ナオトの6枚目のNEWアルバム「Sixth Sense」かーたーくん Saa
 
 
FC盤をフラゲした時から、ずっとヘビロテしております~アップ
 
 
 
ということで、こないだちょこっと告知した通り、NEWアルバムを聴いた
今の時点でのりりぃ的感想を書いてみたいと思います!!
 
 
 
 
実は、前作のビバザも、去年のベストも、個人的な感想記事を書きました。
 
☆The BEST!の全曲レビュー記事はコチラ
 
 
※ビバザに関しては、アメンバー限定になっています、ご了承ください。
(現在は、アメンバー募集は致しておりません)
 
 
 
 
1.Wonderful!
 
こないだ書いた通り、今の時点で、私がこのアルバムで一番好きな曲
(シングルのぞくと)はコレですね!!
 
 
たぶん、ZIP!夏まつりの日、朝方までレコーディングしていたと言っていたのは
この曲じゃないかなって思っています(^_^)
これがとってもナオト的にもナットクの出来で、それがあの日のライブとなり、
MCにもなったのかなって思っています上
 
 
これまで、アルバムの1曲目って、テキナビートに代表されるように、
アレッ?!とかオオッ?!とかちょっといい意味で刺激的なというのかな?
そんな曲がトップバッターだった気がするんだけど、
今回は意外といえば意外だけど、これを1曲目にしたことが、
今回すごく大きいと思う!!
 
 
アルバム全体に漂ういい意味で力の抜けたほどよい感覚、
気負いのなさが、この1曲目から広がっていて、引き込まれます矢印
 
 
あと、これを初聴きした時、なぜか大好きな名盤「ウルトラC」をふと思い出したのよSaaかーたーくん シンプル2
なぜかわからないけど、あの頃の風が、フッとさわやかに吹き抜けた気がしたの。
ナチュラルでオーガニックな・・・
kotiの丘からの風かな・・・?きら
 
 
 
 
 
 
2.Carpe diem
 
リズム大臣(笑)ラティールさんとミトさんの、懐かしのコンビが嬉しい曲ねにひひ
デビュー当時のイベントは、たいていナオトとこの2人というコンビが多かったもんね!
 
 
この曲がタイアップの発表になった時、皆さんの評判がよかったのを覚えてますが、
私はその時、一切、聴いてなくて。
 
情報ない状態で今回、初聴きでしたが、ファンクぽかったりジャズっぽかったり
MJっぽかったりと、ナオトらしさあふれるミクスチャー全開ですが、
このアルバム全体に言えるけど、バランスがほどよくて、聴いてて心地よいですねキラキラ2
 
 
歌詞がほとんど英語だけど、こういう曲調なのに、実はシリアスで深い歌詞というのも
大きなポイントだなって思いましたポイント。
 
ビバザのメガロの時は、あれは曲自体よりライブの影響が大きかったけど、
これはメガロと比べてもかなり洗練された印象が強いきらきら
 
 
 
 
 
 
 
 
3.いつかきっと
 
シングルなので感想は割愛しますねパー
今年の夏フェスのトップバッターとして盛り上げてくれた大事な曲ですねビックリマーク
 
ちなみに、クレジットを見ると、この曲だけが、テツさん、渉さん、マックスさん、ミトさん
のフルバンダb!
 
 
 
 
 
 
 
4.Overflows~言葉にできなくて~
 
こちらは最新シングルですが、何度も書いているように、私は、かなりこの曲が
大好きです。うれしい
もしかすると、このアルバムで一番好きな曲は、わんだふぉーじゃなくて、
これかもしれない(笑)
 
これが流れると、つい手が止まり、聴き入ってしまう・・・音譜
前にも書いたように、私には「花びら」と並んで好きな1曲となっています♪
 
 
とにかくね、まっすぐなナオトの優しさあふれる歌声と詩・・・はーと。
特別な1曲となりました(*^o^*)
 
 
ちなみに、クレジットを見たら、ベースはスキマのサポートでおなじみの
種子田健さん!
これは気づかなかった~!すごい~
 
 
 
 
 
 
 
5.Let's have a party
 
27時間テレビの直後にレコーディングしたというこの曲ですが、
Goose Houseがコーラスに入ってくれたことがものすごく大きい気がします!!グッド!
 
