エホバ神に祈りを聞いていただいた中国の虐待された全能神教会の信者 | ヨハネのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

ヨハネのブログ

聖書の真理に基づく黙想

  全能神教会の男性信者が迫害され拷問された時に、どのようなことを思い巡らされたかということを語っておられます。わたしはこの方の聖書の神に対する信仰と、神に死に至るまでも服従しようとするその献身の思いに心を動かされます。
 

死の縁にいた私を、全能神が助けに来てくださった


 さらに、わたしは全能神教会の信者の方たちが本当に気の毒だと思います。

 わたしは、中国共産党が悪魔サタンであるとは思いません。それは、聖書的に正しい解釈ではありません。しかし、全能神教会の信者の方たちが、経験したようなことを経験すると、確かに中国共産党が悪魔サタンであるという教理が本当に正しいとみなしてしまうと思います。


 けれども、わたしたちクリスチャンが真の敵とみなすべきものは、霊者の悪魔サタンだと思います。エフェソス書にもクリスチャンの行う格闘について次のように述べられています。「わたしたちのする格闘は,血肉に対するものではなく,もろもろの政府と権威,またこの闇の世の支配者たちと,天の場所にある邪悪な霊の勢力に対するものだからです。」(エフェソス6:12)





 

0devil2

悪魔サタンは中国共産党ではなく邪悪な霊の頭

 

 

  クリスチャンの格闘する敵は、「天の場所にある邪悪な霊の勢力」だとあります。ですから、クリスチャンは、血肉の人間が敵なのではなく、彼らに影響を及ぼす悪魔サタンや悪霊たちの霊者たちが真の敵です。聖書は、わたしたちクリスチャンに上位の権威を恐れ、誉れをもたらし、そのために祈るようにとさえ述べています。

 わたしたちが一番注意を払うべきなのは、霊的な戦い、天で行われている戦いだと思います。けれども、中国共産党政府は、悪魔サタンに惑わされるままになっていると思います。


 でも、わたしはこの方の祈りに、エホバ神は答えてくださってその信仰に報いてくださったのではないかと思います。

(1)聖書を解釈する際に聖書の六十六冊の聖典に固くつく必要がある


 しかしながら、この迫害された全能神教会の信者の方は、思いの中で、神の言葉聖書と、それ以外の楊氏の解釈の言葉を同列においておられます。この信者の方は、聖書の言葉もとてもよく思い巡らしておられますが、聖書以外の言葉にもずいぶん注意を払っておられます。


 楊氏は、聖書の解釈をされる際に、多くのみ言葉を用いてはおられます。多くの聖句を思いめぐらしておられるその努力は良いとことだと思います。けれども、聖書の理解しようとする際に、他の聖書の言葉を参照するという程度が低いので、解釈が間違っていると思います。

  聖書は「愛する者たちよ,霊感の表現すべてを信じてはなりません。むしろ,その霊感の表現を試して,それが神から出ているかどうかを見きわめなさい。」と勧めています。(ヨハネ第一4:1)ですから、ある聖書の解釈すべてをなんでもすぐに受け入れるべきではないです。それを吟味する必要があります。

 それは、聖書の六十六冊の聖典「神の霊感を受けた」「聖書全体」と調和しているかどうかを理性と思考力を十分働かせて見きわめる必要があります。(テモテ第二3:16) 


 しかし、楊氏の解釈の仕方が、聖書に基づいた黙想の結果を述べておられるのではなく、奇跡的に超自然的な力に動かされて語っていたというのであれば、それは、聖書がいう「悪霊の霊感による表現」かもしれません。(啓示16:14)

     楊氏の解釈は、割と聖書に調和している部分もありますが、聖書が述べる音信からずれている部分もあります。ペテロ第二の手紙の中で、聖書の中には、「理解しにくいところ」があるということを認めており、聖書を「曲解」するなら、「自らの滅びを招く」危険があると述べています。(ペテロ第二3:16)

 ですから、聖書の六十六冊の聖典をよく読んで、思考力を十分働かせて、聖書そのものがなんと言っているか、見極めなければ、滅びを招く危険があると思います。


 その聖書の解釈が聖書の聖典に基づいていないならば、全能神教会の信者たちが、「熱心」であっても、「正確な知識」に基づいておらず、神の是認を得そこなってしまうかもしれません。(ローマ10:2)それで、もっと聖書そのものを読み込むように努力されると、より正しい解釈に到達できると思います。

 

(2)より一層聖書を読まれて真理を探究していかれるようにというお勧め

 わたしは以前、エホバの証人で、エホバの証人の教理を全部正しいと考えていました。でも、今は、エホバの証人の教えの中には、間違っていたものも含まれていたと考えています。

 けれども、わたしはエホバの証人の時も、聖書の神エホバを崇拝していて、聖書に従いたいと願っていました。そして、わたしがエホバの証人の時、エホバ神はわたしの祈りを聞いてくださったことがありました。

 すると、エホバ神は、祈りを聞かれる際に、現時点では、私たちが聖書を100%正確に理解していることを求められないと思います。将来的には、聖書に関する知識が満ちあふれる時が来ると思いますが、今はその時ではないと思います。(ダニエル12:4)

 結局、現時点では、聖書が100%理解できている人はひとりもいないわけですし、エホバ神は聖書の理解が不十分であっても、ご自分に対する愛と献身に応じてくださると思います。

 預言者ダニエルでさえ、自分が聞いたことをすべて理解できてはいませんでした。それでも、ダニエルの祈りは聞かれていました。(ダニエル12:8)


 

0daniel's prayer small
預言者ダニエルはすべてを理解してはいなかったが祈りを聞かれ保護を受けた




  でも、エホバ神は祈りを聞かれる神です。(詩編65:2)エホバ神は私たちクリスチャンの側が、知識その他で不十分なところがあっても、わたしたちの祈りをある程度聞いてくださるのだと思います。

 
ですから、現時点では、エホバ神は、クリスチャンたちに対して私たちに最初から100%求められず、漸進的に導いていかれるのではないかと思います。「いよいよ明るさを増していく」のであって、最初から真昼の明るさのもとにいるわけではないのです。(箴言4:18)

 それで、全能神教会の信者の方には、さらにいっそう、聖書そのものに注意を向けられるようお勧めします。そのようにして、エホバ神の是認を受けられますように。



(3)中国共産党政府に対して聖書の神に対する信仰を抱くクリスチャンに対する迫害をやめるようにというお勧め



 このことは、やはり、一部は聖書に基づいた信仰を抱いておられる全能神教会の信者に対する中国共産党の迫害と流血を聖書の神エホバ神が怒りを抱かれるということを示しているのではないかと思います。

 それで、中国共産党政府がやはり、全能神教会を始め、その他のキリスト教会に対する迫害をやめられないと、やはり、中国に対する疫病その他の国難が今後も続くことになると思います。

 疫病その他の国難はただ単にその物理的な国難を意味するのではなく、まことの神創造者の怒りを表していると思います。

 それで、中国共産党政府の当局の方々に、中国で全能神教会を始め秋雨聖約教会、エホバの証人、その他の地下教会に対する迫害をやめられるようにお勧め致します。その方が、中国にとって聖書の神エホバからの祝福を受けられる結果になると思います。