こんばんは、運命学カウンセラー沙璃(さり)です。

 

お金のブロックが
外れない、というご相談をよくいただきます。
 

このブロックは、潜在意識に
存在しているものなので、
「オートマチック」に発動するんです。

心理学の言葉に、「禁止令」と「ドライバー」
というものがあります。

これは、自分らしく生きていくことに
対して、制限・制約を作り
選択の範囲を狭めます。

また、逆に思考停止状態になって
一定の行動・選択のパターンをする
ように駆り立てられるものでもあります。

いずれにしても、生きづらさを感じますよね。

潜在意識に落とし込まれた思考=制限

こそが、ブロックなのだと私は考えています。

このブロックは、幼少期に育った環境の中で
保護者や養育者からインストールされた
理不尽で非生産的なメッセージによって
出来上がります。

ここで、注意したいのが

親や養育者を犯人にしましょう!
ということではないんですね。

親もまたその親から、そのまた親も
そのまたの親から、というように
連綿と受け継がれているものなんです。

なので、犯人捜しは必要ありません。

 



話をお金のブロックに戻します。


これは、たんに家系的なものだけではなく
国家、地域性によるものも大きいのだと
いうことがわかります。

どこか、お金の話をするとえげつない
と思われたり、下品だと思われたり
することが多いですね。

※ただ、これもつき合う相手によって
まったく違う話になります。

すると、心のどこかでお金をタブー視
している自分がいたり、お金に関する
ネガティブな言葉を無意識に頻用して
しまうんですね。

かつては、お金のブロックの

申し子だったような私ですが

私がお金のブロックがゆるんで

溶けていくようになったプロセスをお話しします。
(ブロックは取り去る、とか、消し去るという
感じではないですね)

というわけで、お金のブロックが
外れたときの私がまず行ったことをご紹介します。

1,お財布にあるお金を取り出して
1つ1つ手にとって、丁寧に見る。


お札にはアイロンをかける。

※お札を裸でアイロンをかけると
燃えることがあるのでご注意です。

硬化は、お酢を混ぜた水で拭く。

できれば、眠る時にお財布を抱く。

つまり、お金さんと仲良くなるということです。

2,お金に関して話をするとき
ネガティブな言葉を発していないか検証する。


たとえば

・すぐになくなる
・羽が生えてまた飛んでいってしまった
・貧乏神に取り憑かれてるんじゃないか
・お金がない(⇒これ、あいさつ代わりに言っている人が多いです・笑)

3,お金のブロックが強い人との接触を減らす

お金に関するブロックが強い=ネガティブな印象を持っている

ということですね。
先ほどの2番を意識して過ごしていますと
人が話す内容でお金のブロックが強いか
わかるようになってきます。

冷たいように思えるかもしれませんが
そういう人とつき合うことを避けることを
おすすめします。

しかし、避けられない状況もあると
思いますので、そんな時は、お金に対する
ネガティブな話題が上がったら、その場から
離れましょう。
(ちょっとくらいウソついてもいいので・笑)

または、楽しい話題を振るなどして
話題そのものを変えてしまってください。

ここで気をつけたいのは、相手に対して
「あなたにはお金のブロックがあるのよ」
などと指摘したりレクチャーしないことですねー(笑)

仲の良い人5名の平均収入が自分の
収入とほぼ一致する、というデータもあるのですね。

そんなわけで、まずは上の3つを試して
みてくださいませ(^^

 

 

最新のご案内

 

無料メルマガ 無料占い

 

大好評 DVDセミナー

 

 

虹ブログ村に参加してみました。

下のボタン、またはリンクへの応援のクリック、励みになっています。

ありがとうございます!

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

 

ブログ村 占い