私ね、「感謝」って頭で考えるものじゃなくて、

自分の内側からジュワジュワーっと、湧き上がる感覚だと思うんですよ。

 

 

育ててもらったんだから感謝しなさい!

 

こんな風に誰かに強要されるものでもなく、

 

 

(いろいろ嫌なこともあったけど…)でも、別に虐待されたわけでもないし、

何不自由なく育ててもらったんだから感謝しなきゃ…

 

こんな風に自分に言い聞かせるものでもないと思う。

 

 

先日、セッションにいらしたクライアントさんが、

心療内科の医師にこんなことを言われたそうです。

 

 

「過去に何があったとしても、今まであなたを育ててくれて、大人になった今も心配かけて面倒みてもらっていることに感謝しなきゃダメだよ」

 

 

このクライアントさん、処方されたお薬をぶん投げて病院を後にしたそうです。

 

 

「うわーそんなこと言われたんだ。腹立つねぇ」私がそう言うと、

 

「そうなんです!私すごく腹が立って…」と、興奮気味に話をしてくれました。

 

 

医師の言ったことが全て悪いなんて私もクライアントさんも思っていなくて、

ただ、信頼関係という土台が構築されていないと、薬のつもりで発した言葉だとしても、受け取る側にとっては毒になってしまう可能性があるということ。

 

 

まぁ、私がクライアントさんの立場だったら秒殺で心のシャッター閉めてたな(笑)

親との関係で心が苦しくなって病院行ったのに、お金払ってお説教されたらねぇ。

しかも、初対面のおっさんに。

 

 

感謝できない、いや、感謝したくない理由の根底にあるのは、

 

「生まれてくるんじゃなかった」「生きてても何も楽しくない」

 

自分の存在の否定、生きることへの否定的な思い。

 

 

感謝っていうのは、「生命(いのち)」への肯定から生まれるもので、

 

「私は生きてていい」「生まれてきてよかった」

 

心からそう感じた時、命のルーツである両親や、自分を支えてきてくれた人・物・

環境に感謝せずにはいられなくなる。ほんと、これ不思議。

 

 

私が親に「ありがとう」という気持ちが湧き上がるようになったのは、

実はつい最近のことでして(てへっ)

 

 

長い間、自分でも気付かないほど、親をずーっと責めて憎んでいたし、

そして、そんな自分もイヤでイヤで仕方なかった。

 

だって、本当は親のことも自分のことも愛したいんだもん。

だからそう出来ないのがツラくて苦しかった。

 

 

どうやってそこから抜け出したか?

 

 

それはね、とことんひねくれて拗ねたんです(笑)

暴言吐いて、怒り狂って、わんわん泣いて、気が済むまで絶望した。

 

 

その期間はツラいけど、人間はやり切ると満足するんです。

「あ、もういいや」って。

 

 

そして、もうひとつポイントがあって、そんな自分を見守ってくれる人が居たということ。

 

 

自分の闇(ネガティブゾーン)と向き合うのは、ひとりだとやっぱ難しいんですよね。

どうしても耐えられなくなる。

 

 

人は人で傷つき、人によって癒されるんだなーと改めて思う。

 

 

今ね、もしあなたが、「親に迷惑かけたんだから、育ててもらったんだから…」って自分に言い聞かせて、心が苦しくなっているなら、グレることをおすすめします(笑)

 

 

心が苦しくなる人って、感受性が豊かでいい人が多いんですよ。

なので、私のセラピストとしての役目は、クライアントさんを健全に不良の道へと誘うことかなと(違うか)

 

 

グレるってどうすればいいんですか?という人は、こちらから門を叩いてください。

 

 

悩みを相談したいけど対面は抵抗がある、その他諸々事情がある方は、まずは電話カウンセリングを受けてみるといいかもしれません。

 

 

↓詳細はこちらのバナーをクリック!

