「なんか弾いているとピックがどんどんズレていくんですけど…」

っていうピックあるある。

一番よく聞かれる質問かもしれません。

そこで、今回はピックがジワジワ回転していってしまう方向けに、よくある原因とちょっとした対策をご紹介したいと思います。


ピックを弦にあてる角度

ピックがズレる原因の1つに、弾くときにピックが弦にひっかかってしまうというのがあります。

そこで気をつけたいのがピックを弦にあてる角度。






ざっくり見るとAとBの2つのアングルを調節する感じになります。

これらの角度はケース・バイ・ケースで微妙に使い分けていく感じになりますが、引っかかりにくいということですとAは1のアングルがオススメです。


弾く方向(弾き方)

角度だけではなく弾く方向も大事です。

例えばアップピッキングを弾くときも、




ざっくりと分けても3方向、他にも色々な弾き方があります。

上記の写真はB-1のアングルで4弦をアップピッキングしようとしているところです。

ここからbcの方向に弾くと引っかかったりします。

b方向に弾くならアングルはBー2c方向に弾くならアングルはBー3、というように調節する必要があります。


力のバランス

な~んて、ちょっと専門家ぶって小難しいこと書いてみましたが、一番大事なのはここです。

それは、ピックを持っている人差指と親指は一定の力で持つわけではない、ということです。

「どれくらいの力で持てばいいのですか?」と聞かれることもよくありますが、

そもそもダウンの時とアップの時では親指と人差指の力のバランスは変わりますし、強弱によってもまた変わってきます。

とりあえず弾いていない時はゆるく持った方がいいですけど、そのままの感じで弾くとズレます。

というわけで、こういう練習をしましょう。



ダウン連打とアップ連打の練習です。

ダウンは大丈夫だと思いますが、アップがやりにくくないですか?

ダウンの時とアップの時では力の入れ方が違うと思いますので、それを感じながらやってみて下さい。


ズレたところからもどす練習

「それでもズレてきちゃう時はどうしましょ?」

ズレたところから戻せるようにしましょう。

戻す方法は二つあります。


   1. 弾いてないスキに戻す

ちょっと音伸ばしてるところとか、お休みのスキに指で戻します。

右手だけでピックを自由に扱えるようにしておきましょう。


   2. 弦を使って戻す。

そんなスキがないときはこれ。



こんな感じで弦に当ててズレたピックを戻します。

ズラしたところから弾き始めてどれくらいで戻せるか、という練習をしておくといいでしょう。



もしズレても戻せる、という安心感が得られます。


さ、いかがでしたでしょうか?


注: めっちゃ手が乾燥していたり、めっちゃ手汗かいてたりというのは別にして、あくまでもテクニカルな面の解決案となっております。


ピックのズレでお悩みの方、やってみてくださいね!