摂食障害が教えてくれること
  • 28Aug
    • バイバイ、摂食障害。

      最後に起こった過食嘔吐の症状記憶しているのは、7月中旬摂食障害行動がなくなってそろそろ約1ヶ月半先日、最近のワタシ。の記事で書いたように食べ物への執着も囚われもない穏やかな日々を過ごしています。どこからともなくやってくる食べ物を詰め込みたい欲求のソワソワえーーーい食べてしまえッッ怒涛の追加過食。。。そして後に訪れる自己嫌悪の渦食べ物と対面するたびに湧き上がる他人からは計り知れないだろう心の葛藤スーパーの食品売場をウロウロ気がつくと食料いっぱい詰まった袋両腕いっぱいかかえて一目散にお家へ急ぐワタシ誰かと一緒に食事をすることへの苦痛お皿の食べ残しが気になって気になって食べたくて食べたくて。。。人と一緒にいる時に感じる距離感、違和感、疲労感ストレスな出来事に対処できず次々に生まれ出る心のモヤモヤそして1人になりたい欲求健康で居たい本音と裏腹に摂食行動を繰り返しいつまでたってもそこから抜け出せないでいる自分への虚しさ。。。ムクミとの戦い顕著に現れる身体の不調いつか病気になるんじゃないかという不安そんなものから開放されていることがどれほど自分自身の精神の安定へ繋がっているか身をもって今、感じています。13年間、来る日も来る日もまるで毎日の日課であるかのように繰り返してきた過食嘔吐摂食障害の治療を始めて自分自身と向き合いながら確実な回復へ向かっていること寛解と呼ぶか、完全な回復と呼ぶかはどちらでもいい事だけどそれを経験した本人が身を以ってわかる感覚だと思う摂食障害行動と共に生きてきた長かった13年間はやっと終わりを迎えることができましたと言わせていただきます!!今まで本当にありがとう。そしてバイバイ、私の摂食障害バイバイ、摂食障害だった私

  • 27Aug
    • 理解不能なファッションセンス!!

      お盆前からフィリピンに来て今日で2週間と少し経ちますが色々とあって忙し〜!笑南国とはいえ日本の夏ほど暑くならないのでとっても過ごしやすいです今日は摂食障害と全く関係ないんだけどフィリピンあるある〜的なおもしろネタをお届けしま〜すじゃじゃじゃんこのとってもステキなファッションセンスもういっちょイヤイヤイヤ。。。嘘でしょってマネキンの髪型も去ることながらそんなコーデってある?!なぜ、なぜそれをマネキンに着せた?!という突っ込みどころ満載ここは庶民のショッピングモールなのですが毎回このマネキンが来ているコーディネートが微妙すぎて私の中ではかなりツボお国が変われば、オシャレ!と感じる感覚も変わるものなのよね。ということで楽しんで頂ければ幸いです

  • 02Aug
    • 最近のワタシ。

      最後の更新が6月10日だっていやーん、約2ヶ月もブログ放置してました。うん、でも書きたければ書くってことにしてたからとっても自然な流れです。みんさん、元気にしていますか?ブログ拝見出来ていなくてごめんなさい。ほんと気まぐれ更新!笑まぁ、こんな私も私です後ほど、久しぶりにみなさんのブログ拝見しにいきまーす♡最近のワタクシについて、簡潔に表すと“普通の人のように暮らしています”といったかんじ。えっと、普通の人?! そもそも”普通の人”の定義ってなによ?!笑(自分で突っ込む)さておき見て見て大量のお菓子♡過食用ストックではなく。笑日本のお菓子、美味しくて大好き♡といつもお土産を楽しみにしているフィリピン人のスタッフやお友達のお土産用に買ったもの(治療の為に日本に戻ってきましたがもともとはフィリピンに住んでいます!経緯はこの記事に)※これまで国名は伏せてきたけどもーいーやー!隠す意味もない!笑これを買い出しに行ったのは約1週間前。。。そして今も私の部屋の中でお菓子ちゃん達は全員無傷で生き残っています。笑わかりますぅッッ!?この奇跡的な光景過食を誘発させるお菓子達が大量に自分の部屋にいつでも見えるいつでも手の届く所にいるのにソワソワの葛藤もなくちょっとだけ、いただいちゃお♡などもなく残っているという奇跡ッ!むしろその奇跡にさえ気付かず一昨日くらいにふと『アレッ!?』『私、食べてない!?』と気が付いた瞬間に感動したくらい全くお菓子が目に入ってなかったの過去に何度となくやらかしてきたお土産用に買ったお菓子を自分の過食用として食べちゃったってヤツ〜はお決まりコース前回、お土産食べちゃった事件の記事。笑摂食障害の人ならわかるかな?この感覚。何がどうしてそうなったのかこれだー!って理由はないただ、あれだけ強い執着があった”食べ物” にそれほどの関心がなくなっていて当然、過食もなくなんか物足りなくて食後に食べるお菓子とかコンビニでグミやら飴やら小袋のお菓子を携帯してだらだら、ちょこちょこつまむこともない毎日毎日、自分を制御できないまま吸い寄せられるように通い詰めていたスーパーのお菓子やパンコーナーお菓子のパッケージに魅せられて生唾飲み込みながら同じコーナーをぐるぐるぐるぐる回りながら大袋入りのお菓子をカゴにポンポン突っ込んで甘い香りを放出するパン屋さんやケーキ屋さん前を通るだけでドキドキソワソワダメダメと思いながら目ではしっかり追いかける自分では無意識で自覚がなかったけどそんなことが最近ではすっかりなくなり後になって気がついてアレっ!?そういえば私お菓子の売り場を見ることもなく素通りして違うものを買ってた。。。食べたいな何か食べたい今日はやめようかいや少しだけなら買っちゃおうかないやダメダメこのまま帰ろう今日も過食しちゃうのかな?ダメダメまた同じことしてる!食べたくて苦しい食べ物に囚われて日常のほとんどの時間を食べる食べないに使ってきた私いつもいつも食べ物のことでいっぱいだった頭の中そんなこんないつも葛藤しながらこれまでやってきたことが最近では本当になくなって食べ物以外の色々なことで頭がいっぱいになっているとゆうだから、今の私を表現するときに"普通の人みたいに暮らしています"となりました。ブログを書いていない約2ヶ月間のこと治療を受けている対人関係療法のこと私の症状の移り変わり、最近の状況などいろいろ書いていこうかなぁとそんなことを考えています。また、みなさん、よろしくお願いします

  • 01Aug
    • ”さよなら” が言えなかった。

      ふと、ブログ書こうかな〜と思い立って久しぶりにアメブロをポチッとなんだかとっても今寂しい気持ちになってしまっていつもいつもコメントくださってた方達何人かのブログがすでに閉じられていていなくなっていたこと。今日が約2ヶ月ぶりの更新いろいろ、みんなも変化していて当然かな。だけど、なんとなくいつもの人が繋がってるみなさんがきっと戻ったら前と同じようにここにいてくれるんじゃないかって期待してたんだ”さよなら”と私なりの何かしら応援の言葉を伝えられなかったことがさみしすぎるだけどきっと体調も良くなって今ではしっかり前を向いて歩いてるはず!素敵なご縁をありがとうございました。またいつか、どこかで。

