釣り場の問題は問題だ。 | ミニボート店主、リトルボートの日記、
2018-07-20 18:34:44

釣り場の問題は問題だ。

テーマ:ブログ

皆さんもボートの出すところには頭が痛い

と思う。

先日までOKだったところがもう禁止になって

いることも珍しくない。

 

なんで?を考えると地元の身になると

すぐに判る。

車は無秩序に置く、朝からうるさい。

ゴミは捨てる。銭はおとさない。

魚は釣り放題!資源を奪われる。

来週もぜひ来て欲しいかな?

 

港は港湾局の管理です。

でスロープはビミョウな場所でして

つまり満干で面積が変化する。

ただ税金の塊だから占有権は無い

のです。

でも漁師さんの職場だ。

そういったことを良くわきまえましょう、

偉そうに言うつもりは毛頭ありません。

 

たとえば夜釣り?昼より危険が多い。

それに伊勢海老の密漁と区分けが付かん。

迷惑かけんとのたもうてもエンジン不調

で泣きつきだけは一人前だ。

地元の感情を考えると夜はでたらアカン。

 

また最低限の自助努力は必要だ。

例えば複数艇で出る。単数なら補機を

積む。狭いというのは理由にならん。

TGはスーパーショットの時でも1馬力

を積む、弁慶の時は5馬力を積む。

 

さて上陸した。できるだけ早くみなとを

去ろう。港の中で我が者顔で1時間も

おかたずけは地元からみると如何な

もんだろうか?

ましてや、兄ちゃん釣れたか?に

ハイ真鯛が5枚ほらこんなの!は

ご法度だ。

裏の山からマッタケ山盛り取り放題。

喜ばしいだろうか?見せたらあかん。

コアジとベラが好です。なら許せる。

その他考えさせらるれことが多いのが

ミニボートです。

何処の誰が判らん不特定多数!

しかも銭はほとんど落とさない。

地元は不安だ。

 

だがいい例もあるにはある。

場所はあえて語りませんが

会員制にしてルールを守り年会費を

纏めて漁協にはらっているところが

4か所あります。

やはり年間100万ほどはまとめて

漁協の収入にしてあげたい。

それとルールがあって誰が来ている

のかが判らんと困る。

 

以上最近のコメントに長々とお答え

いたしましたが来る限りは来てありがたい

と思うようにならんと迷惑をかけ続け

ると閉鎖になりますね。

それはだれでも判るけど地元の常識と

釣り人の常識に温度差がありますね。

 

以上。

 

隊長さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]