美容,レーザー治療,の名医は山本クリニック,世田谷

世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都 は。
高度先進医療のレーザー外科・レーザー治療の最高峰です。
ブログでは山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板の過去の御相談と御回答
からお役にたつものを転載したいと考えています。


テーマ:
--------------------------------------------------------------------------

★アメーバブログ美335

biglobe掲載日:2005/01/30

URL:http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/833313252384873.html

★タイトル
ほくろ手術後 3Mテープはいつ位まで貼っておくべきでしょうか?

テーマ:ほくろのCO2(炭酸ガス)レーザーの傷跡

--------------------------------------------------------------------------






お名前:まこ

37歳女性です。

昨年9月に口角横にあったほくろを切開法で切除しました。

その後3Mテープを傷口に貼っております。

傷の周りがまだ硬いところがあり線の部分も少し赤いです。

傷自体は1本線で拡がっていません。

通常どの位で傷は柔らかくなるのでしょうか?

また口角部分は傷幅が拡がり易いと聞きますが

テープはいつ位まで貼っておくべきなのでしょうか?

硬い傷が柔らかくなる時に引っ張られて

まだ拡がる事はあるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

[2005年1月29日 22時50分18秒]



------------------------------




ご心配なことと存じます。

++++++++++++++++++++++

「表皮外科」+「真皮外科」=「皮膚外科」であり
御相談者の御相談の御記載内容からは
「レッド・スカー:red scar」の状態で御座います。
「レッド・スカー:red scar」は
「毛細血管拡張」或いは「毛細血管増殖」を伴うと
赤く・赤黒く或いは褐色にみえること=「レッド・スカー:red scar」
と呼称致します。

「皮膚外科」を「表皮外科」+「真皮外科」=「皮膚外科」
と分断しないのが「形成外科」です。


「表皮外科」+「真皮外科」=「皮膚外科」の
「表皮外科」と「真皮外科」を上手に扱うのが「美容外科」
なのですが巷間では正確には「理解」されていないことがあります。

「顔面表情筋」の「直上」の「顔面皮膚」を扱うのは
「顔面外科手術」ということになりますが
その難易度から多くの場合「形成外科技術」では困難で「美容外科技術」を
必要とすることが多いものです。


下記順を追って御回答致します。

++++++++++++++++++++++

#1
##1
「37歳女性です。
昨年9月に口角横にあったほくろを切開法で切除しました。
その後3Mテープを傷口に貼っております。
傷の周りがまだ硬いところがあり線の部分も少し赤いです。
傷自体は1本線で拡がっていません。
通常どの位で傷は柔らかくなるのでしょうか?
また口角部分は傷幅が拡がり易いと聞きますがテープは
いつ位まで貼っておくべきなのでしょうか?
硬い傷が柔らかくなる時に引っ張られて
まだ拡がる事はあるのでしょうか?
よろしくお願いいたします。」
との事です。


#2
##1
御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

##2
「ほくろ」の「摘出手術」から「4ヶ月」目の「手術縫合線痕」について
の御相談です。

##3
御相談者は御婦人であるから口角の近傍=「「口輪筋」皮膚上」の
「手術縫合線痕」を大変に愛護的に「3M(スリーエム)テーピング」されて
御管理されていらっしゃる様子が目に浮かびます。


#3
##1
「傷の周りがまだ硬いところがあり線の部分も少し赤いです。
傷自体は1本線で拡がっていません。」との事です。

##2
「手術縫合線痕」或いは「創傷痕」には「2種類」の「病態」があります。

##3
###1
膠原線維がすけてみえ白色・灰色にみえること=
「ホワイト・スカー;white scar」
###2
「毛細血管拡張」或いは「毛細血管増殖」を伴うと赤く・
赤黒く或いは褐色にみえること=「レッド・スカー:red scar」
の「2種類」です。

##4
御相談者の御相談の御記載内容からは
「毛細血管拡張」或いは「毛細血管増殖」を伴い赤く見える瘢痕
=「レッド・スカー:red scar」の状態です。

##5
この「レッド・スカー:red scar」の状態は「形成縫合線」を
「横断」するような形で「形成縫合線」とは直角の方向に
「毛細血管拡増殖」と「結合組織増殖」の増殖がおきて発生致します。

##6
「形成縫合線」を「つなぎどめる」のに「結合組織」だけでは「無理」と
「お顔の皮膚」が判断したときに「毛細血管拡増殖」が
「形成縫合線」とは「直角の方向」の方向に発生致します。


#4
##1
「3M(スリーエム)テーピング」は「皮膚外科」でも
「「お顔の皮膚」の「保湿クリーム」の作用機転で知られる
「表皮」の「部分」の「補強」に「表皮外科」的に用いられる
ものです。

##2
「表皮外科」とは皮膚の最上層の薄い「表皮」を対象に行なわれるもの。
「真皮外科」とは「結合組織」や「毛細血管拡増殖」を対象に行なわれるもの。

##3
「表皮外科」+「真皮外科」=「皮膚外科」ということになりますが
結果論としては
「表皮外科」と「真皮外科」を上手に扱うのが「美容外科」
ということになります。

##4
御相談者の御相談の御記載内容からは
「症状・症候」は
「毛細血管拡増殖」による「レッド・スカー:red scar」の
状態です。


#5
##1
「レッド・スカー:red scar」の状態は「真皮外科」の「病態」
です。

##2
「3M(スリーエム)テーピング」は「表皮クロージング」を「目的」
としたものですから「表皮外科」の「治療戦略」ということになります。

##3
「形成縫合線」には「直角の方向」に外力が働き「表皮クロージング」
を妨げることが御座います。
この点「3M(スリーエム)テーピング」は「有効」です。


#6
##1
「傷自体は1本線で拡がっていません。
通常どの位で傷は柔らかくなるのでしょうか?」
との事です。

=>
「「口輪筋」周囲皮膚」は「顔面表情筋」「直上」の皮膚
ですから。
「4ヶ月」目の「手術縫合線痕」は
すでに「4皮膚のターンオーバー」経過しています。

このままの「皮膚硬度」が保たれる可能性=このままの「皮膚硬度」
で残存する可能性が高いです。


##2
「また口角部分は傷幅が拡がり易いと聞きますがテープは
いつ位までテープを貼っておくべきなのでしょうか?」

=>

「また口角部分は傷幅が拡がり易いと聞きますが」=>「そのようになります」。
「3M(スリーエム)テーピング」は「表皮クロージング」を「目的」
としたものです。
「真皮外科」的な「真皮クロージング」の観点からは
「形成縫合線」の「直角解離防止」には「無効」なことが多いものです。

##3
「硬い傷が柔らかくなる時に引っ張られて
まだ拡がる事はあるのでしょうか?」

=>
「形成縫合線」には「常に」直角方向=90度の「外力」が働きます。
「形成縫合線」の「直角解離」として
「表皮・真皮総解離」という究極の状態としての「可能性」は
「お顔の皮膚」の場合には常にありえます。

このような場合「ケロイド体質」でないかたの場合は「肥厚性瘢痕」として
「創傷痕」は発展する可能性はあります。


#7結論:
##1
御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

##2
上記御回答致しました。

##3
「表皮外科」+「真皮外科」=「皮膚外科」であり
御相談者の御相談の御記載内容からは
「レッド・スカー:red scar」の状態で御座います。

##4
「レッド・スカー:red scar」は
「毛細血管拡張」或いは「毛細血管増殖」を伴うと
赤く・赤黒く或いは褐色にみえること=「レッド・スカー:red scar」
と呼称致します。

##5
「皮膚外科」を「表皮外科」+「真皮外科」=「皮膚外科」
と分断しないのが「形成外科」です。

##6
「表皮外科」+「真皮外科」=「皮膚外科」の
「表皮外科」と「真皮外科」を上手に扱うのが「美容外科」
なのですが巷間では正確には「理解」されていないことがあります。

##7
「顔面表情筋」の「直上」の「顔面皮膚」を扱うのは
「顔面外科手術」ということになりますが
その難易度から多くの場合「形成外科技術」では困難で「美容外科技術」を
必要とすることが多いものです。



------------------------------------------------------------
<念のため>

この##2「過去の御相談と御回答」は「昔のもの」です。

の「レーザー光照射」の昔の回数は10回(日)
とか16回(日)
となっているかもしれません。

山本クリニック美容外科の「レーザー光照射」
の技術は当たり前ながらどんどん向上しています。
「回数(日)」は多ければ多いほど宜しいです。

最近の山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html

御回答では照射回(日)は週一回(日)のペースで
最低20-24回(日)
以上と御回答しています。
「回数(日)」は多ければ多いほど宜しいです。

是非とも
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板


http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/index.htmlの


http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
あるいは

http://www.clinicayamamoto.com/の


http://www.clinicayamamoto.com/list_B.php


の「最近の御相談と御回答」もご参照されて下さい。

------------------------------------------------------------


世田谷 山本クリニック世田谷の公式ホームページ
としては
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/index.html
を御参照頂けますか。


また世田谷 山本クリニック世田谷の新規の公式ホームページ
としては
http://www.clinicayamamoto.com/
を御参照頂けますか。



山本クリニック美容外科・形成外科新規相談掲示板は


http://www.clinicayamamoto.com/



http://www.clinicayamamoto.com/list_B.phpを
を御参照頂けますか。

山本クリニック
http://www.clinicayamamoto.com/



脳神経外科・神経内科新規相談掲示板は



http://www.clinicayamamoto.com/

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
を御参照頂けますか。




山本クリニックの旧脳神経外科・神経内科相談掲示板
2003/7/23-2009/02/25
の「過去の御相談と御回答」は
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
を御参照頂けますか(かきこめませんが情報量は極めて豊富)。



山本クリニックの旧美容外科・形成外科相談掲示板
2003/7/24-2009/02/25
の「過去の御相談と御回答」は
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
を御参照頂けますか(かきこめませんが情報量は極めて豊富)。




「傷痕レーザー外科」に関する「過去の御相談と御回答」編集版11
[2] [2008年 5月17日 20時59分 3秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/400402011889131.html
も御参照頂けますか。


「初診のしおり」としては
東京 都 山本クリニック美容外科 世田谷 区 へのレーザーでの初診のしかた 
[2] [2008年 5月17日 21時26分31秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/314699039402516.html
を御参照頂けますか。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

lllaserさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。