新年
新学期
お誕生日

など、特別な節目の時って抱負を言いたくなるし、この1年間はそうしたい!そうしよう!!と、決意したりします

でも後に、記録を読み返すと恥ずかしくなったりします
あの決意は何処へ行ったんだ?
こんな事宣言してるし、恥ずかし!って。

☆...。o°☆..。o°☆..。o°☆..。o°☆


高校3年生の娘は、大学受験をせずに夢に向かってひたすら頑張っています
自分の意思と決意をハッキリと口にし、それはもうストイックに

生まれた時にかけた学資保険もおりました
あっという間の18年
いつの間にか18年
大学進学に備え、毎月コツコツと貯めたお金
「もう18年経ったのかぁ…。」

大学に行って欲しかったなぁ
でも何のために?
みんなと同じように

大学を受験しなかった私は、娘には大学に行って欲しかった
何のために?
私のためかなぁ?
なんて。


オープンしてから1年間、仕事に専念させて!
と家族にお願いし、最小限の家事以外を一切しなかった私。
そのツケは8連休に回ってきました

なるほどー
家を仕切るものが居ないと、家もこんな風になるんだなぁって。

連休中はひたすら片付けをしようと思ったけど、お正月早々自転車で転んで肋骨痛いし、そこそこで片付けするのをやめて、親戚の元でゆっくりして、めっちゃ食べて寝て、トランプして遊んで、嫁コタツで寝まくって
我が家に帰ってからもまだ肋骨痛いから、片付けの続きはそこそこで終わりにして、やることやりつつ私がのんびりしていたら
久しぶりに一家団欒というか、家族みんなが笑顔になりました。

思ったことは……
家庭を顧みず働くなんて、
家族を笑顔に出来ない仕事なんて、そんな働き方をしなければならない仕事なんて、自分は幸せになれないと思いました

私が家を回していたんだなって、痛感しました

今年の抱負は
家庭を大事に
仕事を大事に
私を大事に

それぞれ3等分にして、頑張ってみようかなと思います(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑


今日は七草粥の日
主人はお仕事
娘は東京へ

家族にも食べて欲しかったけど、あえてそこに拘らない気持ちも大事

七草粥って何?って言い出しそうな娘
それくらい、あの子の頭の中は自分の将来の事でいっぱいなのだ

今年も七草粥を食べさせてあげれなかった
でも、それでもいいと思えるようになったのは、私を理解してくれた人達のお陰です(^^)

今年の抱負、忘れるんじゃないぞ!私!!!

令和2年 営業開始の付出しは七草粥
みんな食べに来て💕
歌いに来てー😍

今年もStoryを宜しくお願い致します!