新型コロナウィルスの感染の予防のために家庭でできる手軽な方法-セックスの限定・トイレの掃除など | ヨハネのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

ヨハネのブログ

聖書の真理に基づく黙想

(1)コロナウィルスは何を介して感染するか

(2)いわゆる性感染症と新型コロナがどのような共通点があると考えられるか
(3)コロナウィルスがふん便や尿に大量に含まれることからどんな予防対策が必要であることが分かりますか
(4)コロナウィルス感染者を収容している病院などのトイレの掃除が使用後毎回必要
(5)家庭でコロナウィルスの感染を防ぐためにトイレの清潔さを保つ
(6)トイレで使う消毒液として用いることができる酢酸・クエン酸・台所用洗剤など

(7)クエン酸やお酢を生活にとりいれる

(8)コロナウィルスは乾燥で感染力を失うため雑巾を完全に乾燥させる必要



 

0corona virus
コロナウィルスはどのような特徴のあるウィルスなのか




(1)コロナウィルスは何を介して感染するか
 

 コロナウィルスはサーズの類縁種です。繰り返しますが、
SARS ウイルスは患者の血液、痰、鼻咽腔粘液すなわち鼻水などの気道分泌物、ふん便や尿に存在していることが分かっています。

 研究によると、便中では少なくと も 2 日間、下痢便中では 4 日間、尿中では 24 時間程度は生存することが示されているそうです。


 さらに、ウィルスは細菌と異なり、水の中では増殖しませんが、生物の腸や肝臓で増殖します。そして、ふん便から大量に排泄されます。



(2)いわゆる性感染症と新型コロナがどのような共通点があると考えられるか

 いわゆるHIVなどの性感染症ウィルスの場合は、とりわけ精液や膣分泌液に大量に含まれているそうです。そして、コロナウィルスが特に精液や膣分泌液に、とりわけ大量に含まれているデータは見たことがありません。


 しかし、コロナウィルスは直接感染と飛沫感染で感染します。性行をするということは、それら直接感染と飛沫感染のリスクを大いに犯すことになるので、結果として性関係でも感染します。

 ですから、コロナウィルスがインフルエンザ系の特性があるウィルスであっても、いわゆる性感染症の感染の仕方と同じ結果になります。



 また、すでに述べましたが、サーズウィルスはそうですが、コロナウィルスはとりわけふん便に含まれているので、肛門交接をする男性同性愛の場合は、感染の確率が高くなります。そして、コロナウィルスは女性よりも男性の方が致死率が高いというデータがあります。

 

SARS(重症急性呼吸器症候群)とは - 厚生労働省-戸山研究庁舎


 同性愛は、女性よりも男性同性愛者の割合が高いです。それで、やはり、コロナウィルスが男性同性愛によって、感染する可能性が高いことを示しているかもしれません。


 また、コロナウィルスは、気道の粘液や唾に含まれていることを考えると、普通の体型のセックスだけでなく、オーラルセックスなども感染経路になると言えます。


 ですから、すでに述べましたが、とりわけ、同性愛行為を避けること、自分に対して忠実な配偶者だけに性関係を限ることは、確かにコロナウィルスの感染予防になります。


 聖書は結婚関係以外の性関係、すなわち、淫行や同性愛を禁じています。 (コリント第一6:9,10)





 

0gay pride

肛門交接の同性愛はコロナウィルスに感染する可能性がとても高い

Tim Evanson

Cowboy love - DC Gay Pride Parade 2012




 また、自分の配偶者だけと生涯、性関係を楽しむように勧めています。聖書は、「あなたの若い時の妻と共に歓べ。彼女は愛らしい雌鹿,麗しい山やぎである。その乳房が常にあなたを酔わせるように。その愛によって絶えず陶酔するように。」と述べています。(箴言5:18,19) 

 それで、若い時の妻との性関係で生涯喜んだり陶酔したりすることが可能であることを示しています。そして、忠実な配偶者との間だけに性関係を限ることはコロナウィルスを初めとした感染症に感染することを予防できます。


 

0marriage2
結婚関係で互いに忠実であることは神との良い関係と健康に寄与し命を長くする






(3)コロナウィルスがふん便や尿に大量に含まれることからどんな予防対策が必要であることが分かりますか


 コロナウィルスは便や尿を介して感染します。聖書も大便や尿などの排泄物が不潔なものであることを示しています。
(申命記23:12,13)

 さらに、
モーセの律法下のイスラエル人に次のような命令が与えられていました。エホバ神はわたしたちを救うために陣営の中を歩いておられます。

 それで、エホバ神が陣営の中に「みだりなもの」、すなわち「糞便」を「ご覧になり,あなたに伴うのをやめて引き返してしまわれる」ことのないように陣営は「聖なるところでなければならない」と命じられていました。(申命記23:14)



 エホバ神は、細菌やウィルスも作られ、エホバ神にとっても、疫病を引き起こす便や尿が汚れたものとみなしておられることが分かります。エホバ神に是認を保つために、トイレを清潔に保つように努力をしなければならないことが分かります。

