ディズニーシーの次は、[ピクサーのひみつ展]へ… |   Linda★
Fri, May 17, 2019 23:02:04

ディズニーシーの次は、[ピクサーのひみつ展]へ…

テーマ:さいとうナコト
こんばんはちょうちょ斉藤です。
今回は、六本木ヒルズで開催中の
ピクサーのひみつ展へ行ってきたブログですルンルン
実は、トイストーリが大好きなんですラブラブ
なので、たまたま乗った日比谷線で、
広告をみて、始まるのを楽しみに待っておりましたキラキラ

この展覧会、アメリカとカナダで150万人以上を魅了してきた人気企画で、アジア初開催なんだそうです!!

ピクサー作品を支える”科学”に注目し、
キャラクターがどのように生み出され、
作品がどのように作られていくかを
紹介してくれる展示になっていましたPC

バズ・ライトイヤーがお出迎えしてくれます太陽

ピクサー映画は
まず、スケッチを描き、粘土でキャラクターの特徴を作っていくのだそう。
そして、デジタルスキャンをして3Dモデルにしていきます。
素敵すぎる粘土細工ですよね筋肉

バーチャルな関節と筋肉をつくり、モデルの動きをつくっていくのだそうですが、
機械を使って、実際に色々な表情を作れますピエロ

カールじいさんの空飛ぶ家  では、
実際に紙の家を作って、照明効果をテストしたようなのですが、
私たちも、照明を色々な角度から当てて見え方を確認する事ができます晴れ

こちらは海の中の風景を
色々な照明の色を試して、見え方の違いを見せてくれますカラーパレット

ピクサー作品は実際は、一つのシーンを作るのに24日かかったところもあるくらい、もっともっと細かい微妙な事をしているのでしょうが、
全くの素人のわたくしですが、
それでも、こうやって作っていたんだ目
と、バーチャルな世界がなんとなく理解出来ますまじかるクラウン

最初にピクサーについての5分間の映像を見せてくれるのですが、
ピクサー映画は機会が作っているのではありません。人間がつくっているのです。
と、言っておりました。
パソコンを使って、色々な技術者が手作業で作っている事が、よく理解できる展覧会でしたバレエ

その道のプロの方が近くにいらっしゃったら、
説明を聞きながらまわると、
より一層楽しそうだなぁグッ
と、思いますルンルン

六本木ヒルズでは9/16までの開催ですが、
2年かけて、日本の主要都市をまわるそうです。

そして、ピクサーをみながら、
建設途中の国立競技場も見る事が出来ますよカメラ
オリンピックも楽しみですねイエローハーツ

今週末のLindaですが、
土曜日、日曜日共にご予約可能です。
お電話お待ちしておりますねルンルン

もうすぐ梅雨が始まります。
嫌な季節が来る前に、
髪の毛、スッキリさせましょう〜拍手