  • 10Jun
    • ドランゴンボール集めてます。

      摂食障害を掘り下げていくと答えの出ない(答えのない)問題とか疑問とか一つ一つに参考書みたいな説明付きであ、なるほどねー!なんてすっきり理解出来ないことにたびたびぶち当たる心に関することは目に見えないからふわ~っとした感覚的な言葉で抽象的に表すことしかできないことが多いじんわりなんとなく感じてみてそうなのかもしれないこんなかんじなのかもしれないとかなんとか正直ハッキリしないもので数学の問題みたいに方程式をあてはめて出てきた答えは一つなんてこと残念ながらあり得ないんだな〜だからもどかしいだから苦しいだから不安になるでもわかりたくてなんとなくではなくて心の底から落ちる感覚をどうしても探してしまう私です。そんなことしなくてもいいし気になるならすればいいしこれも人それぞれ自由摂食障害を発症した根本の原因は100人いれば100通り育ってきた環境や性格傾向これまでの道のりは皆違うこれをやれば絶対治るなんていうもの“絶対”なんてこの世に存在しなくて医療機関心理療法食事改善スピリチュアル家族の助け学校や職場、結婚や出産などの転機誰かの大きな影響夢中になれるものが見つかったetc...100人いれば100通りの感じ方や考え方、反応があってそれに同じく100通りも治り方があるってことそれもよく考えたら当り前なんだよねなんでこんな事を書いてるかって私は今でもまだ過食嘔吐の症状があってひどくなったり止まったりなんてことを繰り返しているんだけどでも、私がこれまで治るためにやってきたこと今も治るためにやっていることはどれ一つとっても無駄なことなどなくて何一つ変化がなかったとか何一つ得るものがなかったとかなんてこともなくて気がつけるようになったこと出来るようになったことが本当に沢山あってこれだけで凄いことだと思う。そして、『興味があったり、知りたいと思ったりやってみようと少しでも思うことがあったらなんでもやってみたらいいよ』と彼が言ってくれたように最近は、気になった本を片っ端から読んでいて興味が強いものについてはセミナーに参加したりこれはただ知識を得ることが目的なのではなく自分の中にどれだけ沢山の気づきが得られる自分に心に何が響いてくるのかを大事にしていてなんでもハナから否定したり諦めたりせずに興味の赴くままにやっています。摂食障害にならなければ興味をもつことも考えることすらもしなかっただろう事今響いてくる言葉も違って聞こえていたはず摂食障害を治すために今やっていることが結果的には私という人間の幅をもっともっと豊かにしてくれるそんな気がしていてこれはとてもありがたいことそんな感覚今私がやっていることを例えるなら、ドラゴンボールをかき集めている最中旅をし冒険しながら時には敵と戦って出会い別れ、泣いて笑ってそして最後の7つ目が私の手元に来たときに何か大きな変化が起こるんじゃないかそんなイメージだから焦らないで楽しむ食べるとか食べないとか吐くとか吐かないとか痩せたいとか太りたくないとかそれって実はほんの一部目に見えている、うすーい表層的なものにすぎない大事なのは自分をちゃんと生きてるかってことちゃんと自分が自分の人生を生きるために今できることを少しずつ積み重ねていくそんなことを考えています。先日、青山フラワーマーケットのティーハウスでお茶した時の最初はお花の美しさに感動していたけど数分もしないうちに、全ての興味はがデザートへ笑やっぱり花より団子みなさんの心が今日も穏やかでありますように。いつもありがとうございます

  • 24May
    • SNSと体重計

      FacebookInstagramSNS断ちして4ヶ月彩りのない日常本当は空っぽな自分今どこへ向かっていて今の私には何があるのか楽しくて幸せで充実している風に装ったステキな写真と言葉でフィードを飾り立てる私はイケてるだろうか私はイキイキして見えているだろうか自己満足ならいいのに誰と比べて何と張り合っているのかもっと可愛く見えるようにもっとステキに見えるようにもっともっと一生懸命の裏には誰かに称賛されたり誰かに認めてもらい気持ちが隠れていてそれを得ると安心できたのだろうか他人が切り取ったプライベートの切れ端を毎日毎日、暇さえあれば開いて眺める誰が今どこで何をしていてどんな日々を過ごしているかを確認する他人の投稿を見ながら無意識でざっくりと3種類の判定を下す①私よりすごい人②私よりすごくない人③どーでもいい人①は劣等感または嫉妬を生み②は優越感にひたる③は自分の時間を無駄にしていることに気がつくため息ついたり虚しくなったり無力を感じたり安心したり焦ってみたり数分間の閲覧作業で、実に忙しい心の動き驚くべきは健康的でポジティブな感情が一つもないこと昨日、久しぶりにFacebookを開いたらいいも、悪いも好きも、嫌いもこちらの都合に関係なく怒涛のように情報が流れ込んでくる・結婚した人・子供ができた人・TEDに選ばれスピーチしている人・着々と夢を実現させていってる人・好きな仕事に没頭して輝いている人・外資系の客室乗務員になった留学時代の同期・大手企業に就職していっちょ前な社会人として 成長している、あの当時、ヘナちょこだったインターン生喜ぶべきおめでたいニュースいいなー!すごいねー!と言葉をかけたいニュースもいいね!すら押せない自分理由は簡単足踏みしている今の私1人だけ置いてきぼりになったような不安何かやらなきゃ取り残されちゃうという焦り表と裏でせめぎあう心感情が浮き沈み心を左右されるような情報がここにはたっぷり溢れてるやっぱりSNSとは適度な距離を保つほうが今の私は心地よく過ごせそうだからもうしばらくはこのまま横に置いておこうこれが今の私にとって最良な選択そうそう、これって体重計と同じ体重は測っても測らなくてもどっちでもいいもの元はといえば健康管理の指標となるツールなだけ体重計自体は敵じゃない体重を測ることがダメだとしてしまうと今度はそれに強い執着が生まれて測りたい、測ってはダメ、気になって仕方ない体重計が怖くなってくるもしも今、体重を測って数字を見てその数字に気持ちが左右されるようなら今は少し横においておこうそれが今の私にとって最良な選択そんな感じで、いいのではないかな。ポイントは“今の自分”という部分で今の自分の体調や状況ではこの選択が最良だけどあくまでも今に限った話で、永遠ではない明日、1ヶ月後、1年後には変わってる可能性があることってことだからここに、限定的な意味合いは存在しない私達って“適度に”が苦手なんだ。笑良いか、悪いか好きか、嫌いか見るか、見ないかやるか、やらないかできるか、できないかだけどきっと今は必要だから取り入れてみよう今は必要ないから横においておこうまた必要になったら取り入れよう毎日は多いから週2回にしよう今の自分には月1回くらいが丁度良さそうだとか人でもモノでも何でも無理して頑張らないで心地いいと思える範囲で負担のない程度に自分自身の状況を見て心や体と相談してその時々、適度な距離感で上手に付き合うようにするそしてどんなチョイスをするのかは自分の体調や状況と相談した結果自分で選んで決めたという点にあるこれはつまり自分の心の声を聞いて自分自身を大切にしてあげてるってことになるんじゃないかと思う今の自分にとって最良の選択をできている自分物事ともいい距離感で付き合えるようになっている自分自分を大切にできている自分に対して“とってもいい感じ” を感じられるようになってくる。心がけていることはダメなものを作らないことダメなものが良くなる時もあるし良かったものがダメになる時もあるその時々で変化して当然だから何事も決めてしまない決めごとをつくると自分の世界に縛りが出てくる縛りがあると不自由さを感じて動けなくなるそうすると、許可食なんて言葉が出来てくるんだ。笑そんなことを考えています。いつもありがとうございます

  • 20May
    • 超絶オススメ本

      おもむろにアメブロを開いては閉じそんなこんなで最近はブログ更新の間隔が空いていて皆様の記事も拝見できていなくてごめんなさい当分はこんな感じで自分の気の向いた時に書きたければ書くというかんじでやっていきたいと思ってます読んでくださる方がいることとても幸せに感じています。いつもありがとうございます。今日は最近読んだ本の中で超絶オススメな本を紹介します!対人関係療法の第一任者であり摂食障害や精神疾患の治療者として知られている水島広子先生が執筆されています。コレほんと!!みなさんに、読んで欲しい 小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ 1,512円 Amazon タイトルからして自己啓発本的な匂いがぷんぷんするのですが。。笑決してそういった類の本ではないまた、精神科医の立場からの見解で医学的アプローチ?かと思いきやそうでもなくむしろ身近に私達が感じている不安やストレスとどのように付き合っていくか悩みや問題にどのように考え、どのような態度で対処していけば楽に生きられるのかということがとってもわかりやすく書いてあります。日常にあふれる場面を例にとっているので身近なことで共感しやすくうなずく箇所がたくさんでとにかく読みやすく、理解しやすい!!例えばこんなかんじ。・外見ばかり気にしてしまう →自信を外見に求めると逆に満足できなくなり、欲求は加速して自分を苦しめる・勝ち負けにこだわる →強い自信のある自分を装っているので、本当は弱いということを知られたくない・他人と深い関係が築けない →本当の自分を知られるのがこわい・自分のケア →自分自信をいたわり、大切にすることが苦手・成果をあげないと自分が許せない →成果をあげることで人間としての価値を保っていると思っている私達は『自信がない。』という言葉をよく口にしたり耳にしたりするけど『本当の自信ってなんだろう?』という自信の定義を考えることから始まり生きている中で様々に起こる問題をどのような態度で、考えで、心で在るべきかというようなことが書いてあります。言ってることはわかるんだけどじゃ実際どうすればいいの?ソレが出来ないから悩んでるんじゃん!というジレンマが解けていく水島先生の書いた摂食障害に関する本だいたい読んできたんだけどこれは一般の人を対象にして書かれている本で今のところ私の中でナンバーワンです。この本から学んだことは沢山あるんだけど特に大きなものはコレ。“できなくても、今はこれでいい” 十分一生懸命にやっていると受け入れるどんな自分で在りたいのかをイメージ『私は     で在りたい』ということ大事にして生きるこれって、自分が軸になる言葉これまで翻弄されていた外部からの刺激他人の意見や評価の影響を受けることなく自分の世界を軸として生きれるようになる自分はどう在りたいのかをいつも考えて過ごすようになってまた少し、私の世界を強くするアイテムを手に入れた気分です。とってもオススメなのでよかったら是非、手にとってみてください。では、また

