番外編

テーマ:

1番多いときで年に200回ほど飛行機に乗ってる時がありました。

去年は少なくて50回ぐらいかなぁ。

今年は後半気合い入れて赤青共にダイアモンドになってやる~!と思ってる次第です。

思ってるだけですがw

 

ここ最近、かなりバタバタしててなかなかブログ更新できずすみません。

なるべく早いタイミングで復活させますので、もう少しお待ちください。

 

それでは、赤青黒FDAの翼をご覧頂きながらお別れですw

 

みなさま、こんにちは。

 

サロン店専門『エンタメ集客法』実践プロデューサーの宗高(むねたか)です。

 

今日から「エンタメ集客法」の具体的なプランの立て方についてお話ししていきたいと思います。

 

まず、マーケティングプランといっても、しつこく言ってるように当たり前のことを当たり前にやる!

 

まずはこれが大切です。

 

なので、マーケティングプランとは言うものの、教育であったり、ITの活用であったり、

 

マーケテイングそのもの以外の分野も要素として組み込んでいくことになります。

 

従って、マーケティングプランを立案するという事はイコール、

 

お店全般の経営を見直すという事になります。

 

では、マーケティングプランで考えてないといけない要素を考えてみましょう。

 

 

まずは、当たり前のことをですから、以下のことが考えられますね。

 

1.事業計画

2.立地条件

3.お店の造り(特に、動線と外からどう見えるか?お店の中にいて居心地が良いか?を考える)

4.メニュー及び料金体系

5.接客

6.お店の雰囲気

7.技術(商品やサービス)

8.モチベーション管理を含めた人事体系

9.IT(業務システム、情報システム)

 

この9つのあたりまえのことをまずは見直していきましょう。

 

1つ1つ少し突っ込んでみていきますね。

 

まず、1番目の事業計画。これがないと何も始まりませんよね。

 

事業計画とは何か。語弊を恐れずものすごく簡単に言うと、お店のどういう姿にしたいのか?ということです。

 

どのくらいの規模のお店にしたいのか?どんなお客様にご来店いただきたいのか?

 

どうやってお客様にお店のことを知ってもらうのか?

 

オーナー(社長)を含め、技術水準やトレンドはどうするのか?

 

接客を含め、教育をどうしていくのか?人材募集や採用はどうするのか?

 

資金繰りはどうするのか?ITは導入するのか?するならどう活用するのか?

 

などなどを押さえておく必要があります。

 

当たり前項目の9項目に資金繰りや損益計画などの具体的な数字を組み合わせていきます。

 

次に、立地条件ですが、駅前なのか繁華街なのか住宅街なのか郊外型なのかによってターゲットも変わってきます。

 

駅前であれば、会社員や学生など若者を中心にターゲットを考えられるかもしれません。

 

繁華街であれば、アクティブなお客様をターゲットにできるでしょうし、

 

住宅街であればマダムや子育て中の親をターゲットにできるでしょう。

 

郊外型であれば、駐車場を広くしておく必要がありますよね。

 

お店の造りについてですが、絶対条件は外から店内が良く見えること。

 

店内で圧迫感を感じさせるような壁や柱がないこと。これは絶対条件です。

 

あと、動線も大切です。動線が悪いと、お客様を待たせることになるだけでなく、

 

スタッフ自身も無駄な体力を必要とし、1日の疲労感が変わってきてしまいます。

 

そうすると、疲れが溜まってしまい、辞めてしまう原因になったりもします。

 

次回は、メニュー及び料金体系から突っ込んでみていくことにしましょう。

 

 

 

【facebookページも覗いて下さい】

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

!!リピート客増で売上アップ!!

 

 

【メルマガやってます!】

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

fbやブログでは書けないお話しが満載!

 

サロン向け『エンタメ集客法』メルマガ

 

 

【自店のオリジナルアプリつくりませんか?】

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

自店のオリジナルアプリが簡単につくれます!

まだ新規客ばかりを追いかけますか?

売上の8割はリピート客です!

リピート客の為の自店オリジナルアプリ

 

自店のオリジナルアプリが簡単につくれます!!

 

 

新年明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

今年は、このブログで『エンタメ集客法』の具体的な立案方法について書いていこうと思っています。

その前に、元旦に今年の集客のトレンドを予測してみようと思います。

少し振り返ってみると、以前の集客方法は、

ホームページを持ってそれをSEO対策などを施し、

ホームページを見てもらって来店してもらうと言うものでした。

その後、SNSが広がっていき、SNSで情報を拡散するようになっていきます。

そして、時代はモバイルファーストの時代に突入し、

スマホのホームページやサービスサイトなどを使って、

または、(スマホで)SNSを使って集客する方法に移っていきました。

そして、2016年辺りからスマホのアプリを使った集客へとトレンドが移りつつあります。

大手や関東ではそのトレンドが始まっており、

その証拠に安価に簡単に自店専用のアプリが作れるサービスが沢山産まれています。

また、最近では、アプリにせずにアプリ風スマホホームページなるサービスも産まれてきました。




このトレンドはしばらくは続くと思われます。

今までは新規客重視の集客方法に重点を置いてきたサロン店ですが、

これからは既存客をいかにして失客させずに

年間の来店回数を増やしていくか

と言うことに重きを置く時代になりました。

ツールを使っても実際のオペレーションはお店のスタッフが行います。

なので、ツールを導入するだけでなく、

マーケティングプランを作成し、

オペレーションプランまで落とし込んでいく必要があります。


【facebookページも覗いて下さい】

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

!!リピート客増で売上アップ!!


