バツイチ脱サラマスター Bar Little Wingのブログ

バツイチ脱サラマスター Bar Little Wingのブログ

メニューの紹介、好きな音楽のこと、腕時計やシルバーアクセ、日々の出来事等を書いています。

札幌市北区麻生町の小さなBLUES&ROCK BARです。
メニューの紹介、好きな音楽のこと、腕時計やシルバーアクセ、

日々の出来事等を書いています。


テーマ:

先週末はこんなのに出掛けて来ましたよ。

「北海道WHISKY FES2018」ロック

こういうのって津軽海峡の向こうの方ではよく催っているようですが、北海道では珍しいです。

今までも開催されてたのかな?いつも羨ましいなぁと思っていたので嬉しいですねかっこいい

では早速入ってみましょう。

既にたくさんのマニアの皆さんが。業者の方もいるのかな。

各ブースには、僕らのような平民が普段手が出ないようなボトルがずらり。

参加費払ってるとは言え、こんなのが試飲出来るとはたまらんキャー

これ↓はキビ(きびだんごのヤツ)を使用したシングルバレルのウイスキー。

ウイスキー以外のスピリッツ等も色々ありました。

アブサンって苦手なイメージがありましたが、これ↑は美味しかった!

お馴染みイチローズ・モルトに、

福島の山桜ウイスキー。

我らが北海道の厚岸蒸溜所。ここのニューポット美味しかった~。熟成後が楽しみです。

珍しいインドのウイスキー。これは今後伸びそうですよにこり

 

ワインの試飲会は何度か参加したことありますが、やはりウイスキーは酔いの回りが早い!

少量ですが全部試すのは当然ながら無理。20銘柄ほど楽しんで会場を後にしました。

ホントはもっと飲んでみたかったんですけどね。また次回ヤァ


テーマ:

先日、こんな催しに出かけてまいりました。

「におい展」 何これ?

要は香しいものからひん曲がるものまで、古今東西の色々なにおいを展示?しているもの。

こんなの面白いのかなぁ~?僕自身はそんなに期待していなかったんですけど、

結構お客さんが来場していてちょっとビックリビックリ

まぁ入ってみましょうか。入り口近くには、

ウイスキー等でもお馴染みの蒸溜器。ウチでも以前、同じ名前のclick→ブランデー 出してましたっけ。

これは昔の香料を造るためのものだそうですが、こんな小さいのは初めて見ました。

 

おっと。

「においチェッカー」

今まさに僕が神経質になっている事柄の一つ。そりゃ気になるお年頃ですから泣き1

早速首筋の近くでチェック開始!

大丈夫?ちょっと臭ってるんじゃないこれ?!え゛!

 

こんなのや、

こんなのは、とりあえず良いにおいなので問題ありませんが、

 

出た!

「くさや」干物

食べると美味しいんですけどねぇ。まぁ脳内補完出来れば食欲をそそる?レベルです。

 

この「カメムシ」意外にも爽やかな柑橘系の香り。なんと香料にも使われているらしいお~

 

「ドリアン」!ドリアン キング・オブ・フルーツ!

そのにおいのせいで、現地では公共施設への持ち込みが禁止されているんだとか。

そりゃそうでしょうよ、何たって王様なんですから。下々の者とは一緒に出来ません。

確かに臭いですが我慢出来なくはない感じ。でも部屋には持ち込めないかやっぱり。

落下してきたドリアンに当たって死ぬ人もいるというから、そっちの方が怖いかも?

 

次は...

「臭豆腐」これは結構キツかっただめ

ウォッシュチーズをもっと強烈にした感じ。なぜか売店でも売ってたけど、

これを酒のアテにするにはまだまだ修業が足りませんな。

そういえばチーズの類は展示されてなかったな。あの程度じゃまだまだ甘いということでしょうか。

 

こんなのがあったので一旦リセット。

 

おえっ!こんなの無理靴下 そもそも誰の靴下だよもうだめ…

 

怪しい文言の向こうには...