  • 07May
    • 心の在り方

      みなさん、いつもコメントやいいねを下さって本当にありがとうございます。無意識で作りあげるマイルールがまだまだ取り払えない私ですが規制をとっぱらって、もっと自由に私の言葉で想いを綴っていきたいと思っていますこれからもみなさんと摂食障害の克服、完治に向けて一緒に頑張っていきたいです変な冒頭。。。笑なんだか一言、言いたい気分でした。最近、真面目〜なかんじの流れなのですが今日もそんなかんじ。摂食障害を治すには『現在の自分を知ること』がとても大事だなぁと私は感じています。自分の人生を生き辛くしているその根本にある、物事の捉え方極端に偏った見方、判断や行動によって自らの世界を狭くして、苦しめていること日々の生活の中には、実際に大きなストレスを感じるような出来事があるないに関わらず些細なこと、無意識の中にも『心が揺れ動く』出来事はたくさん起こっていて例えば、・キラキラ、イキイキして見える友達のSNSの投稿を見た時・さっきの会話途中、友達の顔が心なしか曇ったな・目の前にいる彼氏のつまらなそうな態度・私の彼、この間相談したばかりの内容を全く覚えてなかった・目の前に道を塞いでいる人がいてイラッ・友達の結婚式の招待状を手に、私はまだいーや、独身謳歌するんだ♫・約束してたのに、友達の急なドタキャン・昨日寝ずに準備したのに企画自体が急遽変更になった・友達が痩せてとってもキレイになってたこれらは、これまで私に起きていたことから思い出して書き出してみたけど、こういったことが起きている全ての瞬間この出来事の裏で、不安、怒り、空虚、自己嫌悪とかネガティブな感情がたくさん湧いているんだよね。ここから生ずるマイナスの感情は発散できず行き場を失くしたエネルギーとして蓄積され強大な過食のパワーを生み出す原因になっていくなんかそんな風に思います。『心が揺れ動く』に対処していくには自分のいつもの考え方、捉え方を少しずつ変えていくことなのかなと思う。最初は難しいので、同じことを何度か繰り返してイライラしたり、落ち込んだりするのだけど自分の性格傾向、考え方の特徴を知ると(あ、また私のいつもの思考パターンになってるこうじゃなくて、こうじゃない?もしかして、こうだったのかもよ?ほら、こうしたらもっと楽に考えられるよね!)なんていつも頭の中で自分と会話しながらそう、なんか。。。天使と悪魔みたいに二人の自分がいる感じ。笑いつものパターンに陥りそうな時実際に陥ってしまった後でも気がついて軌道修正できるようになってそんなことを繰り返していると自然に新しい考え方が自分の考え方として定着してくる。過去、1日に何度も何度も過食嘔吐にいそしむ時期がありました。休みの前日には過食が楽しみで食材をたっぷり買い込んだりして休日は丸一日ぜーーんぶソレに時間を使ってたその頃は、自分の意と反する望まない現実を生きていることや何をしてもうまくいかない何もかもが中途半端な自分今していることが何のためになるのか?私は本当は何がしたいのか?変えたいけど、変えられない現実あの時は『自分の心を揺るがす』出来事にのみ込まれて、全てに嫌気がさして、生きていたように思います。変えられる現実と変えられない現実があるのは事実いきなり経済的に豊かになることなんてないし今すぐ自分のやりたいことが見つかることもない彼氏が欲しくても、すぐにできるわけはないパートナーが急に理解を示して態度が激変することもない一方で『心の在り方』は変えられる実際に現実は何も変わっていなくてもどう捉えるかどう見るかどう感じるか心の在り方が変わってくると『現実の見え方』が変わってくる見え方が変わってくると変えられる現実を変えていく選択ができるようになる変われるって素晴らしいなぁ人間はみーんな変化していける何歳になっても心は成長し続けることができるそれってすごく、前向きな力をくれる事実だなそんなことを考えています。いつもありがとうございます

  • 04May
    • 私の人生は私がつくる

      子供の頃の私にとって、家はまったく落ち着ける場所ではなかったいつ殴られるか、いつ蹴られるかいつ父親が帰ってくるか父の帰宅が近くなる時間には外の足音に耳をそばだてた普段の父は一言も口を聞かない父が言葉を発する時は怒る時だけ父とのまともな会話は覚えている限り過去にない些細なことでも容赦なく 何が悪かったのか、何で怒られているのか深く意味もわからずに受け入れるなんで言うことを聞かないんだコノヤローてめぇー ふざけんじゃねーぞ出て行けーただただ、怒鳴り散らし、殴り散らし、蹴り散らす父の暴力の後は押入れの中に隠れ泣きながらそのまま眠るというのがいつしか私の定番になった押入れの中の暗闇と幾重にもなった布団の間に挟まれたあの空間はこのうえない安住の場所だった今でも思い出す防虫剤の匂いとタオルケットの感触殴られた体の痛みと、張り裂けそうな心の痛みこの記憶をどうやって消し去るか爆発しそうな、悲しみ、怒りの感情をどうやってなかったことに、なにもなかったことにしっかりと密閉して奥底に沈めてしまえるのかそんな事を考えていた母の泣き叫ぶ声父と母の口論問題になっているのはいつも私だとその頃からずっと思ってた人の顔色を読み、場の空気を読み自分の感情を抑え、他人に同調他人の評価が軸、問題回避の傾向私の摂食障害の基盤となる性格はしっかりと幼少期から形成されてきたと思う私自身が大人になった今、わかることが沢山ある。人間は誰しも完ぺきではない親も1人の人間なんだってこと周りに助けてくれる人もいなかったうまくいかない夫婦仲と手探りで必死に母は子供を育てていた自分を犠牲にし、心の声を押し殺し生きてきたのだろう生真面目で人とのコミュニケーションが上手ではない父もまた、仕事でストレスを抱え闘っていたのかもしれない子供との距離感や接し方がわからず愛情を表現することが難しかったということもあるだろうか父も母もそれぞれ、その時のステージで一生懸命にやっていた結果だったんだそんな風に考えられるようになったのはつい最近のこと私の人生がうまくいかない原因は子供の頃の家庭環境が影響していて親があんな風だったからだと思っていたつまらない時間を過ごしていたな私の人生は、私自身のもので私が私の人生をどう生きるか幸せに生きるのか、苦しんで生きるのかは私自身が決められるイヤなら変えればいい、いくらでも変えられる私の人生の主役は私なんだ過去から学べるものはあるけど過去に執着しそこに囚われていては意味がない振り返るよりも、前を向いて私の世界を、新しい世界を想像したい幸せは過去にも未来にもなくて今ココにあるそうやって今しっかりと前を向いている自分が逞ましくもあり、誇らしくも思える

