糖質制限の味方、カリフラワー | いとうゆきオフィシャルブログ「美と健康の最旬ニューヨーク」Powered by Ameba

いとうゆきオフィシャルブログ「美と健康の最旬ニューヨーク」Powered by Ameba

ベジタリアン料理研究家いとうゆきが綴るナチュラル☆ライフ。スーパーフード、リビング&ローフード、マクロビオティック、薬膳、自然食、伝統食など心と身体を美しく健康に導く料理とライフスタイルをご紹介。


テーマ:

カリフラワーの糖質は

100g当たり2.3gと

低い値になっています。

 

また、抗がん効果のある

スルフォラファンを含み、

免疫力を高める

ビタミンCも多いため、

糖質制限中も積極的に

摂りたい野菜のひとつです。

 

何と言っても

いろいろな料理に

応用できるのが便利。

 

フードプロセッサーで細かく砕いて

ご飯もどきにした

「カリフラワーライス」は

アメリカで大人気。

 

ご飯がわりに(⁉︎)

私は松の実と自然塩を

一緒にフードプロセッサーに入れ、

コクをつけることも。

 

そして、スープやグリルも

簡単でオススメですよ。

 



カリフラワーのポタージュ

(分量:4人分)

 

オリーブ油 大さじ1

ニンニク(薄切り) 1片

カリフラワー 300g

水 400ml

アーモンドミルク 100ml

自然塩 小さじ1/2弱

 

1. 鍋にオリーブ油を熱し、

ニンニクを軽く炒め、

一口大に切ったカリフラワーと

自然塩を加えてさらに炒める。

 

2. 水を加えてカリフラワーが

柔らかくなるまで煮る。

 

3. 2とアーモンドミルクを

ミキサーに入れて撹拌し、

鍋に戻して温める。

 

※夏場は冷やして頂いても美味。

※多めに作って冷凍保存もOK。


 



 

カリフラワーのアンチョビグリル

(分量: 2人分)

 

カリフラワー 500g

オリーブ油 大さじ2

アンチョビ(みじん切り) 大さじ1と1/2

 

1. カリフラワーを一口大に切り、

オリーブ油とアンチョビを絡め、

クッキングシートを敷いた

バットにのせて

190℃のオーブンで30分ほど焼く。

 


アメリカでは

カリフラワーはほぼ一年中、

簡単に手に入るのですが、

先日、日本に行った時は

スーパーでカリフラワーを

あまり見かけませんでした。

見つけたら即買いした方が良さそう。




 

いとう ゆきさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース