Storyにちょくちょくとお越し下さるお客様が、ある日、新聞をお持ちくださいました

「これ、僕が書いた記事だよ」
って

先日Storyでお話してくれた事柄を記事にされていました


「アリスを観てきたよ!
いや~、3人の熱量が凄かったね
このまま帰るのもなんだしさ、余韻に浸って自分も歌いたくなったから来ちゃったよ!」


その時間は、私とそのお客様と2人きりだったので、色んなお話をさせて頂きました

その人の事が少しわかると、歌う歌も、より一層味わいが出て深く胸の奥に届きます


Storyという名前を書かずに、梅田近くの「フォーク酒場」と書かれたのは、読者目線で読む人に想像力を働かせるための優しさだと思いました

「西天満のStoryって書いた方が良かったかなぁ?」

いえいえ、そう書かないことに浪漫を感じるのです


楽しかったよ
良かったよ

だけでは無い、あのわずかな時間の会話は
…。

Storyという名前は無くとも、あの日の想いを記事に書かれた事
その記事が掲載された新聞をお持ちくださった事

そのお気持ち、しっかり響きましたよ
ありがとうございます

カランコロン




※写真掲載はご了解頂いてます😊

☆...。o°☆..。o°☆..。o°☆..。o°☆

さ、今日も今日とてオープンマイクです
18:00~24:00 まで

宜しくお願い致します😊