  • 01May
    • ぶり返す

      いやーん、お久しぶりです。あぁーとってもご無沙汰のブログみなさんの所へもお邪魔してないな〜3月後半から約一ヶ月程止まっていた過食欲求が突如ぶり返しここ最近、数回ですが過食嘔吐していました。やってしまった。。。という罪悪感とかがっかりした気持ちはあまり感じていなくてそれよりも、またあの毎日毎日休まず摂食障害行動にいそしむ過去のサイクルにすっかり戻ってしまうんじゃないかという不安と恐怖があり過食欲求がやってくる夜の時間をどう過ごすか毎日考えていました。よく考えたらあたりまえなんだけど、不安と恐怖を感じてしまったままやってくる欲求を抑制しようとしたら止められるわけがないんですよね。食べたい欲求がきたときに何か他のことをして意識をそらし気を紛らわす方法や、自分の心にアクセスしながらいつもやってるノートへ書き出しをしたり色々やってみたけど難しかった。でも、それもそのはずで過食の欲求がきて昔のように戻ってしまうんじゃないかって不安と恐怖を感じている=イコール過食欲求、絶対来るなー!過食も嘔吐もしたくないんだよ昔の私には絶対戻りたくないんだよって⬅ほんと、こんなかんじ。笑完全にもぉー闘いよ笑体全部でヤツを拒絶してるわけで皮肉にも、意識すればするほど食べることに対する執着はどんどん強くなる。こーゆー時は、感情だけが1人走るから物事の考え方がまた一方的になってAll or Nothing (全か無か)の偏り思考へ更に不安や恐れが強くなっている時、(感情的になっている時)は渦中にいる状態なのでなかなか視点を変えることが出来ない因みに『渦中』とは辞書で見てみるとうずまきの中。転じて、事件の混乱したさわぎの中という意だそうまさに。先程、書いたように私の不安と恐怖は『昔の私にすっかり戻ってしまうのでは』というものだったけどその考えはつまりAll or Nothing (全か無か)の典型的な思考の例で“今日” そして "今この瞬間"まで歩いてきた道のりがある以上昔にすっかりそのまま戻るなんてことはあり得ないことなんですよね。毎日過食嘔吐して自己嫌悪に陥り自暴自棄になっては更に悪化してあのサイクルからどう抜け出していいのか術すらわからずもがいてた頃摂食障害と私自身に本当の意味で向き合うということの意味がわかっていなかった頃その頃の私と今の私は違うんだってことをすっかり忘れてしまってた。先日の診察で先生がおっしゃったこと。『元に戻ってしまった』と捉えるのか『課題が見えた』と捉えるのか課題が見えた!これは次の壁を乗り越える為に今クリアにしておくべき課題なんだ!って考えたらなんて前向きなこと♡そうなんです。そう言えば私、過食嘔吐の症状が約1ヶ月ほどストップしていてその間、過食欲求もなかったのでどうやってたびたびやってくる過食欲求を抑えるかというその心の使い方を知らなかったのです。因みに、これまで過食欲求がきた時に私がやっていた方法の、『他のことをして意識をそらす』気を紛らわす努力をするというのは『闘う』を選択をしているので、結果的に抑制となってしまい痛みを強く感じる辛い方法なのだそう。食べたら太るから食べちゃダメだと考えれば考える程、食べ物のことが頭から離れず自分の意識、全てが食べ物や食べる事に囚われそこから離れられなくなるってあの現象と同じですね。先生から教えていただいた対処の方法がいくつかあるのですが、恐らくとてつもなく長い文章になってしまう気配がしているのでまたの機会にしたいと思います。。。笑最後に、私と同じ摂食障害や他に心の病を抱えて苦しんでる皆さんへ病気を治したいと思って、毎日毎日一進一退でも自分自身と向き合いながら過ごしていれば病気を通しての気付きや学び得たことが必ずそこにはあって『前と同じように全然出来ない、やっぱり私は昔と同じで何も変わっていない、ダメだ!』なんてことはあり得ないんですよね。1年前のあなたより、1ヶ月前のあなたより今日の、今のあなたには、できるようになっていることや良い方向に変化していることが必ずある。とりわけ私達は、『できないこと、できていないこと、できなかったこと』そう、ダメな部分について目を向けがちだけど、『できること、できていること、できたこと』自分の中に起きているそんなプラスの部分にいつもいつも目を向けていくと自分の感じ方が変化して見える世界が変わってくる十二分に頑張っている自分を他のだれでもなく、自分が認めてあげて自分の中に起きているプラスの要素をたくさん探して日々を過ごしてほしいなぁと思います。摂食障害ぜったい克服するぞーーーーー!!!!!みんながんばろう。いつも、ありがとうございますLots Of Love

  • 20Apr
    • 昨夜の波

      昨夜、ちょっとした波がやってきた。約1ヶ月ぶりになるモンスターのささやき海がざわついて波が高くなったけどしばらく漂い抵抗せずに波にのった少し息苦しく思いながらそのままを感じて過ごす何度か深呼吸して食後に食べたお菓子じゃ足りない、もっと食べたいあのスッキリした感覚が一瞬蘇ってきて吐き出したいって思った以前のような制御不能になるほどのソワソワ感ではないものの確かにその類のものだったなそれからノートいっぱいに人が読めないようなきったない字で書いて書いて書いて書きまくってそして波は静かになって海は穏やかに戻っていった。不安とか恐れは排除しようとするから存在を増し自分の心を埋めつくして苦しめるほんとはネガティブな考えはダメなものなんかじゃなくて人間誰しもが感じる自然な感情危険を感じて、予知、察知してそれを回避したりできている私達に備わった防衛本能なんだもしそれがなければむやみやたらに突っこんで、転んで怪我して繰り返し傷だらけの大変な人生になっちゃう。その感情は無理にかき消そうとか手放そうとかする必要はなくて全部抱えたまま一緒に持っていけばいい今週、心療内科の先生が治療の中で教えてくれたことだ。もっともっと新しい世界を見たくて変化していく自分にワクワクしたくてもっともっと前へ行こうってぶんぶんアクセル踏んでる私ともと来た道には戻りたくないのに見えない暗闇を探って進むのはちょっと不安で怖くて両足つかって思いっきりブレーキ踏んでる私両天秤にかけてどっちを選ぶっていったら答えなんて解ってるのにな。私から発せられる感情はどちらも私の心からの声だからそのまま全部一緒に抱えて持っていけばいい大丈夫、不安なのはわかってる怖いのはわかってるよって自分で自分をなだめながらゆっくりブレーキを外して後戻りはしないで新しい道をちゃんと進んでいける全部そのまま、抱えて一緒に。

    • 私へ

      深呼吸、1つ海が荒れている波が高い波に飲み込まれるな波にのれ波に漂え波に飲み込まれるな抵抗はいらない深呼吸、1つ大事なことをすり替えないで目をそらさないで逃げないで不安も恐れも感じたまま手放す必要なんてない一緒に持っていこうアクセルを踏みながらブレーキ踏んだりしないで私が内に秘めてる力私はちゃんと知ってるずっと奥にある力強い光その光を見たいって言ってる私がいる恐れなくていいそのままでいい全部一緒に持っていこう深呼吸、もう1つ難しく考え出すと結局全てがいやんなってもっともっと逃げ出したくなるけど高ければ高い壁の方が登った時気持ちいいもんなまだ限界だなんて認めちゃいないさ閉ざされたドアの向こうに新しい何かが待っていてきっときっとって僕を動かしてるいいことばかりではないさでも次の扉をノックしようもっと素晴らしいはずの自分を探して胸に抱え込んだ迷いがプラスのちからに変わるようにいつも今日だって僕らは動いてる嫌なことばかりではない さぁ次の扉をノックしようもっと大きなはずの自分を探す終わりなき旅

