雑感

テーマ:

いろいろなブロガーさんが書いています。
悲しい事件ですね。
まずは亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、けがをされた方の体と心の回復を願います。
特にご遺族やけがをされた方が、意味不明な牧羊で傷つけられないことを切に願います。


さて詳細が公式にJW内部から信者に明かされることはないのかと思いますが・・・
この悲惨な事件報道を見ているJWについて、個人的に思うところを記録しておきます。

テレビやインターネット上の情報が偽りに満ちているというJW思考は恐ろしいものです。


といっても事件に関して事実と思っていない方はいません。

そんな事件があったことは認めません。インターネットは嘘に満ちていますから。というJWはさすがにいないでしょう。


https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/241188/1



勝手にリンクを貼りますが

「木本さんもそうした方法で布教をしていたと思われます。

布教は世界中の信者によって自発的、個人的に無償でなされていますので、

地区や時間などについて指示を出すなどの組織的な管理はしておりません。

木本さんがグアテマラに渡っていたことは、こちらでは把握しておりませんでした」(広報担当者)


この部分をJWが見ると、この情報全体は急に組織を貶めようとするサタンの罠になるようです。

○だって他のニュースサイトには書いていない。私の見たサイトにはこんなコメントはなかったから。

(ほほ~ じゃあ、福音書筆者の中でこの奇跡について書いているのはマタイだけですとかいう記事を読んだら、マタイしか書いていないので信憑性は低い出来事ですって注解しろよ~)。


○組織が知らないわけがない。   (うん、そのとおり。)
だからこのネットニュースの一部分は正しいかもしれないが、信用できない。  (なぜそっちに矛先が向く・・・)



結局組織が知らないはずがないのに、知らないふりをしているという結論ではなく、愛のない冷淡な組織だという印象を植え付けようとするサタンの策略だ!!という結論になるみたいです。


あとは組織の指示した場所で事件が起きたとかなんやらかんやら言われたら、世界中の業が滞ってしまう。
それもサタンの罠だ。故人や被害者はそれを望んでいないはず。などと言う悲しい結論に達するようです。


都合が悪いことは嘘になる偏った思考パターンと思います。



あ、そうか。
知る権利のない者に全てを明らかにする必要はないとかいう、(世間的にはそれを嘘というんだよ)論理を盾に。


「・・グアテマラに渡っていたことは、こちらでは把握しておりませんでした」 というのは『偽り』ではありません。

だって、奉仕者は渡航と一時帰国を定期的に繰り返していますよね。いつからいつまで現地にいて、いつからいつまで日本に戻っていたか、何月何日の何時の飛行機を利用して現地に渡っていたのか支部には分かりません。そういう意味で、


「グアテマラに渡っていたことは、こちらでは把握しておりませんでした。」



ということでこの名前を伏せた担当者は良心の痛みを和らげているのかも。

せめて痛んでくれていたらいいのだけど。

せめて悼んでくれていたらいいのだけど。