次のシーズンへ


白を着ている人を見て黄ばんだシャツがあれば教えてあげたい。


【漂白剤を使用しないで白く洗う方法】


用意するのは洗濯ブラシ

プレウォッシュ

洗剤を水と1:1に薄めたスプレー

ホワイト粉洗剤



皮脂汚れが蓄積して繊維の奥にへばりついている。


タンパク質の汚れです。

皮脂は酸化すると落ちにくい為、弱アルカリ性の洗剤を使用して洗濯します。


洗濯をする前が肝心で

洗う10分前にプレウォッシュ液を浸透させます。


繊維の奥の汚れを緩ますために強い力で汚れた箇所を力強く長く叩いてください。


力一杯


使用する洗剤を粉洗剤を使用して、お湯の温度約50度の熱いお湯を用意します。




粉洗剤をよく攪拌させて混ざったら衣類を入れます。

お湯が冷めないように蓋をしておくと良いでしょう♪




1時間つけ置き洗い後に洗濯機で洗浄します。


洗濯とは洗っている最中に汚れが、落ちていると想像される方も多いのではないかと思います。


確かに洗いで汚れが水に移り、黒っぽくなりますが、脱水と濯ぎが肝心なのです。


皮脂が蓄積した汚れは通常のお洗濯では落ちにくい。

そんな時はお風呂場で洗濯つけ置きメニューを自宅でケアしてみてはいかがでしょう?


ちなみに洗濯機での洗浄メニューはこちら💁‍♂️


洗いコースメニュー

【本気洗い 縦型 】

洗い最大分数 15分

濯ぎ ため濯ぎ 2回

脱水 7分


【本気すぎる洗いドラム式】

洗い 20分

注水濯ぎ 3回

脱水4分


これで漂白剤を使用しない白い衣服の本気洗いが完了です。



クリーニングに出してしまう物は極力水洗いを推奨します。


汗による汚れはドライクリーニングでは落としづらく、黄ばみになる可能性も高い。


家庭では、毎回この洗い方だと時間が限られているので季節の変わり目には本気洗いを試してみてください。


本日も皆様にとってより良い洗濯ライフでありますように⭐️



@365washingdays