  • 16Apr
    • “心が喜ぶ” を探す旅

      “心の声を聞いていない”っていうのは私がよく使っている言葉人によっては心の声ってなに?って思う人もいるかなこれまで感覚として使っていたけど少し抽象的すぎるかもしれない心の声=魂の声魂の声っていう響き自体私にはとてもしっくりくるんけどこれも聞く人によっては少しスピリチュアル寄りでスピリチュアル耐性がない人にとっては受入れられない気がするから使うのはちょっと避けたいで、考えてみたんだけど心の声=魂の声を最強にわかりやすくシンプルに言うと“本音”になるのかも。この言葉は日常表現だからかなりすんなり入るかもしれない。でもそこを敢えて私は、本音よりも“心の声”とか“魂の声”を使いたいんだこれはあくまで自分の感覚だけど“本音”って言葉はお腹にあるもので自分と一体化しているイメージでも “心の声” とか “魂の声” だと自分自身とは少し離れている基本的に日常では表面上には出てこないもの自分自身とは別のものというイメージで私としてはより捉えやすかった本来は自分自身とどれも一体化しているべきものなんだけど摂食障害や心の病気になってしまう人は言うなればこれらが繋がっていない分断されている人が多いのかもしれない本来、心と体は繋がっているものこの繋がりが、極端に希薄になってしまっている状態うん、私はそうだった。もうずっと長いこと自分の心の声に蓋をして無視し続けてきたから本当の私の心からの声、魂の声って実際にじゃぁ、どこにあって、どこからきてどうやったらわかるものなんだろう???といったかんじだった。自分自身を司っている思考これが普段の自分自身を動かしていて社会の秩序を守ってこの世の中をうまく渡り歩いていけるようにしてくれる大事な部分本来の自分=心の声=魂の声=本音時と場合によっては素直に表面に出していたり上記の思考によってなだめられておさめられたり完全に押し殺されたりもしくは無視されるで、私はよく最後の2つ完全に押し殺したり無視したりしているんだよね。これまで私がやってきたことの中からわかりやすい例として表すと例えば、買い物をしていてピンクのワンピースを見て可愛い〜って胸がトキメイて超好み〜って一目惚れ目がキラキラしてこのワンピを着たいーってなっても次の瞬間いや、ピンクはあんたのキャラじゃないでしょもう歳だからさすがにこれはない周りの人にどう思われるか合わせる靴もバックもないし着回しにくい割に値段高いしで、どこに着ていくの?パンツの方が無難よねとかこうやってダメ出ししてバッサリさえぎる着たいって胸がトキメイたのは魂が震えたってことで着たいって本来の自分は思っているのに完全に押し殺したことになるそして買わない選択をして何事もなかったように通り過ぎる手に取るのは合わせやすい黒白グレー、たまに茶で特にトキメクこともない似たようなアイテムをくるくる着回して当たり障りのないファッションの枠におさまる私は、たまたま海外に住んだことをきっかけに感覚や意識がかなり変わったけど日本にいると枠の中からはみ出さないよう無難にして目立たぬよう、収まろうとする意識が特に強く働いてしまうってゆーのはあるよね。あ、余談でしたこれは、とても小さな小さな一つの例に過ぎないけど心の声はいつも何かメッセージを発していて何よりも敏感に五感で察知し伝達してくれているのに私達はしょっちゅう思考でねじ伏せる人間の思考は1日に約9000回も決断をしていると言われているその度にこういうことを繰り返してると心の声はいつも私へ届かなくなるどんどん影を潜めて常に無視される状態になってしまうそうなると何が起きるかなんかモヤモヤするなんかイライラするなんかストレス感じるなんかいつも不満があるなんか満たされてないなんか足りないなんか疲れるなんかダルいなんか楽しくないなんか幸せじゃないこの大量の“なんか”要するになにかわからないけどなんか、、、でそれがおそらく無視してきた心の声本来の自分の望む声が常に無視され続けていることで起きている現象なんだと思う前回書いた“食べたい”って気持ちの記事で食べたい食べたい食べたいと私がなっていた理由は食べ物で欠乏感、不足感を満たそうとしていたからそれは本来の自分、心の声、魂の声をまた、ないがしろにして他人の軸にのっかって動いていたからだったんだ。(話すと長くなるから省く)食べ物を使って問題に対処する手段は摂食障害の私達にとっては安心できる慣れ親しんだ方法だからやっぱりここに戻りがち戻ってると気付いたら自分の心に聞く作業をしてあげて食べなくても大丈夫だよって根気よくやる必要があるかもしれない。もし、心の声がよくわからないって人がいたら、コレを一緒に考えてみてください。好きなことはなにか?心地よいと思う瞬間はどんな時か?何をしている時が楽しくて幸せを感じるか?私はこの質問が答えられずけっこー長く悩みました。苦笑幸せってなに?好きなこと?あれは好きなのことになるのか?いやそう言われると好きとは思ってないな〜なんて風に。そして発見したのはいかに心の声を無視した偽りの好きなこと心地よいこと、楽しいこと、幸せなことを作り上げ自分の世界を埋め尽くしていたかってこと。好きなこと、心地よいこと、楽しいこと、幸せなことを一言でまとめて表すとすれば“心が喜ぶこと” とする。※偽りの心が喜ぶこと仕事で色々な分野の人に出会える仕事で色んな場所に行ける新しい人との出会い休みの日にカフェで仕事をする手帳を開いて予定を立てるインスタやFBの写真を撮るパーティーやイベントに行く1人でバーに行ってお酒を飲むジムに行く忙しい自分※心に聞いた本当に心が喜ぶことお散歩カフェでコーヒーを飲むカフェで1人で過ごす時間静かな場所で好きな本を読む自分の心のノートを書く飼ってるニャンコを抱いてもふもふするヨガの最後のシャバアーサナネイルを新しくしたとき最初の一口、アイスクリームを食べた瞬間マジで、見事に違う。笑私の心が喜ぶ好きなことはとっても小さな些細なことだったそして今、まだまだ数が少ないなーと思う特に摂食障害の真っ只中にいるといつも食べ物のことばかり心ここにあらずの状態でそんな事を考えられる余裕もないんだけどそれでも心が喜ぶことを根気よく心に聞いて見つけてあげて否定しないでダメ出ししないでその通りにやってあげるその活動を一つでもいいから1日の中に確保していく最初はその数が少なくても徐々にリストを増やしていくやった時は心地いいー気持ちいいー楽しいー幸せーって感覚をいっぱい感じること本当に心が喜ぶことをちゃんと知っていてたくさんリストを持っていていつもやっているとそのうち心と体がちゃんと繋がって心に共鳴して体も喜ぶようになるだから、満たされる最近の私の頭の中はこのことばかり“心が喜ぶ”を探す旅に出ています。みなさんもよかったら、心が喜ぶことをいっぱい探してリストを増やしてみてください。この作業、わからないと最初は苦しいけどだんだん楽しくなってきます我が家の愛猫ジャミンもふもふに癒やされる幸せにゃ〜ん

  • 13Apr
    • “食べたい”って気持ち

      食べたいなんか食べたいって気持ちが収まらない。普通の食事をきちんと取りながら合間にずーっとお菓子を食べ続けているお腹はずーっとパンパン。我慢しないで、食べたい気持ちのままに食べるもはや1日中、食べ続けているグミ、チョコ、クッキー、おせんべいどんなに食べても、もっと食べたいもっともっと食べたいでもね、気付いてるよ。お腹の中は食べ物でいっぱいってこと。衝動はやってこないけどただただ何か満たされていない感覚でだらだらと食べ続ける今のところ “太る” ってことは一旦、度外視すると決めている食べたいってゆー欲求をただ抑えるのではなくその根源を見つけてやりたい“欠乏感”“不足感”そう、コレ、どこかでいつも感じてる“何か足りない”“物足りない”そう、いつも何かに飢えてるんだ私これまでは、外に外にこの欲求を埋めるものを探し求めてきたイキイキ&キラキラしている風な女性クールにバリバリ仕事できます風な女性外的なもの、表面的なものを満たすためにこれまでたくさん行動してきたことは結局、私を幸せにしてくれるどころか終わらないレース、ゴールのないレースを一生懸命、身を粉にして走り続けることだった。そうそう、もうそーゆーの十分すぎるくらい今までやってきたんだ。そして、もうちゃんと気付いてるソレを満たせるのは外にはないソレを満たせるのは私の中にある自分自身だってこと。ダラダラ食べてしまうお菓子もそろそろ卒業しよう(ちょっとさみしいんだけどホントは。。。笑)日本が長くなると帰りたくなる天の邪鬼が戻ってきた。笑去年自分探しに来た時の写真海が見たい海のそばで暮らしたい