 
それで、実際、ウィルス感染者からの感染を防ぐためには、トイレの掃除を励行することが必要です。

 しかしながら、エホバは単にコロナウィルスを人間に罰を与えるためにだけ創造されたとは思えません。紫外線などが大量になると健康に害になりますが、ある程度の量であれば、人体の健康にプラスになります。

 同じように、コロナウィルスも今は分かりませんが、何か人間の健康にプラスになる働きがあるのではないかと思います。でも、それが大量になり、リークしたりすると、人間の健康に害になるのではないかと思います。



(4)コロナウィルス感染者を収容している病院などのトイレの掃除が使用後毎回必要



 このことは、病院などコロナウィルスの感染者を収容しているところで、トイレの掃除を励行する必要も示しています。また、職員がトイレを掃除する際に、感染を防ぐために、手袋とマスクの着用が必要です。

 職員だけに、こうした掃除の責任を負わせるのは、大変気の毒だと思います。

 ですから、やはり、軽度の症状の患者の場合は、各自に、用を足した後、消毒をするように求めた方がいいと思います。


 また、病院の職員や、面会に来た人が、病院や施設のトイレを使う際に、洋式トイレであれば事前に便器を消毒するのが賢明であることを示しています。


(5)家庭でコロナウィルスの感染を防ぐためにトイレの清潔さを保つ

 家庭の場合、子供は、ウィルスに感染していても、症状が現れないことがあるので、家族の他のメンバーの健康に配慮を払うように、使用後に消毒か掃除をするよう教えたらいいと思います。

 
一日、1回のトイレ掃除だと不十分だと言えます。他の人に感染させないために、子供たちも含めて家族のひとりひとりがトイレの使用後に、毎回、消毒することが必要です。

 排泄排尿を済ませた後に、便座など便や尿が触れたり飛び散った可能性のある所を殺菌効果のあるペーパーや布でひとふきすることを家族ひとりひとりの習慣にしたらいいと思います。


 家庭の場合、毎回のトイレの使用後の掃除が、できるだけ面倒な作業にならないように、また高額な費用を必要としないようにすることがどうしても必要だと思います。

 ですから、トイレットペーパーで、アルコールか、クエン酸か、塩素系消毒液、その他の消毒液を吹き付けて、洋式トイレであれば、少なくとも体が触れる部分をひとふきするように習慣づけたらいいかもしれません。

 コロナウィルスは台所用洗剤でも消毒ができるそうです。台所用洗剤を薄めたもので便座をひとふきするだけでもいいかもしれません。

 そうすれば、万が一、ウィルスを保有していても、家族やお客さんに感染させないように気遣いを示せます。



 後、便や尿が飛び散った可能性のある床や壁も掃除をする方が望ましいです。徹底的な掃除は、どうしても親がすることが必要になるかもしれません。


 でも、これも、家族の成員各自で交代で分担したらいちばん望ましいと思います。子供たちにも若い時から、清潔さを保つ必要性を認識させることができます。

 また、家庭で徹底的なトイレの掃除の際に、ウィルスに感染しないように、手袋やマスクを使用することが推奨されます。


 

0bathroom cleaning
 

コロナウィルスの感染の予防のためにトイレの清潔さを保つために掃除を励行することが必要




 

   一人暮らしでも、いつお客さんがトイレを借りにこられるとも限りませんから、使用後にトイレの便座だけでも、毎回、消毒液のついたペーパーや布などでひとふきする習慣をつけたらいいかもしれません。



(6)トイレで使う消毒液として用いることができる酢酸・クエン酸・台所用洗剤など

  
 消毒液は、さまざまなものがあり、やはり消毒用アルコールが一番殺菌力が高いようです。その他にも、氷酢酸は通常の有機酸の中では、一番、殺菌力が強いようです。氷酢酸は、日本の気候では、人体に安全です。

 酢酸とはお酢の主成分です。お酢にはクエン酸やその他の有機酸が入っていることもあります。


Nippon Shokuhin Kogyo Gakkaishi 
有 機 酸 類 の 抗 菌 性 



 上記のサイトには、おおむね酢酸が強い抗菌性を示すこと、クエン酸の方が塩酸よりも抗菌力があることが示されています。


 残念ながら上のサイトは、ウィルスではなく細菌に対するさまざまな有機酸の抗菌性を調べたものです。しかしながら、さまざまなウィルスには、それぞれ適度なPHがあり、通常、細菌もウィルスも強酸にも強アルカリにも弱いそうです。そのようにしてさまざまな消毒剤が作られています。それで、通常殺菌性のあるものは、殺アルカリ性もあると考えられます。

 

 下記のサイトには、さまざまなウィルスの特性の研究結果が書かれています。さらに、大抵のウィルスの消毒に用いられるものとして、過酢酸が勧められています。


 

感染症法に基づく消毒・滅菌の手引き




 過酢酸も殺菌力があり、人体に安全で消毒剤として用いられますが、純粋な過酢酸は爆発性があるとネットにあります。クエン酸は人体に安全で、次亜塩素酸よりも殺菌力があります。


 下記のサイトには、普通の台所用洗剤サーズの消毒として効果があるという記載があります。市販のトイレ掃除製品も用いられると思います。



 