これってライブでやるとしたら、どんな演出になるんだろう??
想像つかないんですけど~顔
 
 
 
 
 
 
 
6.sayonara
 
21とか22とかの時に元は作った曲ってことでしたねウインク
それが一番、なぜか大人っぽい曲になった・・・とラジオでナオト言ってたけど、
よっぽど辛いことあったんでしょうね~テキニ言ってましたね(^ω^)
 
 
これ、ちょっとコワッ!!って思ってしまうんですけどぉ~涙
 
なかなかにオドロオドロしいものがありますよね(笑)(((( ;°Д°))))
 
来世であいましょとかカルマもしょいましょって~こえぇ~叫び
女子テキニは、重っ!!って感じでしょうか(;゚Д゚)
 
でも、back numberファンでもある私なので失恋ソングは好物デス(*´з`)笑
 
 
 
 
 
 
 
 
7.together
 
これも好きなんだけど、「未来へ」と「フローズ」の間でつい忘れられがちな
かわいそうな存在・・・夏フェスでも歌われなかったし・・・汗
 
でも、春のホールキャラバンのアンコールでは、めっちゃ聴き入ってしまう
シーンだったなぁ・・・キラキラ2
 
 
 
 
 
 
 
8.未来へ
 
こちらもシングルであり、この曲については、さらっと感想を書くなんて
とってもおこがましい気さえするので、割愛します♪
 
とにかく、ナオトがこの曲を生みだしたこと、
そして、シングルとしてリリースできたことは、それはそれは大きなことだったと
思います!!
 
 
聴けば聴くほど、ナオトだからこそ作れた曲だと思うし、歌える曲だと思う音譜
何度、涙したことか・・・涙
 
 
 
 
 
 
 
9.Hare-Hare Parade
 
LinQの「ハレハレ☆パレード」の方は、1回くらいは聴いたような気がするけど、
ナオトバージョンのこちらは、ナオトらしさいっぱいのこれぞナオトって
感じですね!!
 
この曲、詩にカツシゲさんが関わってたとは知らなかった~!(ノ゚ο゚)ノビックリマーク
 
これは間違いなくライブでめっちゃ盛り上がるでしょうね~!!クラッカー
どんな感じになるんだろう?!にひひ
 
EDMに、ナオトっぽい和を感じるアレンジがまたいいですね(^_^)
 
 
 
 
 
 
10.わなげうた
 
あのホールキャラバンのわなげうたが入るとはね~って感じですが、
あの時の楽しかったコーナーを思い出せたりしてこれはこれで良いですねきゃぁ~
 
 
あと、ナオトが言っていたとおり、カリブ海を旅した直後に一番最初に
作った曲だから、めっちゃ日本テキナわなげうたなのに、
カリブの風が吹いてて、それがまたナオトぽくて面白い上
 
 
これはツアーではやるのか?!(* ̄Oノ ̄*)
かつてのBANANAみたいにアニメとか出て来たりしてね~えーっ
 
 
 
 
 
 
 
 
以上、全体を通しての感想としましては、
とにかく、バランスのよいアルバムだなと思いました!!
 
 
 
正直、ビバザの時は、ナオトの力が入り過ぎてる感が強すぎるのを
感じたんですよねあせる
 
だから、CDだけで聴いた時は、1周するとちょっと濃すぎて疲れる感じも
正直あったと思うんです。
 
 
でも、あの時のアリーナツアーはとてもよくできていて、楽しすぎたので、
その余韻でビバザを聴くと、ぜんぜん違った聴き方が出来て、
その後はヘビロテになったんですが・・・アゲアゲ↑
 
 
 
でも、今回のアルバムは、いい意味で、肩の力がふっと抜けてる感があって、
とにかく、聴いてて心地よいアルバムだなって思います顔文字
 
 
ほんとシングル4曲がかなり濃いので、他はこのくらいのカラーで
ちょうどよかったと思うんですよね(°∀°)b
 
 
 
 
 
以上、何か言い忘れたことがあったら、またしれっと追記するかもですが、
りりぃ的勝手な感想でしたっ!!!♥akn♥
 
 
 
※あくまで、私個人の感想ですので、ご理解のほどお願いいたします。
 
 
PS. 今日のFM802のラジオ、ナオトのテンション全然違くて面白かった(笑)
  ロッキン初出演の話も嬉しかったな~(*´ω`*)