中国では、洪水で農民は農地が水没し、これからどうやって生きて行けばいいのかと泣き崩れている国内の状況であるにも拘らず

中国国民の危機的状況には中国軍は軍隊を派遣せず、大規模な軍事演習を行っています。

中国の食糧生産地は連続3つの台風に襲われ 農民の損失は深刻 

 一方中国軍は大規模な演習

 

 

 

一方、中国はインドと中国の国境に人民解放軍の兵士を5万人以上追加しました。

これらの兵士たちは1か月以上前に家族と離別する離別書を書き、彼らは戦場に向かうバスの中で家族と別れるのが辛くて離別の歌を歌いながら泣き崩れました。

彼らは二度と戻れないかもしれない。彼らは共産党幹部の子供たちで外国に留学したり豪華な車に乗ったりしていたが、戦場に行って死ぬかもしれないため悲しくて仕方ない。戦場は酸素が少ない高原地帯であるためどこにも逃げられないため絶望しているという状況

 

19日インド、チベット、ウイグルの国境線のあたりで、中国人民解放軍が防空演習を行ないました。国境線には5万2千人くらいの兵士を配置。インドは31万人の兵士を配置した。人民解放軍は戦闘機だけで260機。ミサイル、大砲、無人機を配備しました。インドも大砲、ミサイル、戦闘機、無人機を配備して戦争の準備が完備しました。国境線に住んでいる人たちは危ないです。
1カ月くらい前に北京も上海も住民を巻き込んだ防空演習が行われました。インド軍には国境線から北京や上海まで届くミサイルがあるから。

チベットは前は無かったけれどいっぱい軍隊を派遣しました。

これから寒くなれば道路が凍結するため今のうちに軍隊を早く国境線に派遣しました。毎日少しずつ戦いが起きているが

国境線でインドと中国が10月から開戦するかもしれない。

(中国人ジャーナリスト メイカさん情報)

中国軍5万人を追加配備、大砲・無人機・戦闘機、緊迫する中印国境/ 中国兵士・親と離別書‘’涙の出征‘’/トランプ大統領、台湾の国連復帰を支援

 

 

中国とインドの国境での小競り合いがこれまでもありましたが

いよいよ大変な状況になっているようです。

中国国内では、洪水の影響でどうやって生きて行けばいいのか途方に暮れている国民には目を向けず、軍事行動による威嚇を繰り返している中共は、国際社会のトラブルメーカーとなっています。

https://www.youtube.com/watch?v=jMmOzKmd2fA

 

 

台湾や沖縄尖閣諸島にも威嚇を繰り返し行っており、日本人にとっても

対岸の火事とは言えない状況になっています。

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

ランキングに参加していますカナヘイうさぎ

いいねっカナヘイきらきらとびだすうさぎ2 と思ったらポチっとよろしくお願いしますてへぺろうさぎカナヘイハート

        やじるし


人気ブログランキング