押さえ方の良し悪しってけっこう気にします?

フォームとか力の入れ方とか色々研究されている方も多いのではないでしょうか?


でも、離し方も同じくらい大事なんですよ~

「良い押さえ方は、良い離し方から」

なんてコピーを作ってもいいかも?


「だよねー、離す方もなかなか難しいよねー」

と思った人はこの先読まなくても大丈夫です。


「へいへい、ただ弦から離しゃいいんだろ~、簡単じゃん!」

って人は、是非こちらの簡単な練習(というかチェック?)をやってみて下さい




 まず3弦の5フレットあたりをテキトーな指で押さえてボーンと弾いたら、、、


 さ、指を弦から離してみてください。


 ビョ~ンって開放弦の音が鳴っちゃったらアウト!
  修行の必要あり。


 ほとんど鳴らなかったらOK!
  あなたの離弦レベルはなかなかのものです。

 ※エレキでがっつり歪ませたり、妙に手がしっとりしていると難しいです。



これができたら、次は何か簡単な基礎練習なんかで試してみて下さいね。

もちろん慎重にやればやるほど簡単ですし、テンポが速かったり複雑な練習だとより難しいです。

ただ、ある程度ミュートテクニックができていると開放弦のノイズを無意識に右や左で消してしまうので、
離弦の練習をする時は使わないように気をつけましょう。

ギターで左指を弦から離すシーンはいくつかありますが、
基本的には離すというアクションをするのではなく、押さえるというアクションをやめると思った方が良いかと思います。

あ、なるべく指は弦から離れない方がいいですが、
指を弦から離さないのが目的になってしまうとまた話が違ってきちゃいますから、あまりそこは意識しない方がいいでしょう。

さあ、あなたの離弦レベルはどのくらいでしょうか?