これまた怪しいマネキン人形が。

Tシャツに男女のフェロモンのにおいが付いているんだとか。

どっちがどっちだか分かりませんでしたが、どちらも苦手だったな。

もうフェロモン必要としていないんだねオレ泣き1

 

これは甘くて良いにおいだった。さすがエジプトピグのミイラ男2

 

ガ~ッ!こんなの今更わざわざ嗅ぎたくないよもうだめ… 今一番嫌いなにおいだもん。

これ発するようになったら自死するつもり。いやもう手遅れだったりしてやべぇ

 

これもイヤ。

でも若い女の子とか結構面白がって嗅いでたなぁ。やっぱ興味あるんですかね?

 

そろそろ最後。

来た~!!最強「シュールストレミング」!

その発酵臭の強烈さはもとより、缶の中でも発酵が進み、ガスでパンパンになったそれを

開けるのは屋外じゃないと大変なことになるという、食品というよりは爆弾ボムのようなシロモノ。

間違って衣服に汁を1滴でも垂らそうものなら、即座に全てごみ箱行き表情

こ、この中に入るのが怖い...

 

噂には聞いていましたが本物を見るのは初めて。当たり前か照れ

おそるおそる上部のふたを開けると...

うお~っ!魚を極限まで発酵させたであろうキョーレツなにおい。

っていうかこれって最早腐ってるってことなんじゃ...

脳内補完すら許さない危険物レベル。こんなの口に入れたら1ヶ月は口臭消えないよ泣き3

だけど本場ではこれを楽しむお祭りがあるそうだからスウェーデン人恐るべし。

 

いやーでも予想に反して面白かった!

においという目に見えないものなので、なかなか字面にするのは難しいんですが。

けど臭いモノに心なしか男性由来のものが多い気がするのが何だか悲しかった泣

 

という訳で、マヒした鼻を元に戻すにはやはり美味しい食事ですね!

こんな常識的な料理を食べておいて何ですが、この地球上にはまだまだ臭くて美味しい料理が

沢山あるらしいので、いずれは是非そっちの世界へ...やめときます汗


テーマ:

久々の入荷、兵庫県の江井ヶ嶋酒造さんが手掛ける地ウイスキー、

「ホワイトオーク・あかし」

以前、何か美味しそうなジャパニーズものはないかと探していた時に見つけたブランド。

開店当初の頃だから、かれこれ5年程前になるでしょうか。

 

色々ラインナップがある中の、これはシングルモルト。

シェリー樽とバーボン樽でそれぞれ貯蔵したモルトを合わせているとのこと。

表記はありませんがおそらく5年熟成のようです。

度数46度。ノンチル、ノンカラーであることからも品質への拘りが垣間見えます。

500mlのちょこんとしたボトルも可愛いです。

 

甘くそして微かに木の香り。味わいは穏やかで、若酒に特有の荒々しさはあまり感じません。

そして後からピートがふわっと喉の奥から立ち上ってきます。

 

ここはウイスキーの蒸溜所というよりは、様々なお酒を製造している総合酒造メーカーで、

知名度自体は大手と違って高くないかも知れませんが、とても美味しいウイスキーです。
限定モノも随時リリースしているようなので、機会があったら飲んでみたいですねにこり


テーマ:

今年もこれの似合う季節がやってきました、モヒートすだちすだちすだち

とは言うものの、まだまだ北海道は本格的な暑さには程遠いですが泣き1

特に今年は所謂“蝦夷梅雨”というほどジメジメと陰鬱な天気が未だに続いており、

お客さんからもリクエストされていたんですが、どうもやる気にならなくて...

 

今年はいつまで出せるかな?

これからだんだんと良い感じになっていくことを期待して、

夏季限定の爽やかな味わいを是非どうぞにこり


テーマ:

先日出掛けてきたclick→紅櫻蒸溜所で入手してきたのがこれ、

「9148」

ネーミングの由来は...ちょっとややこしいので詳しくはここのclick→HPをご参照下さいね照れ

ジュニパーベリーに加えコリアンダー、アンジェリカ、シナモン、レモンピール、ブルーベリー、

ラベンダー、カルダモン、クローブ、ペッパーといった沢山のボタニカルの他、

北海道産の日高昆布や干し椎茸、切り干し大根といった独自の原料を加えています。

さすが札幌の小規模蒸溜所ならではですねキャー

 