SARSに関する消毒(三訂版)(感染症情報センター)



 

 消毒用アルコールは高価ですが、クエン酸の粉が、100円ショップで販売されています。水で薄めて噴霧して使用することもできます。クエン酸は、ネットなら、比較的大容量のものを安価で入手できます。


 水道局の行う水道水の塩素消毒は、細菌やウィルスの殺菌にも、ある程度効果があると考えられています。


 しかし、
クエン酸の殺菌力のためネットでは、とりわけトイレ掃除に使うことが勧められています。クエン酸は、日常のその他の掃除や洗濯にも使えます。消臭効果もあります。


(7)クエン酸やお酢を生活にとりいれる

 


 コロナウィルスはとりわけ、腸や肝臓で増殖するそうです。水の中では、ある程度生存できますが、水中で増殖はできません。それで、糞便中に腸内で増殖したウィルスが大量に排出されるそうです。ですから、コロナウィルスは主に腸に存在すると考えられます。

 それで、クエン酸に殺ウィルス作用があることを考えるならば、薄いクエン酸水を飲んでみるなら、少しは、腸内コロナウィルスを減少させることになるのではないでしょうか。

 レモンにはクエン酸が多く含まれているそうですが、クエン酸水に蜂蜜を入れて飲むとレモンジュースみたいでおいしいです。クエン酸ジュースを飲むと、お腹の物が全部出たような感じがしました。ネットには、クエン酸水は、宿便を出す効果があると書かれています。

 お酢の主成分は、酢酸です。酢酸は、酸性で殺菌効果や殺ウィルス性があるはずです。なぜなら、腸内細菌が酢酸を産生するからです。ですから、クエン酸水と共に、ワインビネガーなどお酢を使った飲み物や、酢の物の料理も、風邪予防、すなわちコロナ予防にもいいのではないかと思います。

 お酢は、食べ物を腐らせない作用があることが経験的に分かっていました。それで、日本人は寿司飯をよく作ります。食べ物を腐らさないというのは、抗菌作用があるということを意味しています。

 抗菌作用は、ある程度は、抗ウィルス作用も伴うと考えられるので、お酢をだいぶ使う寿司飯もある程度健康的な食物なのでしょう。

 

(8)コロナウィルスは乾燥で感染力を失うため雑巾を完全に乾燥させる必要

  ネットで、加湿器を置いた方が感染しにくいという声があり、また、熱帯では、夏の雨季にもインフルエンザが流行するという情報があったので、ウィルスは湿気がある方が感染やすいのか、乾燥した方が感染しやすいのか疑問に思っていました。

 下の感染症の専門家の所見によると、ウィルス類は基本乾燥すると感染力を失うとされています。普通は、咳で口から出たウィルスは乾燥していると地面に落下するまでには、感染力を失うそうです。


 

緊急寄稿(1)新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のウイルス学的特徴と感染様式の考察(白木公康)


 ですから、部屋に加湿器を置くと、通常はウィルスが感染力を保持することになるので、インフルエンザの流行時には良くないと言えます。

 
そして、物の上でどれぐらい感染性が保持されるかについては,従来3時間程度と言われてきましたが,中国SARS対策委員会によると、プラスティックなどの表面で3日程度,痰や糞便では5日,尿中で10日であるということが述べられています。

 もし、対処をしなければ、ウィルスは案外しつこく存続していくようです。

 さらに
香港のホテルで集団発生した事例では,テルのコロナの感染者の部屋をぞうきんで掃除して、その雑巾で同じ階の他の部屋を掃除して感染を広げたという例があるそうです。


 それで、濡れた雑巾は、感染源となるようです。
このことを考えると、当然、病院や家庭で雑巾でトイレを掃除して、ふん便や尿を拭いたり、部屋を掃除した雑巾や、台所で使ったふきんなども、毎日洗って日光で完全に乾かした方がいいということになります。

 
乾燥が不十分で湿気のあるぞうきんやふきんのままだとウィルスが生きているかもしれません。 

 消毒剤として、台所用洗剤やクエン酸を使うこともできます。塩素系漂白剤は、強アルカリ性で殺アルカリの作用があるので使えます。でも、手袋をしないといけないので少し面倒に感じます。




 

0hanging rags in the sun
トイレや家を掃除するのに使ったぞうきんやふきんも日光で完全に乾燥消毒するのがお勧め




 


 鼻汁をふいたり、咳を止めるのに使ったマスクもハンカチやふきんもやはり、毎日洗って日光消毒つまり完全に日に干して乾かすことが望ましいと言う事になります。


 でも、通常は、消毒剤だけでも、ウィルスは感染力を失うようです。完璧を期すならば洗って乾かす方がいいことになります。

 あるいは消毒液が入手できなくても、洗って日に干して完全に乾かすだけでも、ウィルスの感染力をなくせるはずです。 

 

 以上は、新型コロナ対策として家庭でできることとして、忠節な配偶者だけにセックスを限ること、トイレ掃除、また、トイレ掃除に使う雑巾を完全に乾かす必要性をお伝えしました。また、クエン酸やお酢を生活に取り入れることも、コロナ予防に役立つと考えられます。