プロフィール写真とカバー写真を設定する【フェイスブックの基本設定】 | パソコン歴20年の村田理恵子が教える!初心者でもわかるアメブロ講座(大阪)

パソコン歴20年の村田理恵子が教える!初心者でもわかるアメブロ講座(大阪)

ブログやホームページ、SNSなど
今では自分のことを発信するのが当たり前!
「パソコンが苦手」「始めたばかりでやり方がわからない」そんな方のための情報を随時お届けします。

お届けするのは、小学生の娘2人と1歳児の息子の育児奮闘中のママです。


テーマ:

今日から毎日、少しずつ、フェイスブックの基本設定を紹介します

 

 

ブログもそうだけど

フェイスブックのプロフィールを書いてないと

どんな人なのか全くわからない!

わからないとお友達申請もやりにくい!

申請されても、承認するかどうか判断しにくい!

 

と、いうわけで、少しずつ紹介しますから

随時、ご自身の設定も見直してみて下さい

 

 

 

今日はプロフィール写真とカバー写真

私の今の写真はこれです

カバー写真って言うのは後ろの大きな写真のことです

{7F45F28E-B1A3-43B6-82DF-ADCA94571AFA}

【サイズ】

プロフィール写真

コンピューターでは170x170ピクセル

スマートフォンでは128x128ピクセル
カバー写真

コンピューターでは幅820ピクセルx高さ312ピクセル

スマートフォンでは幅640ピクセルx高さ360ピクセル

(元のサイズは少なくとも幅399ピクセルx高さ150ピクセルである必要があります)

 

 

 

 

 
プロフィール写真は顔がわかるものがいいです
集客をしたいと思ってるならなおさら…
信用に繋がりますからね
 
 
できればプロに撮ってもらうほうがいいです
 
 
自撮りでもいいですが
ドアップや運転免許の写真みたいな無表情とかは
避けるべき!
 
アプリでの盛りすぎもダメですよ
 
 
あと、お友達とか家族で写ってるのも
避けたほうがいいです
どの人?ってなりますからね〜
 
 
 
 
 
フェイスブックの写真は
会ったことない方に自分の印象を与えるはじめてのもの
第一印象になりますからね
 
会った時に、「あれ?なんか思ってたのと違う」
なんてことのならないような自然な写真がいいです
 
 
写真がない場合やまだ覚悟ができてない場合
そのほかの都合により出せない場合は
似顔絵を使うというのもあり
 
 
そういう方は目のとこをスタンプなどで
隠して載せてる方もいますね
扇子とか使って上手にブランディングしてる方もいます
 
 
カバー写真も設定しておいて下さい
ココが黒いと「なりすましか?」って思われます
ココは以外と大きく表示されますので
 
講義の様子とか、施術の様子とか
カラーボトルとかカードとか使う道具とか
ロゴとかキャッチコピーにするのもいいですね
 
 
好きに設定してもらっても、全然いいんですけどね(笑)
 
私も今は公には行なっていない
サンキャッチャーのパーツ写真だし(笑)
 
 
 
 
 

 

 

次は、「プロフィール」について書いていきます

お楽しみに〜

 

 

 

 

村田理恵子(りー)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス