フォームは大事だよ!
良いフォームを覚えようね!

楽器をやっていると必ずといっていいほど耳にするフォームや姿勢の問題。

たしかに大事ではあるのですが、ビミョーに落とし穴もある問題です。


形から入るのもあり

フォームや姿勢から入るというのは、ようは形から入るということです。

ロックキッズがストラップ長くしてテキトーな台に足をかけてヘドバンしながら顔で弾くところから入る、みたいなのとそんなに変わらないものだと思ってください。

ただ、一見無意味にはしゃいでいるだけのようなそれも、体の使い方から音楽的なことまで色々学べたりするので、形からはいるというのも悪くなかったりします。


フォームや姿勢は手段であり目的ではない

形から入るのは、見た目を真似る中で色々掴んでいって、中身もだんだん伴ってくるといいよね方式ですから、
「形を作ること」がゴールになってしまい中身が伴ってこないとまずいです。

良いフォームや姿勢を作ろうとし過ぎて逆にうまくいかないこともありますので、「良いフォーム」や「良い姿勢」にあまりこだわりすぎないようにしましょう。


実はあまりわかっていない?

素晴らしい演奏をするミュージシャンが、実は自分がどのようなフォームで弾いているのかわかっていないことがよくあります。 

言われたり、教えたりする時に始めて自分が何をやっているか考えるなんてこともしばしば、

「お、なるほど、こうしているのかぁ、ふむふむ。これはこうやるんだよ!」
なんて言ってるそれが、やっていることと全然違うなんてことも。

フォームなんてそんなもんだと思ってください。


そういうフォームにしているのか、そういうフォームになっているのか

どうも楽器界ではフォームや姿勢を一定の形ととらえる傾向があるのかもしれません。

スポーツで「フォームがキレイだね」と言ったら、一連の動作、アクションがキレイという意味であることが多いと思います。

フォームや姿勢と聞いて静止したものをイメージしちゃったら要注意。

「良いフォーム」や「良い姿勢」はアクションに移る前の形とかではなく、アクションそのものだと思って練習したり、真似したりすると良いかと思います。