まぁ殊更に昆布や椎茸の香りがする訳ではないものの、なかなかに個性的な味ですので

まずはそのまま飲んで頂くことをおススメします。

普段マティーニやギムレット等をよく飲まれている方でしたら、カクテルベースに使用したら

いつものものとは味の違いが分かって面白いと思いますよぺろっ

 

今後は蒸溜所のある紅桜公園内の桜さくら。や、札幌市の木にも選定されているライラックライラック

使ったレシピのボトルもリリースする予定だとか。楽しみですにこり


テーマ:

何やら最近巷ではウイスキー、ビールに続いて“クラフトジン”のブームが

来ているとかいないとか。

ジンは麦等の穀物を原料とした蒸溜酒で、ジュニパーベリーと呼ばれる植物の

独特な香り付けがされているのが特徴です。マティーニやギムレット、ジントニック等の

カクテルベースSkypeに用いられるのでご存知の方も多いと思います。

 

クラフトジンはそこにハーブやスパイスといった、独自の“ボタニカル”を加えて

小規模ならではのオリジナルな味を出しているものが多いので、そのまま飲んでも美味しそうかっこいい

とはいってもウチではクラフトジン自体ラインナップしてはいませんでしたが

なんと!ここ札幌にジンの蒸溜所が出来たというではありませんかキャー

これは是非行かねば。早速出掛けてまいりました。

 

場所は南区にあるclick→紅桜公園」の中。こんなところにあるんだ...

とても閑静で緑が多く、素晴らしいロケーション。

ここは私設の公園で、「桜山」と呼ばれる山林の一角にあり、春は桜桜02、秋は紅葉紅葉の名所として

知られているんだとか。確かにそうでしょう。中には日本庭園や釣堀、お茶屋等も整備されています。

いやぁ知らなかったなぁ。思いがけず散策気分で歩いて行きますと...

ありましたよ、click→紅櫻蒸溜所

さすがクラフトらしい、こじんまりとした手造り感満載の蒸溜所内。良いですねぇ。

おそらく責任者の方でしょう、簡単な説明をして頂きながら見て回ります。

イタリア製だという単式の蒸溜器。スチームパンクな佇まいがグー

奥ではスタッフの方が手作業でボトリングを。傍らには公園内の桜の浸漬が置いてあります。

ラベルも当然手張りだそう。さすが!売上も好調だそうで良かったですね。

ありがとうございました!買ってきたボトルは後日ご紹介したいと思いますにこり

 

施設内の窓ガラスに張り付いていた「オオミズアオ」。

掌ほどもある大型の蛾。素晴らしい!


テーマ:

とんでもないモノ入手しちゃいました!

「島梟(しまふくろう)」は酒類等総合問屋の「国分北海道」が、北海道150年事業の

一環として新たに立ち上げたオリジナルブランド。北海道内で生産されている高品質な酒類を

企画段階から生産者と共同開発し、国内外に発信することをコンセプトとしたシリーズなんだとか。

記念すべき第一弾として、ブランデー2種類が今年2月に道内先行リリースされたんですバンザイ

 

今回共同開発に携わったのは、あの“十勝ワイン赤ワイン”で有名な「池田町ブドウ・ブドウ酒研究所」。

独自品種の開発やこだわりの樽熟成等、ブドウ栽培農家と醸造技術者たちの努力により
毎年素晴らしいワインを作り続けている町営のワイナリーです。

ここがブランデーづくりを始めたのは1964年。
冷涼で寒暖の差が大きい北海道で育てられたブドウは、酸味が豊かでブランデーの原料として
最適だったことに着目し、本格的にブランデーづくりを始めたんだそう。

北海道の全アルコール市場の中で、ブランデーのシェアは0.1%程度しかないんだとか。

一部の飲食店や製菓等、需要は限定されているのが現状なんですって。

確かにそうかもなー。ウチでもラインナップ少ないしとほほ

そんな中、今回発売された島梟ブランドのブランデーは30年もの長期間に渡って熟成された、

池田町産の原酒。これだけの希少な原酒が眠っていたこと自体が正に奇跡!

歴史と誇りとロマンを感じますねーキャー

 

今回僕が入手したのは2種類リリースされた内の片方、

島梟 十勝ブランデー 1987原酒 ノンチルフィルタード

 シングルバレル№2612

料飲店限定470本の内の1本ビックリ

因みにもう片方の一般向けのはこんな↓感じ。

道産原料を100%使用した1987年仕込の30年原酒を無濾過・無加水で、

しかもシングルバレルでボトリングしたという驚愕の1本!

