こんばんは、運命学カウンセラー沙璃(さり)です。

 

さくらももこさんが、肉体を卒業され

光の世界に還られました。

 

この国で、さくらももこさんのことを

ご存知ない方の方が、きっと少ないでしょう。

 

代表作のちびまるこちゃんは

さざえさんに並ぶ、日本人の温かな

心根や庶民文化を、長年にわたり

発信し続けてきてくださいました。

 

小学校高学年のころの

学校へいくのが憂鬱でたまらない

私にとって、ちびまるこちゃんは

心の栄養剤そのものでした。

 

登場人物はみなそれぞれ

個性があって、どの人にも

素晴らしいところがあるのを

おもしろおかしく見せてくださいます。

 

憎めない、というか、誰もが

愛おしい、そんな氣にさえさせてくれます。

 

今思うと、生き方の多様性を

肯定し続け、人生の素晴らしさを

発信し続けてくださったのですね。

 

また、数々のエッセイにも

心がほころび、日常の生活の中に

幸せは詰まっているのだ

ということを、教えてくださいました。

 

学生のとき、バリ島に旅行を

したことがあります。

 

ちょうどその直前にさくらももこさんの

何かの作品で、バリ島でナシゴレンを

食べたらあまりにおいしくて

夢中になった、というような

くだりを読み、バリ島の旅が、何倍も楽しくなりました。

 

私にとっては、さくらももこさんが

紡ぎ出される言葉の数々だけでなく

 

やはり、あのかわいくて

優しさが溢れるイラストにあります。

 

私にとってバイブルとも言える

 

「アミ 小さな宇宙人」

 

※著者はエンリケ・バリオスさん

 

の表紙や挿絵をさくらももこさんが

描かれているのが、もっとも印象的です。

 

この本は、小説でありながら

真実を説く、魂の指南書だと思っています。

 

 

 

この本は、素晴らしいので

いろいろな方にプレゼントして

手放しているのですが

 

どうしてもまた読みたくなって

数回も買ってしまったほどです(^^

 

この本のあとがきに、さくらももこさんが

 

「良い心を持った宇宙人の本を探していた」

 

というようなことをおっしゃっています。

 

宇宙人といえば、かつては

地球侵略とか、地球人を攻撃・支配する

ような存在として描かれていることが

多かったのですが

 

この作品に出てくる宇宙人の

アミは、愛の成熟度がとても高い人なんですね。

 

それで、感動したさくらももこさんは

この著者のエンリケ・バリオスさんに

会いたくて、チリまで飛んで行かれたそうです。

 

そこで、エンリケさんと深く通じ合う

会話を交わしたんだそうです。

 

この本との出逢いで、私の人生観は

大きく変わりました。

 

これは、さくらももこさんの挿絵の

影響が大きいと思っています。

 

日本人の多くの人になじみのある

さくらももこさんの絵が、この本を

手に取る一押しになっていると思います。

 

53歳という若さで、お亡くなりになりましたが

それは、あまりにも濃厚な

密度の高い時間経過の中で

 

数々の作品を通じて

 

たくさんの人々の心に火をともし

魂を輝かせ

 

この地球が激動の流れを

見事に乗り切って、平和な時代

ユートピアとなっていくのに

必要な「魂のお仕事」してくださったのだと思っています。

 

これから、もっともっと地球が

人類が、自然界が豊かに

平和に導かれていることを見届けて

くださるのだと思います。

 

さくらももこさんの身体は、

お役目を終えられて

これで終了となったかもしれませんが

 

きっと、今ごろアミとともに

 

「やったね♪

救済計画、大成功★」

 

と、ハイタッチをされているのではないかと思います(^^

 

さくらももこさんが届けてくださった

溢れるほどの愛のエッセンスを

 

ひとつひとつ丁寧に

実践していきます。

 

さくらももこさん、ありがとうございました!

感謝しかありません星

 

 

最新のご案内

 

 

無料メルマガ 無料占い

 

 

大好評 DVDセミナー

 

 

虹ブログ村に参加してみました。

下のボタン、またはリンクへの応援のクリック、励みになっています。

ありがとうございます!

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

 

ブログ村 占い