 

 

トレーニングを受けたセラピスト達が、あなたのお話を聞いて

今起きている問題や悩みの根本原因を探り、整理させていただきます。

 

 

原因が分かれば解決の方向、今後どう生きていくか?という指標が立てられます。

そして、自分の気持ちを言語化するというだけでも心がフッと楽になります。

 

 

ぜひ、お気軽にお申し込みください。

私、阿部幸愛も担当カウンセラーとして参加してまーす!(※現在、回線トラブルの為お休みしておりますが、5月には復帰予定☆)

 

 

2018年も早2週間が経ちましたが…

 

明けましておめでとうございます。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます!

 

昨年の秋頃に大きな別れ、そして、生活にもたくさんの変化があり、

なかなか落ち着かない日々が続いていました。

 

ようやく自分のペースを取り戻してきたので、今年はブログを通して、

もっと多くの方と繋がりたいなぁと思ってます。

 

動画もUPする予定なので、ぜひ観てくださいねー。

 

 

 

 

 

今日は大崎八幡宮のどんと祭でお正月飾りなどを焚き上げてきました

 

 

 

例年より気温は高い方だけど裸参りの方々はプルプル震えてた(´Д`;)

 

 

 

ではでは、新年一発目のブログは、これ!

 

「転職すれば問題は解決か?」です。

 

 

年末のセッションで多かったテーマが「転職」でした。

 

 

・やりたい仕事はあるが、なかなか動けない

 

・転職したいけど、これといって何かやりたい仕事もない

 

 

後者の方の場合、そもそもなんで転職したいのか?そこを掘り下げていくと、

最終的にぶち当たるのが「人間関係の問題」と「自己重要感の問題」なんですよね。

 

 

・上司や先輩の反応が怖くて言いたいことが言えない、自由に行動できないからツラい

 

→自由に行動して、攻撃される、嫌われる、居場所がなくなる恐怖を感じるぐらいなら転職したい

 

 

・出来ない自分やダメな自分を知られるのが怖くて、出来るフリをしてしまう、助けてが言えないからツラい

 

→ありのままの自分を見せて、がっかりされる、見下される、ダメな自分を感じるぐらいなら転職したい

 

 

今の状況が嫌だから逃げたい!という恐怖が転職に気持ちを向かわせている状態なんで、私はクライアントさんに断言します。

 

 

「転職したところで、また繰り返すよ」

 

 

いつも穏やかでにこやかな上司や先輩、

自分から何も言わなくても、気持ちを察してくれる周りの人達、

自分のプライドが満たされ、無価値感を感じなくて済む仕事…。

 

 

そんな夢のような職場を追い求め続け転職を繰り返すのも良し。

 

 

だけど、社会はそんなに甘くない。

あえて転職回数の多い人を採用する企業は少ないのが現実。

年齢が高くなればなるほど、より深刻になってくる。

 

だったらまずは、自分の恐怖と向き合うことを先にした方が断然いい。

 

人の顔色や言葉に揺さぶられる自分

出来るフリをしちゃう自分

弱い自分、ズルい自分、黒い自分

 

目を覆いたくなるような自分がたくさんいるかもしれないけど、

みんな同じだから大丈夫。

 

あなただけじゃない。

私もそうだった。

 

ブログじゃ書けないような私の恥ずかしい話、たーくさんあるんで、

興味がある人はセッション後にお聞かせしますよー(笑)

 

では、今日はこの辺でー。

まったねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

心理セラピーを受けるのちょっと…という方や、お子さんが小さくて外出が難しい方、

対面だと恥ずかしくて悩みを打ち明けられないという方は、電話カウンセリングを受けてみるといいかもしれません。

 

↓詳細はこちらのバナーをクリック!

 

トレーニングを受けたセラピスト達が、あなたのお話を聞いて

今起きている問題や悩みの根本原因を探り、整理させていただきます。

 

原因が分かれば解決の方向、今後どう生きていくか?という指標が立てられます。

そして、自分の気持ちを言語化するというだけでも心がフッと楽になります。

 

ぜひ、お気軽にお申し込みください。

私、阿部幸愛も担当カウンセラーとして参加してまーす!

