こんばんは、運命学カウンセラー沙璃(さり)です。

 

自分自身を大切にすることが
実は、ご自身だけでなく、

 

家族や周囲の人の

ハッピーにもつながる
ということを、よくお届けしています。

今回は、さらに一歩ふみこんで
お話ししたいと思います。

自分を大切にし、結果的に

相手のことも大切にする、

いわゆる自他尊重の

関係性を創るのに、

とても大切なことがあります。

それは




適度な距離感を持つ


ということです。

この距離感というのは、

みなさんと相手の人との

個人の境界線を守るということです。

この距離感は、相手によって違ってきますね。


とうぜん、家族や恋人など

自分にとって身近になる

存在ほど、その距離は短くなるわけです。

しかし、ここで、くっつきすぎるとどうなるか。


相手の境界線に踏み込む

あるいは自分の境界線に

相手が踏み込んでくることを
許してしまう、ということになります。


たとえば、夫の携帯電話を見て
「この子だれよ~!?」

と問いただすとか

恋人に、「お前は最低だな」などと

人格否定までされて

しまうような「アドバイス」を

言われて、

 

それを真に受けて、自分を
責め続けたりしてしまう、ということです。

ここで挙げたのは、

一つの例ですが
 

それぞれの相手との

それぞれの関係性の中で

それぞれの領域、境界線があります。

「人」いう字はね
(金八先生みたい・笑)


一人一人がお互いに

支え合っているものだと

言いますけど

 

支え合いのバランスが
偏ってしまうと、

お互いを突き刺してしまい
「×」の字になってしまう

(傷つけあう、腐らせてしまう)のですね。

そこで、この「人」という字を
少し切り離します。

 

すると「八」の字になりますね。

八は、末広がりと言われるように、
末永く、発展、成長していくことですね。

また、八卦(はっけ)は

東洋の自然学で

「万物を生み出す」という

永遠の発展性と

繁栄を表す数字なんですね。

そして、八(はち)の「は」は
ハッピーの「ハ」なんですね♪

「人」がお互いに成長し

高め合って「八」の

関係性を創っていくには

 

まず自分自身の、精神的な自立

自律が必要となるわけです。

余談ですが、東洋の

自然学である陰陽五行説

によると、左は陽、右は陰です。

つまり、「人」という

文字を見るとき左側が

男性(陽)、右側が女性(陰)となります。

男性が、女性に支えられていますね。

これは、バランスのとれた

関係性であるなら

女性からの支援を受けるということです。

支援を受ける、というのは
頼りにされる、癒される

ときには叱咤激励される、ということだそうです。

もし、距離感が縮みすぎて

相手の領域に踏み込むと

甘やかす、男性の力を

否定する、ということになり
ダメンズのいっちょあがり、というわけです。

「男女」にちなんでお話しすると
どうしても細かい部分まで

お伝えしきれなくなり

ますので、このへんにしておきますね。

ポイントは、自分と相手との
距離感を、適切にとることが
お互いが活き活きと

自分らしさを発揮していくことができる、ということです。

踏み込み過ぎていないか?
遠慮しすぎていないか?

相手に自分の機嫌をとらせようとしていないか?

相手との距離感について
日々の生活の中で、

どんな発見があるでしょうか?

 


 

「ギョウザ私の分まで食べただろ!

この落とし前どうしてくれんじゃい!」

 

「え~、食ってねぇだよ・・・。」

 

これも、他人に機嫌をとらせている行為ですね(笑)

 

 

【お知らせ】

 

虹「天地とつながる 自分とつながる超開運セミナー」

 

東京(4月28日)キャンセル待ち受付中。

大阪(4月30日)残席5名

 

詳しくはこちらをどうぞ。

 

 

 

虹ブログ村に参加してみました。

下のボタン、またはリンクへの応援のクリック、励みになっています。

ありがとうございます!

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

 

ブログ村 占い