こんばんは、運命学カウンセラー沙璃です。

 

お彼岸ですね。

この時期、田んぼのあぜ道や土手沿いでは
色鮮やかな彼岸花が

咲き乱れています。

 

私は、昨日夫のご先祖様の

お墓参りに行ってきました。

雨が降る中でのお参りは、風情がありますね(^^

 

 

 

中には、1輪だけが、凛として

咲いているのもあります。

 

花も人も、それぞれの生き様が

あるものなんですね。

 

そして、花の種(苗)は

自分がいつ咲くのかを知っています。

これは、人も同じです(^^

 

さて、この機会にお彼岸について

お話しします。

 

お彼岸とは、今の命をつないで
くれたご先祖に、感謝をする時期
であり、自分自身のルーツに思い
を馳せ、心のふるさとに帰る日と
されている、仏教の行事です。

 

お彼岸の中日は、本日秋分の日ですね。
この日は、天文学的にも、大きな節目
にあたります。

 

地球が、太陽の周りを1周で1年
ですが、そのちょうど4分の3を
通過した地点なんですね。

 

私が住んでいる、千葉県成田市の
近くにある、香取神宮の鳥居は

春分と秋分の日に、太陽が

真ん中を通るように設置されています。

 

メキシコにある遺跡、チチェン・イツァー
というピラミッドでは、その階段とその影
が、春分の日と秋分の日に

ヘビの形を創ります。


こんなふうに、世界的にも、神聖な日
なんですね。

 

それで、彼岸って、なに?
ってことですが(^^


これは、仏教の用語です。

 

彼岸とは、「悟り」という意味があります。


彼岸は、「かのきし」と読む。
つまり、「あっち側」ってことです。


心が穏やかで、煩悩から解放された
自由な状態をさすのです。

じゃあ、その反対は?

 

此岸(しがん)。「このきし」です。
「こっち側」です。
煩悩にまみれた状態です(笑)

 

この此岸とは、言い換えると、
日常の喧騒にまみれ、多忙きわまる
状態を指します。

 

この彼岸の時期は、日常のあわただしい
状態から解放されて、心静かに過ごしま
しょう、という意味もこめられている
んですね。

 

心静かに過ごし、今あるおのれの命に
感謝し、それをつないでくれたご先祖に
感謝し、生きていることへの喜びを
味わうときです。

 

中には、自分の両親の顔を知らない
という人もいます。
育ててくれた親と、生んでくれた親
が違う人もいます。


親が誰だかわかっているけど、大っ嫌い
という人もいます。

でも、確実に言えることは
あなたは、生きているということ

そして、このブログを読んでくれている

ということです(^^

 

彼岸の時期とは

 

今、ここで、今、自分が生かして

いただいているということを感じる時

 

なんじゃないか、と私は考えています。

1人1人が、いろんな思いや体験を
しながら、その人の人生の歴史を
刻んでいる・・・・。


なんと、尊いことなんでしょうか!

この時期のお墓参りは、ご先祖様
とつながりやすくなります。


できれば、お墓に30分くらい
滞在するといいみたいです。
スコーンと、メッセージがもらえる
かもしれません(^^

 

お墓参りに行けない人は、
おうちにある仏壇にでもいいですし
仏壇がない人は、この場で手を

合わせて命をつないでくれた存在に

感謝の気持ちを持つだけで十分です♪

 

手を合わせるのは、気脈を合わせる
こと、つながりやすくなるために
アンテナを張る方法の一つです。

 

それから、できる人は、この機会に
ご先祖様にお供えをすると、喜ばれます。


そうそう、秋分の日のお供え物には

「おはぎ」がよいそうです。

(といっても、故人が苦手ならば

備えなくていいと思います)

 

ちなみに、春分の日は、「ぼた餅」です。
※地方や宗派によって違いますが、
それぞれの季節のお花にたとえているそうです。

 

また、身近なご先祖様が生前好きだった
ものを備えるのも喜ばれます。
(私だったら、お酒ですね!・笑)

 

そうそう、「暑さ寒さも彼岸まで」
ということわざの通り、お彼岸が過ぎると
ぐっと寒くなります。


いい加減、衣替えせねば!

というわけで、この期間に
みなさんができる範囲で

季節の変化を感じ、
楽しみながら、今生きていること


命をつないでくれたことに思いを
馳せてみてください♪

 

 

最新のご案内

 

 

無料メルマガ 無料占い

 

 

大好評 DVDセミナー

 

 

虹ブログ村に参加してみました。

下のボタン、またはリンクへの応援のクリック、励みになっています。

ありがとうございます!

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

 

ブログ村 占い