 

【メルマガやってます!】

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

fbやブログでは書けないお話しが満載!

 

サロン向け『エンタメ集客法』メルマガ

 

 

【自店のオリジナルアプリつくりませんか?】

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

自店のオリジナルアプリが簡単につくれます!

まだ新規客ばかりを追いかけますか?

売上の8割はリピート客です!

リピート客の為の自店オリジナルアプリ

 

自店のオリジナルアプリが簡単につくれます!!

 

Merry X’mas 2017

テーマ:
久しぶりのブログ更新になります。

そして、年内最後の更新となります。

来年は、もう少し具体的にエンタメ集客法の話をしていこうと思っております。

今日は、2017年を少し振り返ってみようかと思います。

2017年は人手不足、大企業は景気が良いらしい、というのが私の今年の印象でした。

人手不足は、半端なく、とにかく人か足りない。

オリンピックや東日本大震災復興需要などの影響から建設現場で人が足りない!

飲食店やサロン店でも募集しても、ほんの数年前と比べても全然人が来ない。

団塊の世代が定年になっていき、慌てて大手が新卒をごっそりかき集める。

それに伴い、中途も大手がごっそり集めるため、なかなか中小企業に求職者が目を向けてくれない。

とにかく人手不足は酷すぎる年でした。

来年もこの傾向は続くと思われ、サロン店も人を集めるのにあの手この手を考えないといけなくなってくるでしょう。




大手はマイナス金利の影響を受けてる金融を除き、過去最高営業利益!とか、過去最高キャッシュフローとか、よく耳にする年でした。

政策もあって大手を中心に賃金も上がりつつあるようです。

統計データ見るとそうでもないけど、一時金、つまり、ボーナスで調整してるものと思われ、恐らく、17年冬のボーナスは大手さんは大盤振る舞いとまではなくても悪くはなかったのではないでしょうか。

それに伴い、17年冬の飲食店の売上は比較的底堅く、サロン店の売上も対前年比で大幅増という話しを今月はよく聞きます。

このように、今年は景気が良くなり始めるトレンドが出てる年だなぁと実感したところです。

しかし、気をつけなければならないのは、何でもかんでも売上があがるというわけではなく、基本+アルファを徹底できてるお店だけが生き残っていくと思われます。

2018年は、サロン店においては、

・人手不足が顕著になる
・基本+アルファを出来てないお店は淘汰される
・リピートのお客様をガッツリ掴む対策をきちんとやってるお店はオリンピックにむけて商売繁盛する

事が考えられます。

今日は、クリスマス。私は仏教なので関係ないけども、来年の大きな流れを掴み、オリンピックイヤーまでの3年間を一つの期間として考え、中期的に手を打って、商売繁盛していただけるように、このブログがほんの少しだけでもお役に立てれば、嬉しく感じます。

今年一年、ありがとうございました。

また、来年、2018年もよろしくお願いします!

みなさま、よいお年を!!

みなさま、こんにちは。

サロン店専門『エンタメ集客法』実践プロデューサーの宗高(むねたか)です。

今日はちょっと番外編です。

昨日、ちょっと理由があり、猫カフェに行って来ました。

まぁ、猫ちゃんのかわいいことかわいいことw

40オーバーのおっさんが子供に混ざり、癒されてきましたwww



猫カフェは、時間制で一時間ワンドリンク付でいくらという料金体系でした。

最近、月額払えばラーメン食べ放題(上限あり)やカフェでコーヒー飲み放題などの料金体系を打ち出してるお店がチラホラ出始めてきました。

例えば、美容室も『カット平日割月額制』などと打ち出して、平日の夕方5時までであればカットし放題とか今後、出てきそうな気がする。

私個人としては、その様な料金体系が出てくれば、買うかもしれないw

ネイルサロンなんかも、既存のお客様の平均来店回数を分析して、金額を決めて月額制にすると面白いかもしれない。

ちょっと業種が違うけども、私が時々乗ってる乗合の遊漁船は、年会員があって一番高い年会費を払えば乗り放題、次に高い年会費を払えば一回辺りの乗船料が半額まではいかないけども、かなりの割引される。逆に都度都度乗るお客さんには多少高めの設定となってる。

最近はソフトウェアもサブスクリプションと言って、パッケージ販売から年単位で費用を払う月額制ではないが年額制に移行してきている。

そう考えると、月額制は一つの世の中のトレンドかもしれない。

いや~、しかし、癒されましたwww

{9A7C13F2-352A-4146-8A4D-4552043340B3}

{0E34509C-77D8-47BA-9363-2A97A001EA63}