シングルバレルのノンチル原酒なんてほとんど高級スコッチ・ウイスキーのよう。

度数は原酒ならではの60度!ウイスキーでもなかなかお目に掛かれませんよ。

お味は...恐れ多くてまだ口開けしておりません汗

 

どちらも既に完売状態で、ネット等でもかなりの高値がついている「島梟ブランデー」。

さすがにこのグレードですから、価格もウチのこれまでのメニュー史上最高額びっくり

ですが海外だったらこの数倍してもおかしくないコスパの高さは驚異的ですよ!

とは言ってもウチで飲むお客さんはほぼ皆無だとは思いますがとほほ

ネタで少しだけでも試して頂けると嬉しいです。

 

だってしばらくしたら自分用に引っ込めてしまう可能性大ですので照れ

 

PS:口開けしました!

含んだ途端に広がる濃厚な甘さ。普段飲み慣れているブランデーとは全く違います。

ただ60度という強烈な度数のせいで、口の中がビリビリと痛いごめん

歯茎の隙間から染み入ってくるような感じ。

同タイプのウイスキーでもこんなことはなかったよなー。

でも時間が経ってくると絶妙にこなれてきて...いやースゴいポテンシャル。

僕のような平民には一生に一度味わえるかどうか汗

セレブの皆さん、いやセレブじゃなくても是非ご賞味を!


テーマ:

この人が音楽シーンから姿を消して早ウン年...とほほ

“レスポールの貴公子” ジョン・サイクス

click→ゲイリー・ムーアを彷彿とさせるマシンガン・ピッキングから繰り出される流麗なソロワーク、

多彩なリフとその類稀な作曲能力で数々の名曲を生み出しました。

そして“貴公子”の名の通り、ロングの金髪を振り乱してトレードマークの黒いレスポールを弾きまくる

ステージ・パフォーマンスが何と言ってもカッコ良かった~かっこいい

 

ですが彼はその才能とは裏腹に、活躍に見合った名声を得たとは言えないんじゃないかなー。

数々のバンドを渡り歩いたせいもあるかもしれませんが。

かなり著名なメンバーと一緒にやっているんですけどね。

NWOBHMの伝説的?バンド、「タイガーズ・オブ・パンタン」在籍時の81年発表2nd。

どことなくあか抜けない内容だった1stに比べ、ジョンが参加したことでサウンドが激変、

この時代を象徴するギターリフが冴え渡る名曲オンパレードの必聴アルバムになりました。

この曲は比較的大人しめですが、哀愁を誘うメインリフが最高です。

 

click→シン・リジィ」在籍時の83年発表12th。

ジョンが参加したことが影響し、彼らのカタログの中で一番攻撃的でメタリックな作風。

加入してすぐのリハで「何か弾いてみろ」と言われ、弾いたリフから出来たのが↓だそう。

 

click→ホワイトスネイク」在籍時の87年発表7th。

セールス的にも大きな成功を収めた名盤ですが、その甘い蜜を味わうことなくリリース前に

既にジョンは解雇。最大の功労者がスポットを浴びることはありませんでした。

全然関係ないギタリストがいかにもそれっぽく弾き真似しているのが悲しい泣き2

 

「白蛇」であれだけの名作を生みだしたキーマンにも拘らず、不当な形で解雇されたジョンの

怒りと誇りが伝わってくる、自分がリーダーとなった初めてのバンドの89年発表1st。

オープニングのイントロを聴いただけで、あのアルバムのサウンドが紛れもなくジョンの

手によるものだということがすぐに分かります。ホント素晴らしいリフの宝庫!

トリオというのがまず素敵。そしてこれだけ歌えることに当時はビックリおぉ~!

何となく歌いまわしがデビカバに似ているのが皮肉ですね。

しかもLIVEでは歌いながら超絶フレーズを難なく弾きこなすんだから正に天才!

ファッションセンスはイマイチですが汗

 

「ブルーマーダー」以降の、サイクス名義での各アルバムはロックンロール色が強くなってしまい、

だんだんと聴かなくなってしまってから、いつしかフェードアウトしていった貴公子ジョン。

一時期「シン・リジィ」再結成でちょこっとツアーやったんだっけ...

