それでも手をのばす。 | Lism-ビアンのふたりごと-

Lism-ビアンのふたりごと-

世界をたのしさという尺度で測りたい。
そんな仲間が集まることで、きっと世界はやさしく。

私たちの主張はただひとつ、
【 たのしさの追求 】

LGBTというカテゴライズを越えて。

Lism-リズム- / RITZ&maai


テーマ:
 
あの瞬間、被災地に居なかった我々が、
あの日、なにを想い現地を目指したのか。
{384488AF-541A-4BD0-91A4-280075D3857C}
適切な言葉がみつからず、何故あの場所に向かったのか、答え探しの旅みたいなものだった時期もある。現地のヒトからみれば、ただの外野と思われても仕方がないはずだよね。
 
代弁者が現れた瞬間、
救われたのは、本当は誰だったのだろうか
 
 
触れたら、壊れてしまう。
それでも、触れなきゃ、崩れてしまう。
だから、手をのばさずにはいられなかった。
壊れても、拾い集めればいいからさ。
 
 
 
まさに感覚が共有できた瞬間だった。
 
あの瞬間、なにかに突き動かされたのは確か、
なにかをしたいと思った、
なにかができるとも思った、
だからあの日、ヒカリを見出した。
 
それが、あの日の真実
image
知的好奇心に敗けたわけでは、決してない。
あのときだけは。
Lism/maai
 
 

Lismさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス