--------------------------------------------------------------------------

★アメーバブログ美057

biglobe掲載日:2007/10/11

URL:http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/782316498997719.html
 
★タイトル
海外在住。顔面外傷で鼻が曲がってしまいました

テーマ:「傷痕レーザー治療・レーザー外科」

--------------------------------------------------------------------------





お名前:匿名希望

海外在住です。

御相談して良いのかどうかわかりませんが、
少し緊急なことで悩んでおりますので、
ご回答頂ければ幸いです。

実は、昨日鼻が曲がってしまいました。
といいますのも、
友人にさそわれて地元の柔道クラブにいったんですが、
その際に相手のひざが鼻にあたってしまい
ピキッという音と共に血が沢山でました。

鏡をみると鼻が異常にまがっていました。

すぐに自分でまがったことろを押したら
ズイブンともとの位置にはもどったのですが、
まだ違和感があります。

地元の病院にいったところ、レントゲンとCTとかもなくもなく、
金曜日までまって腫れが引いて違和感があるなら、
もう一度くるようにっていうことでしたが、それは妥当な判断なんでしょうか?

インターネットでみると、早ければ早いほど(2週間以内)、
より簡単な整復手術でおわるけれども、
時間が経てば経つほどより重大な手術になると書いてありました。

初めての海外生活の中で、初めての怪我なので、不安におもっております。

いきなりの御相談で大変恐縮ですが、ご回答いただけましたら幸いです。

[2007年10月10日 03時28分34秒]



------------------------------






山本クリニック 世田谷

山本クリニック 世田谷

山本クリニック 世田谷






山本クリニック 世田谷

山本クリニック 世田谷

山本クリニック 世田谷






山本クリニック 世田谷

山本クリニック 世田谷

山本クリニック 世田谷



これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御気持ちは大変よく判ります。けれども
1・年齢 2・性別の御記載が無く御回答限界でもあるのです。
けれども「可能な範囲内で」御回答を試みます。

++++++++++++++++++++++

御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読させて頂きました。

仮に「鼻中隔:びちゅうかく」の骨折があったとしましょう。
あくまでも「仮定」です。

これは「顔面頭蓋」の外傷すべてにいえる「一般論」ですが
患者さんが「何を気にするか」という「ポイント」があります。
=>
極端なことをいえば
適切な表現が思い浮かばないのですが
1・機能は落ちてもよいから「容姿を重要視される」かたがいます。
2・「容姿はかまわないから」機能を最優先して直したいという方がいます。

「両方とも「治療戦略」」とすると
「顔面頭蓋」の外傷の場合には「うまくいかない」ことが
ある。
或は「危険=リスク」があることがあります。
=>
けれども
「顔面外傷」には怖い「落とし穴:pit-fall」が
あり
「中枢神経系専門医先生」でないと解決できない
事例が多いものです。

「頭蓋骨」は「神経頭蓋」+「顔面頭蓋」から
構成されています。
御相談者の御相談内容要旨御記載の文面からは
「顔面頭蓋」の「鼻」の「顔面外傷」であるようです。

まずは「脳神経外科専門医先生」を「御受診」されて下さい。
そして「脳神経外科専門医先生」にて
「何らかの問題がない」と診断されたのであれば。
=>
お鼻の「形成外科」的なことが気になられる場合は
そのことを「脳神経外科専門医先生」に相談され
「形成外科専門医先生」を「御受診」されるように
図っていただくと宜しいでしょう。


下記に順を追って御回答致します。

++++++++++++++++++++++




#1
##1
「海外在住です。

実は、昨日鼻が曲がってしまいました。
といいますのも、友人にさそわれて地元の柔道クラブにいったんですが、
その際に相手のひざが鼻にあたってしまい
ピキッという音と共に血が沢山でました。鏡をみると鼻が異常にまがっていました。

すぐに自分でまがったことろを押したらズイブンともとの位置にはもどったのですが、
まだ違和感があります。

地元の病院にいったところ、レントゲンとCTとかもなくもなく、
金曜日までまって腫れが引いて違和感があるなら、
もう一度くるようにっていうことでしたが、
それは妥当な判断なんでしょうか?

