「歯磨き粉」も、けっこう大切かも… | Lime Tree 英国式アロマテラピー サロン&スクール日記

Lime Tree 英国式アロマテラピー サロン&スクール日記

兵庫県西宮市&芦屋市のLime Tree(ライム・ツリー)のサロン&スクールでは、英国式アロマトリートメントをはじめ、
様々な自然療法(バッチ・フラワーエッセンス、エリックスエッセンスなど)のセラピーの施術や
アロマ&ハーブのお教室を、ご提供いたしております。


テーマ:

今日も、空気がカラカラに乾燥していますねショック

 

お肌の乾燥も気になりますが、こうも乾燥していると、喉の調子も気になります真顔

(くれぐれも、風邪には気を付けたいものですね… )

 

 

アロマやハーブの講座にいらして下さるお客様のお悩みで、

「風邪を引きやすいんです」ということを、おっしゃる方がいらっしゃいます。

 

「風邪を引きやすい」ということの原因は、人それぞれで、

その改善法はその原因によっても、当然違いますが… 

 

まあ、一般的には、体を温める(免疫力が上がりますので)のは、風邪の予防に、有効ですよね。

 

 

温かい飲み物を飲むと、喉も保湿されて(風邪のウイルスは乾燥している状態が大好き)、

尚、効果的ですほっこり

 

喉の粘膜が荒れていると、ウイルスが侵入しやすくなって風邪にかかりやすくなって

しまうそうなので、

喉の粘膜の状態を良好にしておく」ことは、とても大切なんですね。

 

実は、喉の粘膜の状態に、「歯磨き粉」が関係してしまうことが、たまにあります。

 

私自身、粘膜を荒らしてしまいがちな歯磨き粉(合成の界面活性剤を使用した)の刺激が強くて、

喉だけではなく、口の中の粘膜全体がピリピリと痛くなってしまったことがありました。

 

お医者様からは、「歯磨き粉の使用を少し、やめた方がいい」 と言われ、

実際に歯磨き粉なしで歯を磨いていたら、炎症がすごくラクになりました。

 

それ以来、「歯磨き粉」には気を付けるようになり、

石けん歯磨き粉、もしくは合成の界面活性剤不使用の歯磨き粉で磨くようになったら、

 

口中の粘膜がひどく荒れてしまうこともなくなり、喉の調子を崩すことが減って、

風邪を引きにくくなりましたニコ (※私個人の体験・感想です)

 

※下は生協の合成の界面活性剤・発泡剤不使用の歯磨き粉

 上は、生活の木さんの「カモミールの石けん歯磨き粉」(お子様にも使いやすい味ですイエローハーツ

 

 

また、アーユルヴェーダの先生から、

「口中の粘膜の状態が良いと、その上のお肌の調子も良くなるんだよ」と、お聞きしたことがあります。(確かに、私自身は口中の状態が悪いと、お肌の状態も悪くなるような気がします)

 

 

もちろん、個人の事情もありますので、どのような歯磨き粉で磨くかは個人差があると思いますが、

ご自身に適した「歯磨き粉」で磨くということは、とても大切なことなのではないのかな、と思えますにやり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

limetree022さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス