ここをおして●○○
「過去の御相談と御回答」は・古い順番からだんだんに新しいものの順番です。

16・
赤くならない腫れないレーザー [2] [2005年12月 8日 15時23分 8秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/697883435598673.html
お名前: ぱく   
31歳女性
神戸からです。
あからがおで毛穴もひらいています。
山本先生の相談掲示板から酒さだと思いました。
8月に皮膚科の先生に診ていただきました。
第I度酒さという診断でした。

フオトフエイシアルレーザーを9月と10月にトータル6回ある
関西の美容整形でやっていただいたのですが。
山本先生のおっしゃるようにますます真っ赤になって炎症を
おこしてしまいました。皮膚炎と皮膚科でいわれました。
最初からわかっていたのに本当にばかみたいです。


ぜひ山本先生に本物のレーザー治療をお願いしたいと思って必死です。
Qスイッチネオジミウムヤグレーザーだとなぜ
赤くならず腫れないのでしょうか。


文章が下手で失礼なごそうだんですみません。
ぜひ山本先生にレーザー治療をお願いしたいと思い必死なので
どうかよろしくおねがいいいたします。

[2005年12月7日 19時16分7秒]

(=>コメント 
御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

御相談者の御相談の御記載内容からは
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に対して。
1・
お分かりになりながらも
「フオトフエイシアルレーザー」
を受けられ
「炎症」=「おそらく「熱傷」=「やけど」=「バーン:burn」でしょう」
を起こされてしまって「本物の「レーザー光照射」」を受けられようとする
ひたむきな「ガッツ」が伺えること。

2・
「フオトフエイシアルレーザー」で大変な目に合われた。
だから「レーザー光照射」は「本物」でなければならないと
前々からお考えになられていたのにという残念感に裏打ちされて。
何故
「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
は「赤くはなりません。腫れません。かさぶたもできません。」
なのだろうかというひたむきな御不思議が伺えること。

「1・」に関しては
一番大事なことは「photo-facial:フオト・フエイシアル」は
されたのでしょうが。
「photo-facial:フオト・フエイシアル」は
「IPL(Intense Pulsed Light);インテンス・パルスド・ライト」は
「強力なパルス光」を用いての「物理的刺激」或いは「物療」です。
だから「レーザー光照射」ではありません。
「フオトフエイシアルレーザー」とは「レーザー」ではありません。

「2・」に関しては
「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
の「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療」の
「Q(キュー)スイッチ」の「本骨頂」でもあります。
うまくご説明できるとよろしいのですが。
ちょっと難しいかもしれません。
++++++++++++++++++++++

##2
「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
にも様々な「ランク」があります。

##3
とりわけ「Q(キュー)スイッチ」の性能如何によって
ぴんからきりまで御座います。

##4
当院の
「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
は「1ショット時間」=
「10億分の10秒」とは「光の速度」で
「光が3mしか進めない時間」の単位で御座います。

##5
信じられないような「極小短時間」での「レーザー光照射」です。

##4
この
「1ショット時間」=「10億分の10秒」で
莫大な「レーザー出力」=「エネルギー」
の「1ショット」がすんでしまいます。

##5
「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
では
「「1ショット時間」=「10億分の10秒」」で毎秒「10ショット」
の「レーザー光照射」が可能です。

##6
##5の「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療」の
場合「レーザー光照射」には「3つのエネルギー作用」がありますが
「photo ionization:光イオン反応」=「photo-ablation:フオト・アブレーション」
(abrasion:剥離ではない)
という「レーザー光照射」では「最も強力な「エネルギー」」が
発生致します。

##7
「レーザー光照射」の「3つのエネルギー作用」につき
とりわけ
「photo ionization:光イオン反応」=「photo-ablation:フオト・アブレーション」
につき
#3#4#5#6にて簡単にご説明致します。






#3
##1
「レーザー光照射」には「3つのエネルギー機序」が御座います。

##2
###1
「光熱反応:photothermal effect」
=>
これは俗に言う
「CO2(炭酸ガス)レーザー」=「メスレーザー」=「レーザーメス」
で用いられます。

###2
「光化学反応:photo chemical effect」
=>
これは「エネルギー」が弱すぎて通常は「レーザー光照射」の機序
にはなりえません。

###3
「photo ionization:光イオン反応」=
「photo-ablation:フオト・アブレーション」(abrasion:剥離ではない)

「3つのエネルギー機序」で御座います。

##3
##2の###3の
「photo ionization:光イオン反応」=
「photo-ablation:フオト・アブレーション」(abrasion:剥離ではない)
が「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療」の
「主軸」になります。

##4
「レーザー光照射」の「レーザー光ビーム」が「熱「エネルギー」」に
変化している暇がない「1ショット時間」=「10億分の10秒」
での「レーザー光照射」です。

##5
「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」

「photo ionization:光イオン反応」は余りにも莫大な「エネルギー」のため
「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
の「レーザー光照射」のことを
「光衝撃波」による「パッチング」ともニックネームで呼称されることが
御座います。






#4
##1
この「photo ionization:光イオン反応」=「光衝撃波」による「パッチング」

軍事目的で「潜水艦」を破壊浮上させるために研究された逸話が御座います。
「実話」です。

##2
この「photo ionization:光イオン反応」による
「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療」での
「レーザー・リサーフエシング」では
「表皮に傷を付けずに真皮形成」を行なうという「レーザー光照射」を
目的に大変に「高い評価」を得られています。

##3
「ぜひ山本先生に本物のレーザー治療をお願いしたいと思って必死です。
Qスイッチネオジミウムヤグレーザーだとなぜ
赤くならず腫れないのでしょうか。」
との事です。

##4
このような
「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
の高性能な「Q(キュー)スイッチ」により
「ウルトラハイパワー」の「レーザー出力」=「エネルギー」が可能になりました。

##5
さらに
「photo ionization:光イオン反応」による
「表皮に傷を付けずに真皮形成」を行なうという「レーザー光照射」の
「機能」をもちました。

##6
だから赤くはなりません。腫れません。かさぶたもできません。
「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
では御婦人の御顔であれば「レーザー光照射」直後より「メイク」
が可能です。


<font size="7">
綺麗に治したいですね。
綺麗に治したいですね。
綺麗に治したいですね。★★★


!!!)


ここをおして●○
ここをおして○○
ここをおして