 

 

 

そうめんはいくら食べても太らない食材だと思っていたのに…

 

意外にカロリーが高いと知ったのは、

2ヶ月ぶりに体重計に乗った後でした(4キロ増☆)

 

この夏、浮き輪肉が標準装備となりました。

 

こんにちは!

さっつんこと、心理セラピストの阿部幸愛です。

 

 

 

 

さてさて、今月の19日・20日の2日間、リトリーブサイコセラピー東北プロコースの卒業合宿が松島で行われました。

 

 

 

 

宴会では終始笑い声が会場に響き渡り…

(ん?手前に怪しいナースが写ってるぞ)

 

 

 

 

とってもステキなプレゼントを受講生の皆さんからいただいたり

 

 

 

 

 

宴会の後は、花火大会!

(女装に目覚めたナースが日本製の花火の素晴らしさを熱く語る一場面も(笑))

 

 

 

 

あー楽しかったなぁ。

みんな子どもに戻ってはしゃいだね。

 

プロコースの前段である基礎コースが始まったのが去年の7月。

 

約1年間、皆さんのサポートをさせて頂いたわけなんですが、

この東北3期はほんっと仲が良かった。

 

だからこそ中には、「みんなは仲が良いのに私だけ…」と孤立感を感じたり、

「こんなこと思ったり、言ったりしたら仲間でいられなくなるかも…」と不安になって自分の気持ちを隠していい人を演じたり。

 

思い当たる人たくさんいるんじゃないかな?(笑)

 

それでも、なぜ孤立感を感じるのか、なぜいい人を演じてしまうのか、などなど、

自分の問題として向き合い、本来の自分を取り戻す(リトリーブ)ことにひたむきだったね。

その姿に尊敬と感動の連続でした。

 

卒業してからが本番です。

 

自分を取り戻す道は、真っ直ぐな1本道ではありません。

 

楽になったなぁ、良くなったなぁと思った途端、抑圧してた怖れが噴き出すことも。

それは、人は安心安全を感じると、次の課題に進もうとするからなんです。

 

そんな時、痛みに圧倒されそうになったり、混乱してどうしていいか分からなくなったとしても、

それは回復に向かっている反応であり、その恐怖と向き合う準備が出来たと思ってください。

 

行きつ戻りつしながらも、以前に比べると生きやすくなったなぁ、人と居るのが心地よくなったなぁと感じられることが大切なんです。

 

この講座で、セッションや仲間を通して「受容される」「優しや温もりで人と繋がる」ことを体感したと思います。

今後は、自分が自分を受容する、自分の内側に大きな味方となる自分を育てていく、そんなことを意識しながら、どんどんリトリーブしていきましょー!

 

これからも皆のこと応援してっからね!

 

 

 

 

この1年間、講座のアシスタントとして共に泣き笑い、励まし合い、

高め合った仲間がこの度心理セラピーのモニター募集を始めました。

 

 

陽気で熱いハートの持ち主、そして2児の母でもある、

仙台のセラピスト 菅原美奈!

 

 

 

 

 

クライアントに寄り添いながらも、冷静に問題の核心に迫る、

新潟のセラピスト 田中恵!

 

 

 

この機会にぜひセラピーを受けてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

心理セラピーを受けるのちょっと…という方や、お子さんが小さくて外出が難しい方、

対面だと恥ずかしくて悩みを打ち明けられないという方は、電話カウンセリングを受けてみるといいかもしれません。

 

↓詳細はこちらのバナーをクリック!

 

トレーニングを受けたセラピスト達が、あなたのお話を聞いて

今起きている問題や悩みの根本原因を探り、整理させていただきます。

 

原因が分かれば解決の方向、今後どう生きていくか?という指標が立てられます。

そして、自分の気持ちを言語化するというだけでも心がフッと楽になります。

 

ぜひ、お気軽にお申し込みください。

私、阿部幸愛も担当カウンセラーとして参加してまーす!