昨日の午後は、ウチのNPO法人の総会が行われました。

正会員は13名なのですが、今回はその殆どが参加!!

お忙しいところ、お時間を作って来て頂き、ありがとうございました。

総会の様子は、後日記事をアップしたいと思います。



さて、総会終了後、直ぐに私が向かった先は、

タスファイエ・ガライヤ氏の旭日双光章受賞会勲章

ホテル・テラス・ザ・ガーデンに、総勢200名が集まりましたきらきら!!


語学コンサルタントの徒然なるままに...-ガライヤ氏旭日双光章祝賀会

ガライヤさんは、エチオピア出身で、笠間市在住の陶芸家。

NPO法人エチオピアの未来の子供 の理事長でもあります。


今回の旭日双光章は、彼のNPOでの人道的な活動と

素晴らしい陶芸作品が認められて受賞されたものです。


メインゲストにエチオピア大使がいらっしゃるので、

私は大使のスピーチの通訳として参加させて頂きました。


会場に着くや否や、ガライアさんに連れられて、VIPルームへ。

大使を始めとする来賓の方々が歓談されていました。

来賓のお一人の大学教授が既に通訳を引き受けていらして、

私は何だか思いっきり場違いな感じでした・・・・


急遽、ガライヤさん本人からこのお役目を頼まれたので、

リハーサルも打ち合わせもないぶっつけ本番BOM


大使はスピーチを始めると、一気に最後まで読み上げてしまいました。

皆、同時通訳みたいな感じで通訳が入ると思っていたようです。


でも、ガライアさんからは、大使がスピーチし終えてから、

私が全部日本語に訳して欲しいと言われていました。


結局、私は司会者のマイクを借りて、

大使のスピーチを後から全部日本語で読み上げることに。

黒子である通訳の私が目立つような結果になってしまいました汗


「あんなこと遣ってたんじゃ、2度とこの仕事はもらえないよ!」


パーティの最中に、私のところに遣ってきて叱咤したのは、

茨城では誰もが知っている会社の社長の息子。

その会社の専務です。彼は例のVIPルームにいた1人でした。


「どんな形で通訳するのか、ちゃんと打ち合わせするべきでしょう!

自分が通訳し易いように、自分で動かなきゃダメじゃないか!」


彼のお説教は続きます...


どうやら彼は、私がプロの通訳としてこの場にいたと思ったようです。

私、ボランティアなんですけど...と言おうとしたのですが、

何となくその言葉を飲み込んでしまい、彼の言葉に耳を傾けていました。

私が何か言って彼の面子をつぶすのもどうかと思ったからです。


もちろん、ボランティアだからって、手を抜いていたわけじゃありません。

ただあまりにも急なオファーで、状況が掴めていなかったし、

主催者側の方針に従うというのがいつもの私のスタンスなので、

具体的な指示を待っていたら、それがなかったってことなんですけどね。


指示待ちっていう姿勢がいけなかったのかな

...という反省点が無かったわけではないし。


まあ、叱咤されたとはいえ、せっかく声を掛けて頂いたので、

私から名刺を差し出すと、彼も名刺を出して私に手渡してから、

私の名刺は「いいから!」と言って、突き返してきました。


この行為には、さすがに私も唖然溜め息

名刺を差し出して突き返されたのは、これが初めてでした。

彼が名刺を受け取らない意図は、私には分かりません。

名刺交換する価値もないってことでしょうか!?


私が置かれていた状況も事情も分からず、

ただ頭ごなしに自分の正論をぶつけてくる方ってどうなんでしょう。

嫌な思いをしましたが、これも勉強ですね!


何はともあれ、ガライヤさん、

旭日双光章受賞おめでとうございました。



↓ブログランキングに参加しています。
  英語と日常生活を融合するエッセンスをお届けできるよう頑張っています。
  毎日1回応援クリックを是非ヨロシクお願い致します♪

http://english.blogmura.com/english_job/
にほんブログ村 英語で仕事
http://lifestyle.blogmura.com/creativelife/
にほんブログ村 クリエイティブライフ