私のお金の話です

 

 

先月下旬から夫と別会計にしたんです

 

 

そのときの私の状況は、

月の器でのお仕事に行ってなくて、

私の中ではもう

行けないものだと思っていて、

行けないというよりは、

自分で稼げる状態にならないと

行ってはいけないと思っていた

 

 

おから味噌の予約販売をして、

6万以上の注文をもらいました

 

 

そのお金は、

工場の改修に使おうと思って、

まだ手元にあります

 

 

セッションを募集しても

申し込みはなくて、

本当はやりたくて

やりたくて仕方ないのに、

価格も見直したはずなのに、

自分の思いも書けたと思っていたのに、

申し込みなくて落ち込んでました

(この話は、また別で書きます❗️)

 

 

それで、もう本当に

どうしようと思っていたとき、

神塩の名取寛人さんが、

神塩の梱包を手伝ってくれないか

とアルバイトに

声をかけてくれたんです

 

 

2日間だけ、お手伝いさせてもらいました

 

 

そのときに、

商品のパッキングの過程って

八木さやさんの商品しか

見た事がなかった私は、

その人それぞれの

「こんなふうにしたい‼️」って思いを

思う存分好きなように表現して

ラッピングしていいんだ

って学んだんです

 

 

でね、そのときその場で

お金を受け取りました

 

 

”現ナマ”というやつです

(使った事ない表現で、

 下品に聞こえてしまうショック

 

 

そのとき、

なんだかよく表現できない

気持ちになりました

 

 

嬉しいんだけど、

お金をもらって

嬉しいだけじゃなくて、

自分の働きが換金された感覚

 

 

その働きも、確かに

時間をかけて体力使って

っていう意味では労働なんだけど、

その中身は

ものすごく充実してたんだ

 

 

寛人さんの場所だから、

寛人さんが指示をする人で、

それに従って動くんだけど、

自衛隊や病院で

雇われていたときの

従って動くのとは

(当たり前だけど)全然違うもの

だったんだよね

 

 

アルバイトってものも

した事がなかったんです

 

 

看護師で、

派遣で単発の仕事を

したりしてた事はある

 

 

だけどそのときは

中身の充実じゃなくて、

時間給だけを見て

受け取ったお金だった

 

 

そのお金に乗っている

”思い”がまるで違うんだ

 

 

なんか、初めてだったんだよ

 

 

純粋に楽しくて、

純粋に嬉しくて、

肩に余計な力が入ってない私で、

ただ目の前の事に没頭して、

それに対して手から手へ、直接

お金を手渡される

 

 

まとまったお金じゃなくて、

自分が認知できる

働きの量に対しての分だけの

お金だったから、余計に

体感が分かりやすかったんだと思う

 

 

そこで得たものは、

お金だけじゃなかったから

 

 

ブログのまんまの

寛人さんがそこにいて、

もちろん、ブログには

登場していないような

「僕だってこういうときあるよー!爆  笑

という話も聞かせてもらいつつ、

 

本当に”生きた教材”そのもので

(私が使っていい表現なのか

 わからなくて、失礼になってたら

 ごめんなさい‼︎あせる)、

私が私の世界のど真ん中に鎮座して、

そのことに遠慮しちゃ

いけないって思ったんだ

 

 

そうしてまた、一人になり、

セッションを募集する

勇気を持てず、ひたすら

ブログセラピーをやった

必要だったから

 

というか、ブログセラピーは

ずっと常に必要なものなんだと

思うんだけど、私には

とにかく必要っていうか…

思っていた以上にガチガチで、

フッと浮かんだくせに

書かないままスルーしちゃって

溜まって爆発するサイクルが

よくあるから、そのフッと

浮かんだ事をどうやったら書けるか

試しているんです

 

 

それで、その後のある日、、

 

私は息子の病院のために

佐賀に行っていたことがあって、

でも、どうしても

新居の掃除がしたくて

急いで帰る事を決めたその直後に、

”それで合ってるよ!”の

サインかのように

八木さやさんから連絡があり、

その内容がとんでもないもので、

「請求書をください」

というものでした…ポーンあせる

 

 

私はこのときのブログに書いた、

「味噌作りに逃げないでください」

以上に、フリーズ…

”道の途中”

 

 

そして、落ち着いてから、

「お仕事に行ってないのに

 どうしてですか?」と

聞きました

 

 

そしたら、

「自分と向き合う時間になったと思います。

 十分、仕事したと思います。」

とお返事がありました

 

 

このときにもまた、

処理しきれないものが

一斉に押し寄せてきたんです

 

 

「お金って、何?」と思いました

 

 

こんなお金のもらい方を

したことがなくて、

そりゃね、

私は恵まれた環境にいるからだ

ということもよくわかってる

 

 

本当は、自分自身で、

自分にお金を生み出していって

あげられるように

ならなきゃいけないし、

そうなりたいし、そうなる

 

 

だから、

”夫と2人で一家のお金をどうにかする”

って考え方を捨てて、

”自分の事は自分で、

 家のお金はお互いの財布から

 どうにかする”

ってことにしたくて、

夫に別会計を申し出た

 

八木さやさんからの連絡は、

そのあとの話です

 

 

そうやって、

自分の事は自分で回すってしたら、

もうどうしたって

自分でどうにかしなきゃ

いけないじゃない?

 

 

それが馬力にもなるし、

でもプレッシャーになることも

まだまだ多くて、

潰されそうになります

 

さっき書いたこの記事がそうです

”自分のためだけに言葉をかけ”

 

 

書きたいのは、

思っている事は、

”自分でどうにかするって決めたら

 お金が回る奇跡が起きたよ”

っていうきゃっきゃした話

じゃ全然なくて…

 

 

ただただ今の私の

お金に対する感じたこと

考えた事・思った事

やっている事を整理したかった

 

 

お金の話って

私の中ですごくタブー、

なぜなら、

今書いている事、本当に

書いていいのか?

って思っているからあせる

 

 

相手の名前を出して、

でも悪口ではないから

大丈夫だよね?と思いながら、

私だけの経験として

出さなきゃって

ぐいぐい押される感覚もあって…ショック

 

 

もう、私の中にあるもの

全部出さなきゃなんだよ

 

 

それしかもう、

私には方法がないんだよ

 

 

自分でお金を回せる私になる

って礎を、今、

刻みつけてる最中なんです

 

 

ああ、私よ、なんでもいいから私に、

大丈夫のサインをください!

 

 

ゆたにえり