昨年だったか、突如年内にソロアルバムをリリースするとのアナウンスがあって、タイトルも

先行曲も発表されてチョー盛り上がったのに、

雑誌でこんな特集もされてた位なのに、結局その後は何の音沙汰もなしごめん

まぁこれまでもそういう動きが出ては消えてを繰り返しているので、今回も又かと

半ば諦めてはいるんですが...それにしても一体どうなっているんでしょうかね!

期待させ過ぎなんだよいっつもイラ

という訳で、このやるせない気持ちにピッタリな名曲をちょっと場違いなLIVEと共に。

ダーリン、お願いだから行かないで泣き1

 

ギタリスト列伝③はclick→こちら


テーマ:

「シーバス・リーガル」と言えば、ブレンデッド・スコッチウイスキーの老舗ですよね。

ブランドの誕生は1909年。click→ジョニー・ウォーカーclick→バランタインに次ぐ世界第3位の売上を

誇る名門です。

 

そんな由緒あるブランドが2013年に新たに発表したのが何と!日本市場限定の

ミズナラ・スペシャル・エディション

キーモルトはウチでも出していたことのある、スペイサイドのclick→ストラスアイラ

12年モノの原酒の一部を日本産のミズナラ樽で後熟させているという、正に日本のファンに

向けたオリエンタルな1本。華やかでフルーティな味わいは誰にでもおススメですにこり

 

↑この2本、よ~く見るとボトルやラベルのデザインがビミョーに変わっていますね。

確か向かって左側の方が2015年で、右側のは2017年。

たかだか2年の違いですが細かくマイナーチェンジしているんですねおぉ~!


テーマ:

僕がギターという楽器に興味を持ち始めたのは、中学生の頃に高中正義先生を聴いたことが

きっかけだったのは以前当ブログでも書きましたがclick→記事参照、当然他にも聴いていたバンドは

多々ある訳で、今回はそんな“ジャパニーズ・フュージョン”のお気に入りアルバムをご紹介したいと

思いますよキャー

 

「カシオペア」

「カシオペア」と言えば確か中学生位だった頃、実家のあった北見市の市民会館に

LIVEに来てくれたことがあるんですよ。あれは嬉しかったなーかっこいい

ですがネットとかで色々調べてみても、そんな事実は全然見当たらないんですよね驚き

これって単なる僕の思い込み?作られた記憶!?

 

「パラシュート」

6KINDS 6SIZES 6KINDS 6SIZES
Amazon

中心メンバーでGtの松原正樹氏が既に亡くなられているのが悲しい泣き2「パラシュート」。

何と言っても↓の曲が最高!2012年のLIVEですが、ロン毛の方がもう一人のGt今剛氏。

2人ともホント良いギター弾くんだよなーかっこいい

 

「プリズム」

PRISM PRISM
Amazon

77年発表の1st。40年も前のリリースとは信じられないサウンド。

「プリズム」は他のバンドと比べて敷居が高いイメージがあったなー。

結構変拍子も多くてテクニカルですし。あくまでも単なるイメージですけど。

Gtは和田アキラ氏。2007年のこのLIVE↓もキレッキレです。

 

「渡辺香津美」

TO CHI KA TO CHI KA
Amazon

この方は手だけ見るとお世辞にも上手そうには見えないんですが(失礼)、

そのテクニックは正に超絶。他のバンドに比べて一番JAZZっぽいサウンドかも。

このLIVE↓は1996年頃のものらしいんですが、前述した「カシオペア」のメンバー達をバックに

火の出るようなパフォーマンスを繰り広げております。

「カシオペア」のGt野呂一生氏のプレイも強烈キャー

 

「松岡直也」

この方はご存知の通り鍵盤奏者なんですが、83年発表のこのアルバムはホントよく聴いたなぁ。

ラテン・フュージョンの傑作。オープニングの↓でGtを弾いている是方博邦氏の、ほぼ一発録りと

思われるスリリングなプレイが素晴らしいキャー

松岡氏も既に亡くなられているんですよね泣き2

 

フュージョンというカテゴリーは昔程聴かなくはなりましたが、やっぱりカッコ良いですねぺろっ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス