こんばんは。
運命学カウンセラー 沙璃(さり)です。

今回のタイトルは、平松愛理さんの
名曲、「部屋とYシャツと私」を
ホラー仕立てのタイトルでお届け致します(笑)

個人鑑定や講座の中で意外と
出てくるお話、それが

邪気や生き霊のことです。

日本の文化では、いろいろと

目に見えない世界のことを

どこかで知っていて、それらが

日常生活の中でも自然と使われて
いるものなんですよね。

平安時代の源氏物語にしても、

生き霊によって殺されて

しまった人の話なども
でてきますし、

 

幽霊とか亡霊とかとは
違った怖さが、生きている

人の霊にはあると思っています。

かつての私は、そのテの話はほとんど
信じることもなく、受け手の

問題だろうとタカをくくって

いたのですが、いろいろと

専門家の話を聴いたり

自分自身が体験した

ことを踏まえますと


邪気も生き霊も、あながちでたらめ
ではないのだという確信に至りました。

まず、私は邪気や生き霊とは

このようなものだと考えています。

・邪気=怒り、恐怖、不安、嫉み

などの、いわゆる負の感情と

言われるものです。


負の感情の中でも、

とりわけ、攻撃性をはらんでいる
ものが、邪気が強いと思います。

いわゆるねちっこさの強いもの
恨み、嫉妬心、すねの感情などです。

・生き霊=その人の念が、凝固したもの

「念」とは、今の心と書くように
その人の強い思いが、

強すぎてこだわりすぎて執着となります。

それが肥大化したものが、生き霊となります。

書いてて寒くなってきましたが(苦笑)
ちょっと冷静に考えてみますとね。

邪気も、生き霊も、誰もが発するし
飛ばすものなんだということです(
 ̄▽ ̄)。

自分だって、飛ばす可能性

があるのだ、という自覚を

持ちますと、なにも
忌み嫌ったり、必要以上におびえる
必要はないじゃんないか、

と思うのですね。

生き霊を飛ばすのも

受けるのも、お互いの

「共同作業」なので
根っこは共通する何かがあるとも思うんです。

だから、何かにつけて、生き霊とか
邪気に憑かれた!!
と騒ぎたくないと私は考えています。

たまに、クライアントさんから

「もらっちゃった」
(邪気とか負のエネルギーとか生き霊を)


といって、自慢げに言って

いるセラピストとか占い師を見ると

「新手の自己顕示だな」

私には目に見えない特別な
力がありますアピール・・・。
って、冷ややかな目で見てしまう私がいます(苦笑)

それって、縁あって出逢った人を
蔑視しているといいますか
つながっていないんじゃないかと思うんです。

といいながら、実はこのような

経験を私自身がしております。

・運命学でデータを出すと
引力が強い星を持つ人がいて
その人は、いいものも、よくないものも
本人が意図していなくても、引き寄せてしまうんです。

実際に、そのへんの話で相談
される方は、その引力の星も持っていたりします。

・同じようなことをしているのに
なぜか、翌日動けなくなるほど
だるくなる、倦怠感に襲われる

これは、私自身のことなんですが
振り返ると、お会いした方が重いものを
抱えておられることが多いです。
(ご本人が自覚していなくても)

また、氣が滞っている場所に行くと
疲労感や頭痛がきたり

・これは聴いた話なのですが
セラピストやカウンセラー、占い師などが
「不完了」を抱えていて

(要は自分が病んでいる)

その自覚がなくて、セッションをすると
クライアントさんから、精気を無意識に
奪ってしまうというもの!!


これはまずいですね(><)

そんなこんなで、私なりの結論として
邪気とか生き霊とかとの付き合い方に
ついては、このようになりました。

・まず、自分の軸をしっかり作る
(他者との健全な境界線を引けること)

・必要以上に、それらを意識したり
排除すべきものとしない。


(極端に嫌がったり反応するもの、意識を向けていることになります)

・邪気も生き霊も、これらの変形したものである。

⇒愛(してほしい)、悲しみ、痛み

※日本昔話にも出てくるように、

我が子を失った優しかった母は、

その悲しみと理不尽さに怒り狂い、

般若ややまんばになるのです。

つまり、ベースは「愛なんだね」ということを思い出す。

・自分でケアできる範囲で外側からの
サポートツールを使い、自らを清浄な状態に保つ。



私自身、個人鑑定や講座、

セミナーなどお客様とお会いする

時に必ずしていることがあります。

それは、前日に両耳をせっけんでしっかり洗う。

鑑定や講座の初め、合間、終了時に手を洗う。

これで、自分の内側から

湧いてきた邪気もリセットできて、

クリアな状態でお迎えする
ことができるんですね。

これらのケアにあたって、

実は数年かけて
開発に着手してきたことがあります。

それは、「邪気取り石鹸」。

 


 

数年前に、台湾の聖職者の

方から聞いたことで、

邪気を祓うことの大切さを学びました。

また、それを祓うツールについても
教えていただきました。

そして、我が夫がそれを

日本人の方にマッチした形で

開発できないかと考えて
このたび、作製の運びとなりました。

 

そして、本年5月より販売を開始

し、おかげ様で大好評をいただいております。

 

石鹸について、詳しくはこちらをご覧くださいませ。

 

また、お使いくださった方々から

ご感想を多数いただきました。

 

今日は、1件ご紹介したいと思います。

 

【ここから】

まず初めに、開運石鹸を手に

取った時、ふっとキャッチしたことは、

お二人のこの石鹸への想いでした。


この石鹸を使って、
多くの人の開運・幸せに繋がってほしい。
との心からの願いが伝わってきたのでした。

これは、私が意図してリーディング

しようと思って感じたことではなく、

手に取った瞬間に視えたお二人の想いでした。

何かに対する想い、誰かに

対する想いが強ければ強いほど、
 

こちらから意図してリーディングを

しようと思わなくても、その想いが

自然とわかってしまうんです(^^;

実は、お二人の愛を感じたのは

私だけでなく、沖縄のスタッフも

まったく同じことを言っておりました。

「あの石鹸で手を洗っていると、
沙璃さんとぴゅんさんの愛を感じる。」

と言っておりました。

そして、手についた邪気を

流してくれるのも感じているそうです。
(サロンでは手洗い石鹸として使っています)

私の場合は、石鹸を2,3回使って、
そこで初めて、沙璃さんのサロンに

いらっしゃる神様、福徳正神さまの

エネルギーを感じました。

確か、この石鹸は福様の

前にお供えしたんでしたよね?

イメージでいうなら、石鹸の1番

外側のオーラにお二人の愛、
 

そして、内側のオーラに、福様の

愛のエネルギーオーラがある感じです。

イメージできますか?^^

福様のエネルギーは、邪気払いと

開運体質への改善で、
使う人によっては、邪気払いの石鹸、
 

または、開運体質の石鹸
となるのだろうな~と

ひとりしみじみ感じております。

ちなみに、私は、
ブレスを作るとき、遠隔ヒーリングを

する前にこの石鹸を使って

自分自身をリセットするときに使っています。

あとは、仕事を終えた後、
少し、エネルギーの滞りが

おきている個所をこの石鹸を使っています。
(例 足が重たかったら足をこの石鹸で洗っています)

実は、私、ここ何年も石鹸を

使って身体を洗っていません。
 

乾燥体質なので、手で肌をごしごししております。

ですが、この石鹸を使っても

お肌が乾燥しないので大変助かっております。

石鹸がなくなるその時まで、大切に使わせいただきます。

以上、エネルギーオタクの感想でした^^
【ここまで】

 

このご感想は、ブレスセッションで

数々の奇跡を見せてくださる

 

石読みしんこさん

 

がお送りくださったものです。

 

しんこさんのブレスセッションを私も

受けたことがあるのですが

それでどれほどの力づけを

していただいたか、言葉にできないほどです。

 

また、当サロンのスペースクリアリング

もしていただいています。

 

素晴らしいご感想をありがとうございました!


さて、夫はもともと警察官や

各種職業を経験して
おりまして、とりわけ警察官の時に
「邪気」というものを、

目の当たりにした体験をしております。

また、鉄道員を通じて、たくさんの人が
通過する駅で、人のエネルギーというものを
より繊細に感じるようになったそうです。

そこから、人と関わる

お仕事をされていたり


自分自身のメンテナンスを

大切にされたい方、

(もちろんセラピストなども含め)が

目に見えない「氣」から、さわやかに
気軽にメンテナンスをするサポートを
したいと考えていたようです。

浄化が起きますと、

開運を作りやすくなります。


そこで、「超開運せっけん」となりました。

次回、超開運石鹸、先行の販売と受付を
9月1日(土)19:00に、夫の「ぴゅん」のメルマガから行います。

ご興味のある方は、こちらに登録しておいてくださいませ。


 

 

最新のご案内

 

 

無料メルマガ 無料占い

 

 

大好評 DVDセミナー

 

 

 

虹ブログ村に参加してみました。

下のボタン、またはリンクへの応援のクリック、励みになっています。

ありがとうございます!

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

 

ブログ村 占い