  • 11Apr
    • 体重と体型囚われからの脱却 “私の中のモンスター“

      過食嘔吐している人の中にもかなり低体重の方がいるってこと最近、摂食障害の方々とブログで沢山繋がって初めて知りました。拒食と過食嘔吐が混在しているタイプなのかな過食(自己誘発性嘔吐を伴う)人の場合適正体重の範囲内の場合が多く周囲から異変に気付かれにくいなどと言われているけど多分にもれず私もその一人。摂食障害を治すと決めて動き出す前の体重身長163センチ体重50~52キロ特に痩せてもいないけど特に太ってもいないぽっちゃりとは言われないけど細いねーとも言われない要するにフツーの体型を維持してきた。過食嘔吐で自分の体重を調整するようになってから大体このあたりの数字をいったりきたりこれが自分に許容できる範囲の体重だった。そしてこれを維持することこの範囲から出ないことで私の中の“不安” は緩和され女性としての価値や生きる自信精神の安定が保たれているような感覚があった。体重を測らなくなってから大体1ヶ月くらい経過自分の体重が今何キロなのかわからないけど恐らく5〜6キロは増えている感覚がある太ることは嫌おデブちゃんにはなりたくないその感覚には全く変わりない!笑でも体重の増減によって一喜一憂し1日の気分が大きく左右されることがなくなって以前よりずっと精神は安定している。体重計の数字に囚われていた頃毎日、自分の体を鏡に写して平らなお腹、足の太さを確認していた頃洋服を着た時のサイズ感で体型を確認したりキツイではショックユルイが大きな喜びだった頃私が、私自身の価値を認めてあげることができる唯一の方法が体重や体型に拘ることでしか見出せなかったそれは自分の心を満たすことができる大切な作業だったんだと思う心の奥底でいつも渦巻いている得体の知れない”不安”の正体それがホントは何なのかってことを直視しないですむように体重、体型を維持することや食べたり吐いたりすることで上手にすり替えてきた気がする生きている上で感じることができる幸福感、達成感、充足感は”痩せていること”そんなことでは満たされない“不安”って感情が摂食行動を引き起こして“安心” って感情を得るために摂食行動に従事させ続けるでも結局“本当の安心”はずっーと訪れなかった。それは 一瞬の“安心という名の錯覚” で不安はどんどん成長していつしか“モンスター”になっていった。気付いたときには、制御できないまでにモンスターは私を支配し存在を増していってそれは、とてもとても怖かった。でもね、今、気づいたんだ。そのモンスターは、私の心からの叫びを必死で体現してくれていたいいヤツだったんだと思う。心からの叫びに、ちゃんと目を向けて気付いてあげたときヤツは小さくなっていって今ではほとんど顔も出さないモンスターちゃん私を正しい道に戻してくれて本当にありがとう摂食障害を越えた先にはワクワクな未来が待っている気がする。私が私の人生のハンドルをしっかり握って本当に大切なものを見逃さないように生きていけるようになりたい。顔を出しているには実は意味があるこれまでの自分、今の自分そのままの私を認めて受入れたいんだ。摂食障害である自分を自分の存在を否定しないで愛したいんだ。

  • 09Apr
    • 太ることを受け入れる

      摂食障害の克服に取り組み始めた時の最初の不安。吐かずにきちんと食べる太る恐怖嫌悪だった。吐かないとなると吸収になるじゃ、食べなければいい?イヤイヤ。。それではそもそも摂食障害を克服して、健康な自分を取り戻すことにはならない食べることを制限することで反動がきて過食して嘔吐の図式はこれまで散々やってきていること完治に向けた目標はどんな食べ物でも喜んで美味しいと感じ食べれるようになる食べ過ぎはあっても過食はしない吐くことが頭をよぎらない自分の生活思考&感情&行動が食べ物や体型に囚われずにいられることそこへ向かうことは同時に“太る”という事を受入れないといけないこれまで過食嘔吐で吸収していない食事の分1日の摂取カロリーとしては増える当たり前だけどそうすれば確実に太るわかってるわかってるんだよ!!治したいでも太りたくない治したいでも太りたくない繰り返し繰り返し自分の中で自問自答今まで不自然な行動で帳尻合わせをしてきたんだ普通の健康な人と同じ自然に戻るってことなんだ自分の体のサイクルがちゃんと正常に機能し始めると体を流れる血もキレイになる体内の水分も正常に保たれる浮腫みがなくなる朝のだるさもなくなる全体的に体調もよくなる栄養が体の中に行き渡って肌も生まれ変わってキレイになる髪も潤って全体的に若返る♡美容に良いことしかない♡そして、そこにはもう苦しみも辛さも痛みもない食べることに囚われて大切な時間やお金を無駄にすることもない自分の人生を自分で暗く苦しいものにしてしまうのはもうやめる自分を大切にできるようになったら私の人生はもっと楽しくなる幸せをもっといっぱい感じて生きられるようになる大切にしたい人をちゃんと大切にできるようになる摂食障害との闘いにこれまで使ってきた全労力を他のことに使えるようになるって考えると。。。自分の “好き” をめいっぱい感じて新しいことにもどんどん挑戦して叶えたい夢や目標へ全身全霊で向かうことができるなにより、人生を楽しめるようになるそんな事を考えて考えて結局わたしは“一旦は太る”という現実を受入れました。摂食障害が治ったら今とは違ったどんな変化が起こるかその先にはどんな未来が待っているかそこにはどんな自分の姿があるのか完全に妄想の世界なんだけどそんな事を考えてみると治りたい治したいという気持ちがとても強くなって自分自身が自分の背中を押してくれているようなそんな瞬間も多く感じています。人間、見えない未来のことに対しては強い不安を感じるものでそこへ一步踏み出すことは大変な勇気がいります。やはり怖いのです。どのように太っていくのかどのように治っていくのかわからないから怖いのです。誰も教えてくれないし誰も代わってはくれないこれは自分で体験していくしかないのです。今、前よりかなり太って自分の体が大きくなっていることを感じながらやはりそれはイヤで仕方ないことに変わりなく全く受け入れることが出来ていません。でも今は、何よりもきちんと食べること食べ物を敵視しないことそしてこれが一番難しいんだけど、自分の全てを受け入れることそんな自分を好きになることを頑張っています。

  • 07Apr
    • ブレてるー。

      こんばんは。アメブロ開始して今日で45日目まだそんなもん?ってかんじですがいいね&コメントたくさんいただいていること素直にとても嬉しいですとっても嬉しくて毎日、感動しています。ありがとうございますでもなんかなんか違うこのかんじ〜〜〜〜今までぜーーーーーーんぜんッ気にもしてこなかったのにめっちゃ気になるようになってきてその理由はコレ◎PV数がぐんぐんアップして ベスト更新が続いていること◎公式ランキングに◯位ランクインとか◎公式ハッシュタグランキングに ◯◯の記事がランクインとかとかとかとかとか。。。ランキング常連の方からするとえ、そんなのフツーフツー大したことじゃないよっ!だと思うんですが!なにせこーゆーの初体験の私ぶっちゃけ浮かれてました。笑笑ッで、ココしばらくの私こんなかんじブログに書きたいことはたくさんある書きかけの記事もいくつかある続きを書こうと思うけど進まない記事を書き上げられない新しく別のお題で記事を書いてみるうまくまとまらない文章がキレイすぎる(つまらない)自分の心からの声ではないパソコンの前に座って数時間経過。。。諦めて。。。寝るわかりやすい!!笑そうなんですよね今の私めちゃめちゃブレてる最初にこのブログをスタートした時、①病気回復への経過を記す②頭の中の整理や吐き出し③同じ病気で苦しんでいる人にとって 自分のブログが何かしら回復への後押しや きっかの一つになれたらいいなと思って始めたのに③だけが突っ走っている状態になっていて一番最優先の①と②の自分の病気回復へのアプローチが二の次になっていたってことたくさんの人が読んでくれている有り難さとか心強さとか喜びをいっぱいいっぱい感じているその一方でランキングを落としちゃいけないもっと上を目指さなくちゃいけないもっとイイ記事、面白い記事を書かなきゃみんなのためになる記事を書かなきゃ共感してもらえる記事を書かなきゃもっと。。もっと。。。もっと。。。。って出たーーー!!私の18番『〜しちゃいけない!』『〜しなきゃいけない!!』『〜あるべき』思考自からハードルをあげるやらなきゃいけないリストを作り出すこれはOKでこれはダメ的、マイルールを作り出す無意味に目標を掲げる目標達成のために頑張り始める私けっこーできますよ的に振る舞い出すと  周りの評価と実際の自分とのギャップに苦しみ始める達成できないかもしれない不安や怖さ  プレッシャー感じて苦しくなる押しつぶされる前に自らレースを辞退(一人レースなのに)何をやっても最後までやり通せない  私は何をやっても出来ない、ダメな人ってなるのコレいつものやつで実際、今私に起きている異変が、コチラ食べたい食べたいなんか食べたい口寂しくてお菓子をだらだら食べる食事の後、お腹いっぱいになのにだらだら食べる寝る前まで食べるお腹はいつもパンパン過食嘔吐が止まってから嘔吐はしないと決めているので嘔吐はできないということは食べたものは全て身に付くということ太るってことは理解できている過食スイッチは入っていないでも正常な食欲に従って食べているわけではない明らかに食べ過ぎであることは確かでも止められない頭でわかっているのに止められない少し冷静になってみると結局、このブログの件に限らず私のこれまでの人生にも同じようなかんじの事がたーーーーーーーーーーーーーーくさんあって日常の色んな場面でこーゆーことをやってきた。他人から認められたい自分の価値を確かめたいって躍起になるだからいっつも人より頑張る人がやっている以上に頑張る他人の評価が自分の価値の判断基準になっている限り一生終わらないレースを走り続けることになるまとめここ数日の私は、自分の為にはじめたブログがいつしか自分の為だけではなくなり他人から評価が気になり始め更に他人に高く評価されたいと思い先程の思考パターンに突入他人の評価が基準となる苦しみのレースを始めかける不安とか恐怖心が出てきてそうなると気持ちがグラグラして落ち着かなくなってくるこれまでずっと使ってきた慣れ親しんだ対処方法 “食べること”でその不安を落ち着けようとしているまとめた摂食障害を引き起こしているのってこーゆーことが原因なんだろうなってぼんやりわかってきてる自分の価値は他人によっては決められない自分の価値は自分で作る自分の価値は自分で決められる頑張れ私これは有名なブッダの教え私の好きな言葉の一つです。皆さんにも響くといいな。Mind=マインドとは日本語訳で『心、精神』となっていますが、実際は思考、認識、意識、意思などと訳したほうが正しいと思っています。※日本語訳自分の思考を支配しなさい、さもなければ思考があなたを支配するでしょう。※画像お借りしました。

