ハクモクレンが夕日に染まっていました

レディーとして社交界デビューする娘たちに見えました

純白のドレスを着て 頬を染めて 

さぁ 夜の舞踏会へ




子供のころ 日本のお姫さまより西洋のお姫さまに憧れていました
かぐや姫よりシンデレラが好きでした
わたしもシンデレラのように 可愛いドレスを着て
王子さまと踊るんだもん
なんて お気に入りのワンピースを着て くるくる回り
スカートをドレスのように膨らましていた

大人になって 社交界ってものがあることを知った
おとぎ話が現実にあるんだ 
その世界には決して入ることはできないけど
それでも そんな世界があることで ときめく

いくつになっても ドレスを着たお姫さまに胸が躍る





小説(純文学) ブログランキングへ

にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ
にほんブログ村



この穏やかな風景の中に ずうっと いたい


心穏やかであり続けたいけど
それはとても難しい

苦しくなったり
悲しくなったり
苛立ったり
・・・

それは
生きているから

苦しくなったり
悲しくなったり
苛立ったり
・・・

だから

この穏やかな風景を
平安と思えるのでしょうね




小説(純文学) ブログランキングへ

にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ
にほんブログ村