皆さん連打してますか?

今は昔、ゲーム界では某名人が火をつけた連射ブームにより、コントローラーのABボタンはゆるゆるになり、速さを追い求めるあまり爪が削れ、どちらが沢山連打できたかを争うあまり、ついにはカウンター付連打専用コントローラー(もはやゲーム関係ない)が開発された。

そして時は今、ギター界でもじわじわと連射ブームが…

来てるかどうかはわかりませんが、今回はギターでの同指連打のススメです。

同指連打も禁じ手に近かった時代がありましたが、最近は普通に使われるようになりましたよね。

アコギでは普通に使うテクニックですし、うまく使えば色々有利になります。

そこで、 同指連打の利点と欠点をざっくりとまとめてみようと思います。


利点

音色をそろえやすい

ギターという楽器は多彩な音色が魅力の一つとなっていますが、それだけに音色をそろえるのは一苦労です。
特に違う指でそろえるのは、あらためてやってみると意外と難しいものです。
でも同じ指で弾けば簡単ですよね。


強弱をそろえやすい

同じ理由で強弱も指を変えない方がコントロールしやすいでしょう。
指によって指の形や爪の形、強さや器用さも違いますからね。


指使いが分かりやすい

スケールとかim交互で弾くと途中でどっちか分からなくなったり、なんてことありません?
はい、練習しましょう。

ただ、早くないフレーズの弦移動なんかは無理に指換えるより弾きやすくなることもあります。

楽することはけっして悪いことだけではありませんね。

ね!


声部が分かりやすい

多声の曲の問題の一つは声部間の指の受け渡しです。
これもフレーズによりますが、可能なら指ごとに声部を分けちゃった方が簡単なことがあります。

ソルの月光なんかがいい例ですね。


欠点

力みやすい

特に早い連打は力みやすいから気をつけましょう。
力むと思わぬ箇所にアクセントがついてしまったり、音が硬くなったりと、色々不都合がおきます。
連打を力まずにコントロールできるようにしておくと便利です。


ポジション移動が多くなってしまう

左手を指一本で押さえるとしたらポジション移動が激しくなりますよね。
同様に右手も指一本だと弦移動がポジション移動になって安定しないことも。


音色を変えにくい

ギターの運指は必ずしも弾きやすさだけで決められているわけではない、ということは覚えておきましょう。
音色を変えたり、アクセントをつけたり、というような目的で指を替えることもあります。


と、まあこのように一長一短あるわけですが、とりあえず連打もアリだということは知っていて損はないでしょう。
また、指をかえるリスクも無視できないところです。

人によってテクニックのバランスは違いますから誰にでもとはいきませんが、人によってはかなり弾きやすくなったりすると思いますので、是非お試しください!