【3月31日まで】リトリーブサイコセラピーのモニターを募集してます音譜

リトリーブサイコセラピー(心理セラピー)ってなに?という方はこちら>

 
■モニター詳細
【日時】
旗 平日(月・水・金) 10時~16時スタート
旗 土日 10時~
 
【会場】
旗 仙台駅周辺

【料金】
旗 2時間 10,000円 (3/31迄のモニター価格)
 
【モニター条件】
旗 セッション後1週間以内に感想を頂ける方
旗 HPに感想を掲載可能な方

>お申し込みはこちらから>
(※携帯電話からの方は、ドメイン指定受信で(gmail.com)を許可するように指定してください)

 

 
:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-
 
今回のブログは、実家を出たいと思いつつも
なかなか踏み出せないあなたに送ります。
 
 
実家を出ない理由はいろいろだと思うんですよね。
 
家賃がかからない、ご飯が出てくる、子供の面倒を見てもらえる
一人暮らしは寂しい、親が病気(介護)、ペットと離れたくない、結婚が決まるまでは…
仕事が軌道に乗るまでは…等など。
 
実家に居るといろいろと都合がいい部分もある反面、やりたくないことをやっていて不満が溜まっていたり、親にイラついていたり、本当は居心地の悪さを感じている。
 
それなのに、「年齢=実家居住歴」になっている人や
一度は実家を出たものの、失業や離婚がきっかけで戻ってしまう人って多いんです。
 
はたまた、「実家を出たい」という自分の欲求に気づいていないというパターンもあります。
(実際は自分で気付かないようにしているだけなんですけどね)
 
今はあれとあれとあれがあるから、まぁいつかは…なんて思ってる人が
実家を出られる日が来るかと言ったら
 
うーん…難しいですね(笑)
「いつか」はいつまで待っても来ません。
 
 

実家を出られない本当の理由

 
「○○したいのに出来ない」の心の奥底には
実は「○○したくない」が潜んでいます。
 
「○○したくない」にはもちろん理由があるんですが
自覚出来ている人はほとんどいないと思います。
 
で、実家を出たいのに出られないという場合
なぜ実家を出たくないと深層心理では思っているかというと…
 
「罪悪感」があるから。
つまり、実家を出るのは親や家族に悪いという罪の意識。

 

揺さぶられる罪悪感

 
自分が実家を出たら、「親がダメになってしまう、家族がバラバラになってしまう
壊れてしまう」ような気がしている。
 
そして、「親や家族は自分が守る存在であり、自分なしでは生きられない存在」
のような気がしている。
 
事実がどうこうじゃなくて、本人の感覚です。
 
だから、実家を出て自分の好きなように生きるのは「悪」であり
親や家族を見捨てる行為、裏切りの行為だと思っている。
 
無自覚にですけどね。

 

家族を守るという使命感

「可哀相な親、不幸な家族を自分が守らなければいけない!」
「親を幸せにするまでは自分は幸せを欲してはいけない!(欲しがりません勝つまでは!)」
 
という使命感を持っているので、この使命に反する行動を起こそうとすると
罪悪感が足をグイっと引っ張り動きを止めるんですね。
 
「おいおい、お前は悪い奴だなぁ、可哀相な親を置いて行っちゃうの?
自分だけ幸せになるつもり?
うわー最低。
お母さん泣いちゃうよ、死んじゃうかもよ、それでもいいの?

それに、この使命・役割を手放したら、お前に何が残るの?」

 

深層心理ではこのように、「親(家族)を見捨ててはいけない」「自分だけが幸せになってはいけない」等と思い込んでいるので、実家を出るどころの話じゃなくて、幸せになることにも自らストップをかけている状態。

 

役割を降りるという恐怖感

そして、この「親(家族)を守る」という役割で生きてきたので
役割を降りる恐怖もあります。
 
例えば、家族がひとつの会社だとしましょう。
あなたは社長で部下達(親)を長年守ってきました。
 
しんどいこともたくさんあったでしょう。
でも、部下達の為に奮闘する充実感や、部下達より自分が上という優越感を感じていたとしたら…
社長のイス手放せますか?
 
また、長い間、社長しかやってきていないので
社長という役職以外は自分には何もないと心のどこかで恐怖を感じていたとしたら
社長のイス手放せますか?
 
ということなんですね。
 
 
罪悪感・使命感・恐怖の3本柱
手強いですねぇ…(>_<)
 
 
「じゃあ、どうしたらいいんだ!」ってなると思うんですが
長くなったので続きは次回のブログにて。