  • 05Apr
    • 摂食障害専門外来

      一昨日は心療内科の受診日前回、3月8日から約3週間ぶりの診察病院の名前や先生のことをこのブログに書いてもよいのかわからなかったので遠慮していたのですが、ちゃんと掲載許可を頂いてきました私の通っている心療内科は東京都新宿区にある三田こころの健康クリニック 新宿『摂食障害の専門外来』をもち、全国でもまだ数少ない『対人関係療法』を受けられるクリニックです。摂食障害やうつ病など心の病気を抱えている方を対象としたリワーク(職場復帰支援)リテンション(継続勤務支援)のプログラムを行っていたり心の病気全般の相談を受け付けているよう。私が治療を受けているのはこのクリニックの院長生野 信弘 先生いつも親身に私の話に耳を傾けてくださり雑談を交えた、例え話を例にとり病理についてわかりやすよう丁寧に優しく教えてくださるとても信頼できる先生です。先生の手書きのイラストの数々は私の思考の歪みや考え方の癖、私に起こる説明のつかない現象を解明する手伝いをしてくれています。※先生の手書きイラスト引用質問!『水は、多いか?少ないか?』500mlで満杯になるコップに200mlの水しか入っていないから答え!『水は少ない』なのか300mlで満杯になるコップに200mlも水が入っている答え!『水は多い』なのか。もうわかる通り答えは『どちらも同じ』入れ物の容量が違うだけで多い少ないそれぞれ違うように見えるけど実はどちらも入っている水の量は同じなんですよねどのように物事を見ているかの考え方、視点の偏り強い固定観念完璧主義思考マイナス(悲観的)な物の見方そんなことをこういった様々な先生のイラストや例え話などから教えられています。37年間で形成してきた私の思考パターンを変えていくのなんて絶対に超大変なこと!!だと思っていたけど自分が変えたい姿勢で望むと理解力と吸収力が違うからすごい勢いで変化するこれは私だけが特別なのではなくて人間みな同じ、誰だって同じ要は本人次第なんだと思う。ここへ行き着いた時の私の状況は決して穏やかではなかったと記憶しています。私自身が摂食障害にほとほと疲れ果てていたし体に現れ始めていた様々な不調健康面、他の病気へ繋がることへの心配もう自分の抱える悩みの全てが摂食障害が起因となっている感覚でそんな生活も限界にきていたし今治さなくては、一生治らない治さなかったら、自分は一生苦しいままどこにいても何をしていても心ここにあらず状態絶対に幸せにはなれないそんな人生イヤだの一心でした。このクリニックを受診して先生と出会ったことは否定せず私を理解してくれる人がいる誰にも言えないような恥ずかしいことも何でも話せる人がいるという安心感私を回復の道へと導いてくれる人に出会えた心強さ私がこれまで苦しんできたことを手放し回復へ向かうことができるんだという希望を感じたぼんやりした、でもはっきりと出口の光が見えた瞬間でした。毎回の診察は約50分毎回みっちり詰まった内容で膨大な気づきや体験をします。先生の言葉を忘れないように自分の考え、気付いたこと今の感情などをノートにメモ診察が終わった後はいつもカフェに入って1−2時間くらいおさらいタイムかなり字が汚いのでーかなり恥ずかしいわけど公開しちゃう。笑内容もよくわからないと思いますがこれ、私のノート自分の事をなんでも書くノートこんなのを書いて書いて頭の中とか感情を出し切ったり整理をするためのものです。このノートのこととかまた記事にしようかな。私が通っている心療内科三田こころの健康クリニック 新宿患者さんのココロに寄り添うそんなお医者さんです。もしご興味のある方は是非、問い合わせてみてください。遠方にお住まいの方や経済的理由、家庭内の理由などそれぞれにご事情があって医療機関を受診できない方もいらっしゃると思います。先生が更新されているブログ聴心記に摂食障害についての記事をたくさん書いてらっしゃいます。因みに、私がこのクリニックを選んだのはこの先生に診てもらいたいと思ったからまた、先生の言葉に愛を感じたからです。ブログには摂食障害について本当に詳しく書かれてあり多くの臨床に立ち会われている方だと容易にわかるほど様々な症例をあげてらっしゃいます。ぜひ覗いてみて下さい。今、苦しみの中にいらっしゃる方が一人でも多く1日でも早く回復へ向かうことができますように。Lots Of Love

  • 04Apr
    • 恐るべし人工甘味料

      先日、私のお腹まるまるででーーーんと出したお見苦しい写真を掲載したこちらの記事お腹の膨満感についてお話しましたがなんと。。。原因は。。。コレ※画像お借りしました。メントスのシュガーフリーミンツ(日本では売っていないと思う)に含まれている人工甘味料が原因でした現地で見つけて、コレにはまってポリポリ食べていてたぶん1日の量を超えるくらい食べ過ぎていたのだと思います。ちなみに1日に半箱とか。20〜30粒。そんなに食べる人いないですかね?!笑たまたま食べなかった日にお腹は通常で全く膨満感もなくガスも出ない、下痢にもならないしかしコレを食べるとえええええええ?!まさか!?とそこで表示を見たらアスパルテームソルビトールの文字ネットで調べたら出るわ出るわ人工甘味料が引き起こす下痢の症状についての記事※人工甘味料は腸内で吸収されにくいため腸内の浸透圧を上昇させてしまう。そうすると人体の調節機能が働き腸内の浸透圧を元の状態に戻そうと腸管壁から水分を引き出す。それで腸内の水分含有量が多くなり「浸透圧性下痢」を引き起こす。人工甘味料は超危険? byビジネスジャーナル恐るべし人工甘味料アスパルテームの危険性 まとめこれ読むと更に怖すぎる腎臓機能障害白血病発症リスクアスパルテームを与え続けたネズミの脳に穴ができた生殖機能障害精子激減、不妊うつ病発症脳腫瘍糖尿病発症リスクアレルギー発症リスク(キシリトール)そもそも、人工甘味料は戦争に使用する兵器を作る過程で発見されたものでアスパルテームを開発したサール薬品は戦時中は軍に化学薬品を供給していた会社。そして、日本でアスパルテームを普及させた会社もまた、化学薬品会社要するに。。。化学物質ってことマジで恐ろしい完全にビジネスでしょ今や糖質オフ、カロリーゼロ低カロリー食品がさも健康志向でヘルシーなイメージとして先行しているけど実際、こーゆーの使っているって日本の食品は安全だなんていう神話を信じている私達消費者って完全にカモ私ももれなく該当していますが、カロリーゼロの食品って摂食障害の方の救世主カロリーゼロ表示があるだけで安心して食べれたりするので私も必ずそういった食品を好んで探して買っていました。でも、それには必ず人工甘味料が使われているという事実そして、摂食障害の方がそういった食品を食べる時=吸収する時普段まともな食事を吸収していないケースが多い中、人工甘味料はしっかり吸収している可能性が高い恐すぎるッ糖質制限とかの影響もあってダイエットで敵視されている砂糖が今では人工甘味料にとってかわっているけど今一度こういった知識をもって考えるべきだなと思いました。海外のオーガニックストアに行くと天然甘味料のステビアが売っています。どうしても砂糖が怖い人はそちらの方が健康を考えた時に断然よい選択なのかな。食品に関しては興味があるのでこれから色々と勉強していきたいなと思っています。みなさんも人工甘味料の摂取については本当に気をつけてください先日の記事の後、心配してコメントを下さった方々お騒がせして申し訳ありませんでした〜笑最初は胃の中に食べ物が入っている感覚が苦しくて不快で吐き出したいーー!って気分は絶頂だったけどそれをなんとか我慢して通常の食事の摂取を続けている中で私の胃腸は今のところちゃんと働いてくれているようですみなさま、ありがとうございました♡

