こんにちは、Linです。

 今日は広島に原子爆弾が投下されてから73年になります。
 8月6日、午前8時15分。しっかりと黙祷させていただきました。

 話は変わりまして。

 昨日は埼玉スタジアムの浦和レッズ vs V・ファーレンを観戦しに行きました。

 


 わかる方にはお分かりいただけるでしょう。
 アウェイゴール裏です。

 え?なんで!?

 そもそも時を巻き戻して金曜日。
 Twitterで1人の方が、誤って購入してしまったチケットを安価でお譲りしてくださるとのツイートを発見したんですね。

 詳細をよく見たら、ゼルビアのゲームの翌日。
 しかも埼玉スタジアム。
 長崎のゴール裏。

 長崎といえばJVamorters会長、かみたま氏。
 ギター弾きのゆーくん。
 その他、何人かの知り合いがいる場所。

 即決。

 すぐに連絡し、運良く当日チケットを頂くことになりました。

 ゆーくんからユニまで借りて長崎のゴール裏に参戦させていただきました。




 しかし長崎のサポさん、みんなフレンドリーな方が多くて多くて。
 本当に雰囲気のいい、しかし試合中はメチャクチャ熱いゴール裏でしたよ。

 そして試合前に...

 高田社長がゴール裏に降臨!!!

 そして握手までしてしまいましたよ!!!

 いやーこれは本当に貴重な体験。

 結果はスコアレスドローでした。
 まあレフェリーの話とかいろいろは近いうちに別の機会で掘り下げるとして。

 そもそも何故、長崎のゴール裏に行くような機会ができたのか。何故行く気を起こさせたのか。

 そこにはJVamortersが大きく関わっています。

 間違いなくこの会がなければ、他のクラブのゴール裏に易々とお邪魔させて頂ける機会なんてなかったでしょうし、そもそもその気にならなかったでしょう。

 かみたま氏はもとより、あれほど素晴らしいゆーくんにも出会えなかった。もっといえば他のサポさんにも出会うことはなかった。

 JVamorters Conference(通称JVC)が最初に開催された7月以降、メンバー間で他クラブのゴール裏に行くようなことが多くなっています。

 ゼルビアのゴール裏も同じくです。
 一昨日もマリサポが来てくれたり、色んな人が来たいと興味を持ってくれたり。

 他サポ同士の繋がりってそう簡単にできるものではないじゃないですか。

 でも、だからこそきっと大事なものになってくると思うんですよ。

 その繋がりで、例えば観客動員数に微弱ながら貢献できるかもしれない。自分のクラブの魅力を見つけてもらえるかもしれない。
 あるいは他クラブの魅力に気づくかもしれないですし、さらに人との交流が増えるかもしれない。

 最初に提唱し、実現まで漕ぎ着けたかみたま氏には感謝しかありません。

 そんなことを噛み締めながら、昨日のゲームを観ていました。

 V・ファーレン長崎のサポの皆さん、ありがとうございました!!








 ※おまけ
 ゆーくんに買っていただいたお土産です。ありがとうございます。