インターネットでみると、
早ければ早いほど(2週間以内)、
より簡単な整復手術でおわるけれども、
時間が経てば経つほどより重大な手術になると書いて
ありました。

初めての海外生活の中で、初めての怪我なので、
不安におもっております。

いきなりの御相談で大変恐縮ですが、
ご回答いただけましたら幸いです。」
との事です。




#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
下記の「10項目」の
今回の「顔面外傷」に関する要旨に分解しうること。
1・海外在住でいらっしゃること。
2・October 10, 2007で「昨日=10・9(火曜日)鼻が曲がってしまった」
という「症状・症候」
3・「2・」は「地元の柔道クラブにいったんですが、
その際に相手のひざが鼻にあたってしまい・略・」で顔面外傷が原因であること
4・「ピキッという音と共に血が沢山でました。
鏡をみると鼻が異常にまがっていました。」と「鼻が異常にまがった」という「症状・症候」
5・「すぐに自分でまがったことろを押したら
ズイブンともとの位置にはもどったのですが」と「自己整復」されていること。
(「自己整復」が可能であったこと)
6・「地元の病院にいったところ、レントゲンとCTとかもなく、
金曜日までまって腫れが引いて違和感があるなら、
もう一度くるようにっていうこと」で病院を御受診されている」
=>「診断名は何故御記載がないぼでしょうか」

7・「それは妥当な判断なんでしょうか?」
=>御質問の「意味・意義」が理解できません。

8・「インターネットでみると、
早ければ早いほど(2週間以内)、
より簡単な整復手術でおわるけれども、
時間が経てば経つほどより重大な手術になると書いて
ありました。」からは御相談者の御相談内容要旨御記載にはない
「キーワード」をお持ちであると推定されること。=>「診断名?」
9・「初めての海外生活の中で、初めての怪我なので、
不安におもっております。」
=>「怪我をされたことは一度もない」ということ。
10・「その他」
の「10項目」です。




#3
##1
止むを得ずも御相談者の御相談内容要旨御記載からは
海外在住でご不便もおありであったと存じますが。
病院「御受診」された結果の「御診断」の御記載がありません。

##2
「鼻が曲がってしまった」と「ピキ」と「音がした」からは。
そして「自己整復」で「ずいぶんよくなった」からは。
=>##3

##3
顔面外傷により
「鼻中隔:びちゅうかく」に「なんらかの「病態」」が「発生」したと
推定されます・。あくまで「推定」であり「仮定」です。

##4
「鼻中隔:びちゅうかく」には鼻粘膜にはさまれて「薄い骨」
が存在致します。

##5
「鼻中隔:びちゅうかく」には鼻粘膜にはさまれて「薄い骨」
に「骨折」或は「類似の「病態」」が発生したと「仮定」は
可能です。




#4
##1
「地元の病院にいったところ、レントゲンとCTとかもなく、
金曜日までまって腫れが引いて違和感があるなら、
もう一度くるようにっていうことでしたが、
それは妥当な判断なんでしょうか?」
との事です。

##2
顔面外傷であれば頭部X線撮影は必要である。
脳CTは頭部X線撮影の結果からまた「臨床神経診断学」から
頭部X線撮影のみで必要な場合も必要でない場合
もある。

##3
「 インターネットでみると、
早ければ早いほど(2週間以内)、
より簡単な整復手術でおわるけれども、
時間が経てば経つほどより重大な手術になると書いて
ありました。」
との事ですが御相談者の御相談内容要旨御記載の
この「文章」の「主語」が
御相談者の御相談内容要旨御記載の御相談文面からは
探索が不可能です。
=>##4・5

##4
仮に「鼻中隔:びちゅうかく」の骨折があったとしましょう。
これは「顔面頭蓋」の外傷すべてにいえる「一般論」ですが
患者さんが「何を気にするか」という「ポイント」があります。
=>##5