  • 02Apr
    • 伝えたい、この想い

      いつもコメントやイイネをくださってみなさん、ありがとうございます。私自身、ブログ更新の励みになっています。昨日の記事“半端ない腹部膨満感”にいてコメントくださった方々ありがとうございました。しばらくは胃腸に優しい消化に良い食事を心がけ様子を見ます。明日の診察でも先生に相談して結果はここでご報告したいと思います♪実は、なんだかココロがモヤモヤもどかしく感じていることがあって自分の中でおせっかいなんだろうなぁと思いつつも。。伝えたい!という気持ちが強くなったのでリブログします。大好きなブロ友さん(と私が勝手に慕っている)あんこさんの昨日の記事このあんこさんの記事について昨日、半日くらい考えました。というのはこの記事の中にすごい克服へのヒントがあってだからおせっかいでも説明したかった。私はブログに記している通り摂食障害克服中の人間で完治しているわけではありません。医療従事者や専門家などの治療者でももちろんありません。ただ摂食障害を患っている者の一人ですが、だからこそわかることがありリアルに感じていることがありそういった目線で書いています。偉そうに、わかった事を言うつもりも上から目線でアドバイスをするつもりもないのです。ですが、もしもご気分が良くない方はこの先、ご遠慮頂ければ幸いです。私がアメブロを始めたのが2月22日つい1ヶ月とちょっと前その時はもう過食嘔吐の真っ只中治したい治したい!!だけど衝動が止められないよー!どうしたらいいのよー!!ってループの中にいました。今現在は、過食嘔吐という行動がストップしている状態今日で非過食&非嘔吐12日目自分では、もう過食嘔吐をしない自信があります。摂食障害を使わなくても大丈夫になりつつある。ちょっとブレそうになってもちゃんと正しい所へ戻れるようになってきている。そして、最近感じていることはそんなに長く病気を抱え苦しまなくともできるだけ早く摂食障害を克服できる方法があるんじゃないかできるだけ早く、このわけのわからない負のループから抜けられる方法があるとしたらみんなソレ使いたい!だから私は自分のためにも同じように苦しんでいる人のためにもその方法を確立できたらいいなと思って日々自分を実験台に研究しています。え?!どこへ向かっているの!?ってかんじですよね。笑私はたまたまこういう分析をはじめたらすぐに好転的な変化が起こせたけど要するにそれはやっている本人がソレに気づくか気づかないかだけの話だと思うのです。でもソレは全然難しいことじゃない!!以下、あんこさんの記事からの引用『やらかしてる時に思った事は全く味わってないただ目の前にある物を詰め込むだけ美味しいと感じれずとても虚しく悲しかった』これなんですよね!コレなの!!コレに気付いている感じられてるってことはもうすぐこの行動から解放される時は近づいているってゆー証拠です!が!!!しかし!!!!ここで、そう感じただけで終わってしまったら、まだしばらくは同じことを繰り返す負のループからは抜けられないかなと正直思います。(ごめんね、あんこさん。でも絶対治るから大丈夫です。)要するに、この言葉の意味を読み解くと実際に過食して満たしているのはあんこさんの胃袋であってココロは全く満たされていないココロは飢餓状態あんこさんに聞いてもらえてないあんこさんに気づいてもらえてないあんこさんに無視されているだからずっと飢えたままの状態『虚しく悲しかった』ってゆーのは素直なあんこさんのココロの叫びなんですよね。違うよ!あんこ、違うよ!食べ物じゃないんだよ!ご飯やお菓子が好きだから食べているんじゃないよ!ココロの中に問題があってねだからそれを満たしてそれを満たして欲しいけど気づいてくれないから食べ物にすり替えて満たしているんだよって言ってるわけですよ!なぜ摂食障害が起きているのかそれは自分のココロからのSOSあんこさんはすっごく頑張っていて治したい気持ちもすごく強い。(みなさんそれぞれ頑張っているので誰がすごいとか誰のほうが偉いとかそういうことではありませんので間違えないでください)※以下あんこさんの記事引用『今の私は3歩進んで2歩下がる状態だけど治したい突然治ったら万々歳だけどそんなの今の私には全然無理でも諦めたくない失敗と成功を繰り返しながらいつか克服するんだ』すごく健康な部分の思考が強くなっていることがよくわかります。この健康的な思考が摂食障害へ向き合えるような強い意志が既に出来上がっていて克服への準備はできている状態ただ、肝心な摂食障害行動を引き起こしているココロの問題は解決されていないだから現実は変わっていないだってココロの声を聞いていないからです。今あんこさんが一生懸命頑張っているのは過食嘔吐という問題行動だけに注視しそれを止めようとしているそうするとどうゆーことが起こるかというと当然、反発します。(一度はその行動は止められたでも上記の理由で今あんこさんは負のループに戻ってしまったのです。)だってそれは自己防衛本能であって過食嘔吐の行動は、これまでずーっとあんこさんのココロとカラダのバランスをとるために必死に働いてきた大事な役割を担ってきたわけです。それがあったから、今日までなんとかあんこさんは生きてこれたのだから自分を守ってくれた摂食障害にまずちゃんと『ありがとう』をして自分の中にあるこういう気持ち例えば。。。。何か嫌なこと、怖いこと恐れていること、避けたいこと不安なこと、苦しいこと悲しいこと、怒っていることネガティブなこーゆー感情に蓋をしてしまっている心の奥底にあるココロから感じている声を吐き出してぜーんぶ吐き出してそうだったんだそんな風に自分のココロは感じていたんだとちゃんと気付いてあげることその感情をそのまま、ありのままちゃんと受け取ってやることネガティブな感情がダメだとかこんな事を思っている自分て性格が悪いとかずるいとか弱いとか恥ずかしいとかそーゆーの自分で自分をジャッジしない絶対にしない!この作業を、日々の中日常の色んな出来事が起こっている中毎日、毎瞬、やってみることを是非、試してみて欲しいなと思います。ココロが枯渇していて満たされないかぎり摂食障害の行動は絶対に失くなりません。私が今、現時点の克服の段階で思っていることですが全ての行動には理由がある行動は思考と感情によって引き起こされているなのでその行動の裏には必ず理由があるそれをじっくり考えること自分が今感じていること気持ちを感じて分析して、自分のココロと対話してそれをただ繰り返す。最初は意味がわからなくてもそれを約1ヶ月程、続けてやってきたこと私が急激に回復へ向かいはじめたことの大きな理由だと感じています。あんこさん、あんこさんの例をいっぱい使わせていただきましたが悪くとらないでもらえたら嬉しいです。そして必ずあんこさんの克服まで見守っています。また、私のやっているチャレンジの方法をこのブログで共有したいと思います。摂食障害を抱えて悩んでいる全ての方々への何か少しでもお力になれれば嬉しいです。ここまでお読みいただいた方どうもありがとうございました。私達みーんな、こうやってキレイな花を咲かせられるようになる