--------------------------------------------------------------------------

★アメーバブログ美786

biglobe掲載日:2003/10/05
 
★タイトル
脇の下の手術の傷跡を目立たなくしたくて何年も悩んできた27歳OLです

テーマ:「ケロイド状態」のレーザー治療・レーザー

--------------------------------------------------------------------------






お名前:匿名希望

お世話になります。

27歳のOLですが、3年近く前に専門医院で脇の下の多汗症の手術をしました。

1cmほど切ってそこから器具を入れて脇の下全体の皮下組織を切除する手術です。

多汗症はすっかり良くなりましたが、切った1cmの傷跡以外にもひきつりや凹凸が目立ちます。

手術後に化膿した部分がケロイドっぽくひきつっています。

また黒ずんでいる部分があり、
縫合に太い糸のようなものを使っていたのですが
それが皮下に残っているような気がします。

1~2年で傷跡はほとんど目立たなくなるとのことでしたが、
3年近くたった今もそれらの手術跡が良くなる気配はなく、
手術にミスがあったのではとも思われます。

夏場も脇の下が見えない服しか着られず、水着も着られず、何年も悩んできました。

何とか目立たなくすることはできませんか?

ご回答いただければ幸いです。

宜しくお願いいたします。

[2003年10月4日 14時19分28秒]



------------------------------



ご心配なことと存じます。

#1
##1
「お世話になります。

27歳のOLですが、3年近く前に専門医院で脇の下の多汗症の手術をしました。

1cmほど切ってそこから器具を入れて脇の下全体の皮下組織を切除する手術です。

多汗症はすっかり良くなりましたが、切った1cmの傷跡以外にもひきつりや凹凸が目立ちます。

手術後に化膿した部分がケロイドっぽくひきつっています。

また黒ずんでいる部分があり、
縫合に太い糸のようなものを使っていたのですが
それが皮下に残っているような気がします。

1~2年で傷跡はほとんど目立たなくなるとのことでしたが、
3年近くたった今もそれらの手術跡が良くなる気配はなく、
手術にミスがあったのではとも思われます。

夏場も脇の下が見えない服しか着られず、水着も着られず、何年も悩んできました。

何とか目立たなくすることはできませんか?

ご回答いただければ幸いです。

宜しくお願いいたします」との事です。

##2
多汗症の「手術後」に多汗症なくなられて宜しかったです。


#3
##1
現在の「手術創傷痕」の「症状・症候」は下記のように判断致します。
###1
1cmの傷痕は左右にあると考えます。

###2
切った1cmの傷跡以外にもひきつりや凹凸が目立ちます。
###3
手術後に化膿した部分がケロイドっぽくひきつっています。
###4
また黒ずんでいる部分があり、縫合に太い糸のようなものを
使っていたのですがそれが皮下に残っているような気がします。

##2
上記が御相談者の左右1cmの傷跡の「症状・症候」でございます。

##3
まず「手術創」が何故化膿したのであるかは判断できません。

##4
「縫合に太い糸のようなものを
使っていたのですがそれが皮下に残っているような気がします。」
との事です。

##5
はもし「糸」であるのであれば「意図的に皮下縫合」されたものと考えますが。


#4
##1
上記の
###1
1cmの傷痕は左右にあると考えます。
###2
切った1cmの傷跡以外にもひきつりや凹凸が目立ちます。
###3
手術後に化膿した部分がケロイドっぽくひきつっています。
が「レーザー光照射」の対象とはなりえます。

##2
即ち「レーザー光照射」にて
凹凸の凸をとば
し凹凸の凹即ち真皮・「膠原線維」を「レーザー光照射」の
「光衝撃波(light shock wave:lsw)」により持上げます。


#5
##1
「手術後に化膿した部分がケロイドっぽくひきつっています。」
は「肥厚性瘢痕」か「真性ケロイド」かが大変重用ですが
いわゆる「肥厚性瘢痕」にように思えます。

##2
「肥厚性瘢痕」であれば「ヤグレーザー・リサーフエシング」により
大変よく反応する場合が多いものです。




#6結論:
##1
左右1cmの「手術創」の傷痕+傷痕以外の凹凸が
「腋下(えきか)皮膚」にあること。
これは「ヤグレーザー・リサーフエシング」の対象で御座います。

##2
「腋下(えきか)のひきつれ」は「真性ケロイド」であれば
極めて「慎重」に「レーザー光照射」も気を付けねばなりません。
「真性ケロイド」であれば「レーザー光照射」はしないほうが
宜しいです。

##3
「腋下のひきつれ」が「肥厚性瘢痕」であるように
御相談者の御相談内容からは考えられます。
この場合これは「ヤグレーザー・リサーフエシング」の対象で御座います。

##4
「肥厚性瘢痕」と「真性ケロイド」は「部分」を一見しては鑑別できません。
けれども
「肥厚性瘢痕」への「ヤグレーザー・リサーフエシング」の威力は大変に
凄いものです。
「ほくろ」の「ヤグレーザー」と同様に
「照射」の度に「小さく或いは色が薄くなる」のがおわかりと考えます。

##5
御相談者の御相談内容からは
「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療」の
「レーザー光照射」
が宜しいと考えます。

##6
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置
による「レーザー・リサーフエシング」を試みられては如何でしょうか。

[2003年10月5日 10時34分41秒]


------------------------------------------------------------
<念のため>

この##2「過去の御相談と御回答」は「昔のもの」です。

の「レーザー光照射」の昔の回数は10回(日)
とか16回(日)
となっているかもしれません。

山本クリニック美容外科の「レーザー光照射」
の技術は当たり前ながらどんどん向上しています。
「回数(日)」は多ければ多いほど宜しいです。

最近の山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html

御回答では照射回(日)は週一回(日)のペースで
最低20-24回(日)
以上と御回答しています。
「回数(日)」は多ければ多いほど宜しいです。

是非とも
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板


http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/index.htmlの


http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
あるいは

http://www.clinicayamamoto.com/の


http://www.clinicayamamoto.com/list_B.php


の「最近の御相談と御回答」もご参照されて下さい。

------------------------------------------------------------

世田谷 山本クリニック世田谷の公式ホームページとしては
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/index.html
を御参照頂けますか。


また世田谷 山本クリニック世田谷の新規の公式ホームページとしては
http://www.clinicayamamoto.com/
を御参照頂けますか。



山本クリニック美容外科・形成外科新規相談掲示板は


http://www.clinicayamamoto.com/



http://www.clinicayamamoto.com/list_B.phpを
を御参照頂けますか。

山本クリニック
http://www.clinicayamamoto.com/



脳神経外科・神経内科新規相談掲示板は



http://www.clinicayamamoto.com/

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
を御参照頂けますか。



山本クリニックの旧脳神経外科・神経内科相談掲示板
2003/7/23-2009/02/25
の「過去の御相談と御回答」は
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
を御参照頂けますか(かきこめませんが情報量は極めて豊富)。



山本クリニックの旧美容外科・形成外科相談掲示板
2003/7/24-2009/02/25
の「過去の御相談と御回答」は
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
を御参照頂けますか(かきこめませんが情報量は極めて豊富)。



「傷痕レーザー外科」に関する「過去の御相談と御回答」編集版11
[2] [2008年 5月17日 20時59分 3秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/400402011889131.html
も御参照頂けますか。


「初診のしおり」としては
東京 都 山本クリニック美容外科 世田谷 区 へのレーザーでの初診のしかた 
[2] [2008年 5月17日 21時26分31秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/314699039402516.html
を御参照頂けますか。