科の「メス」にかえて用いられるということです。

##4
「熱エネルギー」で組織を凝固しますから出血はしないかわりに
「やけど」は「熱傷」=「burn:バーン」は大かれ少なかれ起します。


#3
##1
「俗にいう「ほくろ」」の形態や性状にもよりますが。

##2
「炭酸ガスレーザーで治療したのですが、

今では火傷痕のようにかたくなって膨らんでしましました。

色がなくなったとはいえ、かなり目立つので気になっています」との事です。

##3
「俗にいう「ほくろ」」で御年齢にもよりますが
御相談者の「俗にいう「ほくろ」」は
「母斑細胞母斑:ぼはんさいぼうぼはん:nevus cell nevus」という
「ほくろ」であろうと推察致します。

##4
「ほくろ」の色はきえても「CO2(炭酸ガス)レーザー」の場合は
「熱エネルギー」に「やけど」は「熱傷」=「burn:バーン」による
部分的な「ケロイド状態」或は「肥厚性瘢痕」という状態に「移行するだけです」
=>#4


#4
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「ほくろ」の「お顔」の「部位と範囲」の御記載がありません。

##2
「お顔」の「ほくろ」には「レーザー光照射」で
「とりやすいもの」「とりにくいもの」=「難易度のたかいもの」があります。

##3
難易度の高い「部位と範囲」は
1・お顔の頬と鼻のあいだ
2・小鼻の上
3・「口唇の皮膚」
4・あご
などがあります。

##4
いずれも「顔面表情筋」がよく動き
「ほくろ」をまともの「レーザー光照射」で
「メラニン蒸散」したときに「ほくろ」の輪郭のつかみにくい
「お顔」の「部位と範囲」にある「ほくろ」です。

##5
ちなみに「CO2(炭酸ガス)レーザー」では「メラニン蒸散」はできません。


#5
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
御相談者の「ほくろ」は「CO2(炭酸ガス)レーザー」で「熱エネルギー」処理をされただけです。

##2
「「熱エネルギー」処理」というと聞こえがよいですが「ほくろ」を焼いただけです。

##3
だから当然の事ながら
「やけど」は「熱傷」=「burn:バーン」が発生し
「ほくろ」という「病態」は
「やけど」は「熱傷」=「burn:バーン」の後遺症という
「病態」に名前がかわるだけです。

##4
御相談者の御相談内容要旨御記載のように
「色の薄い6ミリほどのホクロを炭酸ガスレーザーで治療したのですが、

今では火傷痕のようにかたくなって膨らんでしましました」に至るに「きまっています」。
=>#6


#6
##1
「治療をした形成外科に傷を小さくするには切って縫うしかないといわれたのですが他にいい方法はありますか?」との事です。

##2
この傷痕に「2度とメスをいれてはいけません」。

##3
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。

##4
けれども「傷を小さくするには切って縫うしかないといわれたのですが」と患者さんに告げれば
患者さんは「いやがりますから」「他に方法」はないかというように考えられます。

##5
御相談者の御相談内容要旨御記載の
「ほくろの炭酸ガスレーザーの傷痕」の事例は極めて多く
今現在「社会問題」にもなっています。


#7
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載の
「俗にいう「ほくろ」」の「CO2(炭酸ガス)レーザー」の傷痕を「傷痕」として。

##2
「ほくろの炭酸ガスレーザーの傷痕」の傷痕レーザー外科という
「範疇(カテゴリー)」での「治療戦略」になります。

##3
綺麗にはなります。


#8
##1
より具体的には
「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」により。
或は
「Ultra-QスイッチNd・YAGレーザー:ウルトラQスイッチ・ネオジ(ミ)ウム・ヤグ・レーザー」により。

##2
「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」を行います。

##3
正確には「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」と呼称。
俗称「フエイシアル」。

##4
週一回(日)のペース=「golden pace:ゴールデン・ペース」=
「4分の一皮膚のターン・オーバー」で
1回数(日)に10000「ショット」の
「極めて高いエネルギー:ハイパワー」の
「レーザー光照射」を「レーザー光照射」にて。

##5
傷痕の「形状記憶性」「色調記憶性」を消していきます。

##6
「照射回(日)は週一回(日)のペース」で
1回数(日)の「レーザー光照射」の「御費用」は5万円です。

##7
「照射回(日)は週一回(日)のペース」で
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
最低でも20回(日)以上は必要な気が致します。

##8
「回数(日)」は多ければ多いほど宜しいです。


#9
##1
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html


の「過去の御相談と御回答」から
「傷痕レーザー外科」に関する「過去の御相談と御回答」編集版11
[2] [2008年 5月17日 20時59分 3秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/400402011889131.html


のなかに「ほくろの炭酸ガスレーザーの傷痕」の御相談者がたくさんいらっしゃいます。

##2
御参照頂けますか。

##3
##1のなかにも収録されていますが
顔の2個のほくろの炭酸ガスレーザー傷痕のQスイッチレーザーでの治療
[2] [2007年12月 6日 16時44分47秒]





御参照頂けますか。
コピー致します=>「ごらんくださいませ★★★」


#10結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読させて頂きました。

##2
「俗にいう「ほくろ」」の「CO2(炭酸ガス)レーザー」の
「治療戦略」は。
「CO2(炭酸ガス)レーザー」=
「熱レーザー「レーザー光照射装置」」=
「レーザー・メス」「メス・レーザー」と御銘記ください。

##3
御相談者と同じように「俗にいう「ほくろ」」の
「CO2(炭酸ガス)レーザー」の
「レーザー光照射」で苦労されている患者さんは極めて多く
「びっくりするほどです」。

##4
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
今現在「俗にいう「ほくろ」」は「CO2(炭酸ガス)レーザー」により
「やけど」は「熱傷」=「burn:バーン」の後遺症と病名が変わった状態です。

##5
「お顔」の「レーザー光照射装置」を用いる「治療戦略」には
或はお顔の形成外科には
極めて慎重に慎重に進路をお取りください。

##6
綺麗に直したいものです。


「傷痕レーザー外科」に関する「過去の御相談と御回答」編集版11
[2] [2008年 5月17日 20時59分 3秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/400402011889131.html
も御参照頂けますか。

「初診のしおり」としては
東京 都 山本クリニック美容外科 世田谷 区 へのレーザーでの初診のしかた 
[2] [2008年 5月17日 21時26分31秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/314699039402516.html

を御参照頂けますか。