liqsel0815のブログ

liqsel0815のブログ

ブログの説明を入力します。

Amebaでブログを始めよう!
この度、リクセルジャパンの社外顧問に就任しました宮下 拓己です。
まずは簡単な自己紹介しようと思います。

僕が食の世界に興味を持ったのは、高校二年生の時でした。
松嶋啓介さんというフランス ニースで星を持つシェフの本がそのきっかけでした。
小さな頃から好奇心旺盛な僕は、世界に出て多くを見るツールとして飲食業を選びました。

専門学校に進み、そのままフランスの料理の専門学校に行きました。
半年の授業を終え、残りの5ヶ月フランス中部地方のミッシェル・ブラスという
三ツ星レストランにおいて研修をしました。
ここでの生活は東京生まれ東京育ちに僕には、日々が新しいことばかり。
朝、まだ外が暗いうちにハーブ、お花を摘みに。そのまま外でコーヒーとクロワッサン。
仕事に行き仕込みをし、みんな(総勢30人)でお昼の賄い。
ちなみに賄いにも毎食必ず地元のワインが置いてありました。
昼休みには大草原でみんなでピクニック。
今思えば大自然に囲まれ全く想像もできないようなのどかな生活。

そんな五ヶ月を過ぎ、帰国後大阪の当時三ツ星のお店で二年ほど働き、
日本人ならではの、仕事に対するストイックさや真面目さ、そして何よりも食のレベルの高さを感じました。

その後東京に戻り、TIRPSEというレストランで働きました。
昨年、ソムリエ資格も取得しました

フランスで感じた生活に馴染むアルコールのあり方、
そして世界基準で見た日本酒の今後の可能性について考えていきたいと思います。
今後このブログでは日本酒に限らずワインや世界中のお酒、もっと広く言えば世界のレストラン情報や食材や文化を発信していければと思っています。