こんばんは、運命学カウンセラー沙璃(さり)です。

 

バンジージャンプを経験されたことはありますか?

 

私は、2回ほどあります。

 

昨日、テレビ番組でバンジージャンプの

シーンを見て、思ったことがあります。

 

バンジージャンプは

人生の大きな転機を象徴している。

 

人生の中で、大きな決断や覚悟

思い切って1歩を踏み出ることが

いつの日か「バンジー」と呼ばれる

ようになりましたよね。

 

清水の舞台から飛び降りる

という表現と、とても近いものがあると思います。

 

 

バンジージャンプは、もともと

南太平洋の国、バヌアツの男性の成人の儀式でした。

 

気で組み立てた高い台から

ひもをつけて、飛び降ります。

 

中には、この儀式で命を落とす人もいます。

 

成人の儀式には、死と直面することに

深い意味があります。

 

死を近くに感じることで、生きることを意識する。

 

これは、大病を患われたり

いきなりリストラに遭ったりと

 

今までの生活が根底から脅かされる

ような経験をされることと同じだと思います。

 

これが、人生の転機です。

 

バンジージャンプという成人の儀式は、

この人生の転機を、意図的に体験

するようになっている、いわゆる

通過儀礼なんですね。

 

古き日本の風習では、元服(刀を持つ)

ということと同じかもしれません。

 

ちなみに、この元服は、15歳で行なわれます。

 

現代の、義務教育の完了が

同じく15歳です。

 

話をバンジーに戻しますね。

 

私が初めてバンジージャンプに

チャレンジしたのは

 

21歳のとき、夏休みを利用して

バリ島に行ったときでした。

 

当時はお約束の現地の

人に声をかけられて、友人と

うながされるままバンに乗り

 

すでに乗っていた日本人

女性2人に混じって、総計5人で

バンジーの場所に行きました。

 

もともと乗っていたお2人が

バリ島に明るく、バンジーをする

つもりでいたのですね。

 

現場に着いて、私たちグループは

見ているだけのつもりだったのですが

 

誰に促されたのでもないのに

私の心はなぜか

 

バンジージャンプをする氣まんまんで

それに伴う緊張すらしておりました。

 

自分でも、意味不明です。

 

なぜ、自分がバンジージャンプを

するという前提で、ここにいるのか?

 

チキンハートな私は、このバンジー会場は

本当に大丈夫なのか?

 

高度、50メートルですよ。

 

ビルの20階くらいの高さですよ、、、(><)

 

待機室を見ると、世界中の人達の

バンジー大成功の写真が貼ってある

ではないですか。

 

規約のようなものを英語で読み

(だからぜんぜんわからない)

とりあえず、サインしたんですね。

おい!!

 

日本人のリピーターもこうして

いるわけで、大丈夫なんだという

ことが、わかりました。

 

そして、いざ、バンジー台に

乗った時、、、、

 

怖い(iДi)

 

ただ、ひたすら、怖い。

 

万が一、億が一の事故はあるかもしれません。

 

が、確率は高額の宝くじが当るよりも

はるかに低いわけです。

 

だから、頭ではよくわかっているんです。

 

ほぼ絶対に、大丈夫なんです。

 

もし、もしも、、、、なことがあったら

それが、自分の寿命なのだろう、とか

大袈裟にも考えていました。

 

いっそのこと、辞世の句さえ

したためようかと思いました(笑)

 

そんな思いを抱えながら

バンジースタートのホイッスルが

「ピーーーーーーーーーーーー!!」

と、高く鳴りました。

 

このホイッスルを聞いた瞬間

意味不明にも、肝が据わりました。

 

飛び込むしかない。

 

かけ声がかかります。

 

スリー

ツー

ワン・・・

 

バンジーーーーーーーー!!

 

この瞬間に、身体は勝手に

湖にダイブしておりました。

 

ジェットコースターが落ちる

その感覚よりも、遙かに

ゆっくりと、身体は落ちていきます。

 

椰子の木が視点よりも高く見えてきます。

青空と雲が美しいと思いました。

 

意味不明な英雄感が湧きました。

 

私は、何でもできる。

世界は、自在に創ることができる。

 

そんな思いが溢れてきて

 

超~~~~~~~ぉエキサイト状態です!!

 

強力なゴム製のベルトのおかげで

ぶら~~ん、ぶら~~んと揺られた

全身を引き上げられ、バンジージャンプは終わりました。

 

戻った私を、友人2名と

バリ島通の女性2名が

拍手喝采で出迎えてくれました。

 

その時、とてつもない感謝の気持ちが

あふれ出たんですね。

 

20年以上前の思い出話に

お付き合いくださりありがとうございます。

 

そんなことを思い出して、発見しました。

 

人生の転機、ステージチェンジって、バンジージャンプなんだ。

 

ということです。

 

皆さんご存知のように

 

人生のすべてに意味がある

今の苦しい状況なども、必要があってのこと

必ず乗り越えられる

人生のあらゆることは、自分の想念が作り出している

魂は、そのことを知っている

 

ということ。

 

バンジーで言うと、各種リサーチにより

ほぼ絶対に大丈夫だということ。

 

ええ、わかっているんですよね(^^

 

だけど、その渦中にあると

そんなこと言っていられなくなる。

 

50メートルの高さからゴム紐1本で

飛び降りるンでっせ。

 

これは

 

退職

リストラの憂き目にあう

離婚をいいわたされる

子供がはちゃめちゃな無理難題言う

引っ越す

本音を言う

自己表現をする

ブログを書く

好きな人に告白する

今までの価値観を捨てる

今までにないお洋服のコーディネートをする

 

っていうことと、同じですよね。

 

自分が壊れちゃうんじゃないか

死 んでしまうんじゃないか(極論)

 

少なくとも、生命の維持存続が

おびやかされる恐怖が共なうのですよね。

 

少なくとも、その時は。

 

いざ、行動に移すとなると

 

心拍数は上がるわ

汗はかくは

最悪の事態を想定するわ

おしっこもらしそうになるわ

ムリムリ~~~!って叫びたくなるわ

 

あれこれ、抵抗するんですけど

 

最終的に、ダイブします。

その回はパスしたとしても

きっと、します。

 

何が言いたいかと申しますとね

 

頭では、真理を知っていても

それを実践するときは

 

怖くなるのが当たり前ってことです( ̄▽ ̄)

 

それでいいですし

それが健全。

 

だって、死と直面するようなものなんですから。

 

小さく死んでいる、とも言えますね。

 

だから、私たちは、1日、1日を過ごす

中で、毎回死んでいます。

 

毎日少しずつ、少しずつ

生れ変わっていて、バージョンアップしています。

 

それで、大きく変化する=転機のとき

 

は、そのつもりがなくても、勝手に転換します。

 

だから、全部OK、大丈夫なんです(^^

 

飛び込みたいときは、無条件に

飛び込むことになっているみたいですのでね★

 

 

 

最新のご案内

虹11月11日(日)千葉県成田市内にて、超開運ツアー&セミナーを行ないます。

9月13日に、先行のご案内を

希望された方にお送り致します。

ご興味がある方は、以下、先行のご案内希望にご登録くださいませ。

 


【満席御礼】9月個人鑑定(スケジュール)

 

 

無料メルマガ 無料占い

 

 

大好評 DVDセミナー

 

 

虹ブログ村に参加してみました。

下のボタン、またはリンクへの応援のクリック、励みになっています。

ありがとうございます!

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

 

ブログ村 占い