##5
極端なことをいえば
適切な表現が思い浮かばないのですが
1・機能は落ちてもよいから「容姿を重要視される」かたがいます。
2・「容姿はかまわないから」機能を最優先して直したいという方がいます。

##6
##5の「両方とも「治療戦略」」とすると
「顔面頭蓋」の外傷の場合には「うまくいかない」ことが
ある。
或は「危険=リスク」があることがあります。
=>##7

##7
けれども
「顔面外傷」には怖い「落とし穴:pit-fall」が
あり
「中枢神経系専門医先生」でないと解決できない
事例が多いものです。




#5
##1
「初めての海外生活の中で、初めての怪我なので、
不安におもっております。

いきなりの御相談で大変恐縮ですが、
ご回答いただけましたら幸いです。」
との事です。

##2
まず「頭蓋骨」は「神経頭蓋」+「顔面頭蓋」から
構成されています。
御相談者の御相談内容要旨御記載の文面からは
「顔面頭蓋」の「鼻」の「顔面外傷」であるようです。

##3
まずは「脳神経外科専門医先生」を「御受診」されて下さい。
そして「脳神経外科専門医先生」にて
「何らかの問題がない」と診断されたのであれば。
=>##4

##4
お鼻の「形成外科」的なことが気になられる場合は
そのことを「脳神経外科専門医先生」に相談され
「形成外科専門医先生」を「御受診」されるように
図っていただくと宜しいでしょう。

##5
「脳神経外科」或は「中枢神経系専門医」的な問題としては
「顔面外傷」としての顔面骨骨折などによる「病態」から
1・
「末梢性顔面神経」の損傷による「末梢性顔面神経」の問題
2・
「三叉神経:さんさしんけい:第V脳神経」の
損傷による「三叉神経:さんさしんけい:第V脳神経」の問題。
3・
「眼窩底破裂(吹き抜け)骨折:brow out fracture」の
存在の「有無」による「外眼筋トラップ」「有無」の問題
4・
「頭蓋底骨折」の「有無」による「髄液漏(ずいえきろう)」
の「有無」の問題
5・
その他

が御座います。

##6
##5の「いずれもの問題」を総合して
「お受けもちの先生」は「違和感」という表現を用いられ
「72時間」の経過観察期間を設けられたのでしょう。




#6
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載と同じ事例で
鼻の「顔面外傷」であったかたが
「脳神経外科専門医先生」の「病態」に
おきかわる事例が稀ならずあり「むしろ多いものなのです」。

##2
まずは
「脳神経外科専門医先生」を「御受診」されて
鼻の「形成外科専門医先生」の課題は
その次に考えられておかれたほうが
よいように今の私は考えます。




#7結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読させて頂きました。

##2
「初めての海外生活の中で、初めての怪我なので、
不安におもっております。

いきなりの御相談で大変恐縮ですが、
ご回答いただけましたら幸いです。」
とのことですが本当に御災難であったと
存じます。
御気持ちは大変よく判ります。

##3
上記御回答致しました。
「顔面外傷」に潜む「落とし穴:pit-fall」は
有名なものであり沢山の「病態」があります。

##4
「病院」で最初に「御受診」された
「お受けもちの先生」が
「脳神経外科専門医先生」であればいまのままで
「(金曜日)に伺う」で宜しいです。

##5
けれども
「お受けもちの先生」が
「脳神経外科専門医先生」でなかったのであれば
改めて「脳神経外科専門医先生」を「御受診」される
意思表示をとられるのが宜しいと今の私は考えます。

##6
このような御回答しか出来ません。申し訳ございません。
けれども。
「顔面外傷」に潜む「落とし穴:pit-fall」は
有名なものであり。
沢山の「病態」があります。
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。

山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html

を御参照頂けますか。

「初診のしおり」としては
東京都 山本クリニック美容外科 世田谷区 へのレーザーでの初診のしかた 
[2] [2008年 5月17日 21時26分31秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/314699039402516.html

を御参照頂けますか。
AD